男女平等

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「男女平等」の項目を執筆しています。

男女平等(だんじょびょうどう、男女同権)とは、女尊男卑の状態を表す言葉。同義語に女性の社会進出などがある。また、男女平等を否定するような言動を行った場合鬼女達に粛清されるので注意することが望ましい。

概要[編集]

日本では古来から磯野家のように男は亭主関白、女は専業主婦という事例(男尊女卑)が多く存在したが、大正天皇が側室を設けなかったころから、男性を尊重することは変わらないものの、女性に対しては普通の扱いをするようになる。太平洋戦争の終戦後からGHQが女性の参政権を与えるなど、今も昔も日本の伝統を踏みにじる画期的な行為を行う。しかし当初は女性も専業主婦としての仕事をするものが多かったが、参政権を与えられた昭和一桁世代の子供世代に当たる団塊世代が入社したころにあたる、昭和46年に雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律(男女雇用機会均等法)という一見しただけでは、この記事のバイト数稼ぎにしか見えない法律が制定されたころから、女性の社会進出などが始まりだす。

昭和が終わり平成に変わったころには女性が会社に入ることは当たり前となる。その後は平成10年代には育休制度なども認められ、労働環境が良くなる。

これで図に乗った女性らは夫を尻に敷くようになる。芸能界でのジャガー横田北斗晶などの例が拍車をかけているが、政治の世界における女性議員の数や、会社における女性管理職の少なさなどから、日本は男女平等の世界ランキングでは100位を下回ることが多い。

現在の男女平等という言葉は、女性優位を表す言葉となっている。

男性側から見た男女平等[編集]

男性側から見れば何の利点もないことである。妻は洗濯をさぼり、食事はコンビニ弁当、一番風呂は妻と自分の父親とは全く違うという感覚を抱く。会社でも、失敗を叱りつければパワハラ、ちょっとぼやけばセクハラと言われる。子供に「こんにちは~」とあいさつをすれば不審者扱いと利点は何一つないに等しい。

国の取り組み[編集]

国では現在、内閣府特命担当大臣男女平等参画担当大臣が置かれるなど、「今まで男尊女卑で苦しみを味わった女性のためにこれからは女尊男卑の時代を作ろう」という方針を明らかにしている。

内閣府が導き出した結論[編集]

憎むなら男尊女卑を行ってきた先祖を憎め

関連項目[編集]


この項目「男女平等」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)