男女間の交際における3という数字

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

男女間の交際において「3」という数字 (だんじょかんのこうさいにおける3というすうじ) は指標・法則とも言える意味を持つ。ここでは3の付くタイミングに発生するイベント、及びそのプロセスについて説明する。

3日[編集]

交際が始まり、恐らく一番最初のイベントを迎えるのが3日目である。

交際における容姿は重要なポイントであるが、とりわけ女性の容姿は重要視されている。古来より女性の容姿に対し「美人は3日で飽き、ブスは3日で慣れる」と言われており、整った顔をしている女性は見た目には綺麗であるが3日も見れば飽きが来る。しかし不細工な顔の場合、まず顔と認識するのに3日間要し、その間に馴れてしまう。但し男性は、不細工に馴れていてもふと「不細工だな…」と気付いてしまう恐れがある為、(自分の身の丈に合った範囲で)美人過ぎず不細工過ぎずを妥協し無難な相手を選ぶことが望ましい。

3週間[編集]

あるいは3回目のデート。初セックスが行われるタイミング。

交際において、男性デートと呼ばれる女性に対する奉仕活動を強制される。男性はデート中、常に女性の機嫌をうかがい食事や金品などの貢ぎ物を上納する。デート中に女性の機嫌を損ねればデートは中断、その後の交際関係も断たれることとなる。このような理不尽な活動も3回行えば女性は流石に引け目を感じ、何かしら報酬を支払わなければならないと考え出す。男性はもちろん体を求めており、女性はと言うと払えるものは体しか無い。セックスに至るのは自然の摂理である。

3ヶ月[編集]

第2の別れのタイミング。後述する理由に加え、交際の多くが人を解放的にするに始まり、3ヶ月経てば別れの季節であると被る為、多くの交際関係が解消される。

3日を過ぎ、美人に飽きず不細工に馴れ、3週間を過ぎ無事セックスにたどり着き、その後何事も無く交際を続けているとそろそろ見えてくる。交際を始める為やセックスの為と熱に浮かされていた時期も3ヶ月目となるとやや落ち着きを取り戻し、食事の際口を閉じないおしぼりで顔や体を拭く、思っていたよりそんなにイケメンじゃない・かわいく無いと気付く等、それまで気にしていなかった相手に対する些細な不満が浮き彫りになってくる。こうなってくると交際中の相手では無く全く別の異性と比較してしまう等、思考が交際の解消に向かう。

3年[編集]

付き合って3年では結婚を、結婚して3年では離婚を意識し始める時期。

未婚の場合[編集]

交際関係のまま、結婚をしないまま3年を向かえた場合、互いに結婚を意識しあう時期。若い者同士であれば高校1年より付き合い始め卒業を機に結婚を意識し、大人同士であれば3年も交際すれば蓄えも十分貯まり結婚生活を送れる余裕が出来る。何より、女性側が行き遅れを恐れ結婚をせがむ。但し、昨今の結婚事情は大きく変化を見せており、3年を待たず中出し責任払いにより結婚してしまうケースが多い。また同棲が一般化したため、籍を入れないままズルズルと長期化する事も多くなっている。

既婚の場合[編集]

既婚の場合の3年は、3ヶ月目と同様に互いの不満が見えてくる為に離婚となることが多い。ただの交際とは違いただ別れるというわけにはいかず、世間の体裁を気にしてなかなか離婚することが出来なかったり、3年も一緒の家に住んでいれば互いに何でも言い合える仲となり互いに罵り合うことも多くなる。気にしていた体裁も3年となれば我慢の限界となり、「実家に帰らせて貰います!」を経て離婚となる。

また、妻に飽きた夫が3年目の浮気に至ることもある。この場合、夫が「大目に見てよ」と両手をついて謝っても、許してはもらえない。

関連項目[編集]