男組

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「男組」の項目を執筆しています。

男組』(おとこぐみ)は、作家である影の総理が製作したゲーム漫画である。週刊少年サンデーで連載されていた。

本作品を知らない世代からは、かつて存在した音楽バンドマンネリバトル漫画と間違われることが多い。

概要[編集]

主人公、山際涼子が、流全次郎・神竜剛次をバトルさせる「男組」なるコンピュータゲームのプレイヤーとなり、そのプレイざまが描かれている。読者サービスとして、作者である「影の総理」が、作品製作中のいらだちを紹介したり、ゲーム終了時にゲスト登場している。

本作の特徴[編集]

本作品はゲーム漫画であり、以下のような内容である。

一人カードゲームである[編集]

プレイヤーは、自らのライフポイントを持ち、主に「青雲学園」を舞台とした学生となり、「流全次郎」、「神竜剛次」をリーダーとしたチーム双方を「戦う」「逃げる」等のコマンドを適宜選択し、各々のライフポイント、手持ちのカードを出させるようにさせる。自らのライフポイント、あるいはどちらかのチームのリーダのライフポイントが0になった時点でゲーム終了である。ゲーム結果は、自分・双方のライフポイントが、少なければ少ないほど、高得点となる。すなわち「どちらかの一方勝ち」は低得点となる。

ゲーム中の内容調整可能[編集]

本作品はゲーム内容が控えめに設定されていた。しかし、ゲームの進行が遅いことに気づいた作者(影の総理)が、とりあえず双方のライフポイント、手持ちのカードを減らそうと「第三勢力」として自らキャラ出演し、流全次郎・神竜剛次各々のチームキャラクターの人員整理を行った結果、ようやくゲームが終了した。

登場人物[編集]

影の総理(かげのそうり)
本作品の作者。作者なのだが、某推理小説作家のように本作品にゲスト出演するフィクサー。作品中では、自身の作品の出来具合に神経を使っているようで、ビール瓶、ワイングラス、仏像、釣ったカジキなどに八つ当たりしては木っ葉微塵に粉砕している。実は寺田農氏のような顔と鱈子唇だったこともつけ加えておこう。
山際涼子(やまぎわ りょうこ)
本作品での主人公。ゲーム「男組」のプレイヤーである。ゲームのサービスプレイで、校舎屋上からバンジージャンプできた。神竜剛次に刀で切られたりライフポイントを下げながらも、順調にゲームを進めていたが終盤死亡。ただし作品自体はクレジットとして進行。
流全次郎(ながれ ぜんじろう)
ゲーム「男組」での善側メインキャラクター。彼が死亡するとゲーム終了。設定上悪側の神竜剛次よりパワーポイントは低めだが、サブキャラクターのカードは多い。かつその中に「拳法技の師匠」というパワーアップカードがある。どう見ても特注としか思えないような手錠を常にかけている。中国拳法が得意技。普段は無言で技を繰り出すが、自身が気に入った技は、その名前を叫びながら技を繰り出す(例 旋風脚、猛虎硬爬山)ソフト上のバグか、外的ショックを受けると視力が無くなる時がある(昔のTVのように叩くと復帰する)。「父親殺し」の罪状を背負っているのだが、終盤神竜剛次が「肉親殺し」という設定になり、キャラクターがカブってしまうので、急遽「あれはウソだった」となった。
犬田原源蔵(いぬたわら げんぞう)
ゲーム「男組」での犬キャラ。とても犬には見えない外観だが「犬」である。動物をゲームに参加させるのは、ウケがいいだろうとの判断で導入したが、犬とわかりづらかったので、途中額にわざわざ「犬」とマーキングさせた(この手法を真似て、後に某プロレス漫画で額に「肉」と表記したプロレスラーが出現した)。またゲーム初期の試みとしてこのキャラクターを悪側→善側へカードチェンジできるようにしたのだが、ゲーム内容が複雑になるとの事で、以降このゲームでは、この機能がオミットされている。かつカードチェンジの時点で表記が「犬」から「大」に書き間違えられる表記ミスが発見されたが、大勢に影響がないので、このままゲームは進められた。
伊庭彦造(いば ひこぞう)
ゲーム「男組」での善側サブキャラクター。設定上大変優秀な頭脳で、男組の参謀という事になっているのだが、身体的能力と違い、頭脳の優秀さを表現する方法が困難なため、あまりその能力を披露していない。
岩瀬大介(いわせ だいすけ)
ゲーム「男組」での善側サブキャラクター。設定上馬鹿力キャラなのだが、あとから入った犬田原とキャラクターがカブることになり、かつ「犬」の方がウケがいいという事で、まず作者(影の総理)により、人員整理。
大杉五郎(おおすぎ ごろう)
ゲーム「男組」での善側サブキャラクター。設定上大泥棒という事になっているが、印象に残るのは「流全次郎の母親?」を盗むぐらい。終盤に作者(影の総理)により、人員整理。
高柳秀次郎(たかやなぎ ひでじろう)
ゲーム「男組」での善側サブキャラクター。最初の設定で名前や、特技が流全次郎とカブっている。そこで極力武器を使って戦うなど、流全次郎との差別化を図り、そこそこのポジションを確立。終盤に作者(影の総理)により、人員整理。
長浜昇一(ながはま しょういち)
ゲーム「男組」での善側サブキャラクター。犬田原のような動物を出す場合、動物使いも必要だろうと設定されたキャラ。結構上手に犬田原を調教している。
陳泰明(ちん たいめい)
ゲーム「男組」での善側サブキャラクター。設定上流全次郎のバトル能力は低めに設定されており、この師匠キャラクターとのトレーニングによるバトル能力を高める事ができる設定になっている。このキャラクター、流全次郎の父親への友としての証として舌を切るという、常人では理解不能なことをするが、実際はこのキャラクター、流全次郎に自らの経緯をしっかり書き留めるあたり、「余計なことまでペラペラ喋る性格で、それの防止に手術された」のでは?
南条五郎(なんじょう ごろう)
ゲーム「男組」での善側サブキャラクター。設定上流全次郎のバトル能力は低めに設定されており、この師匠キャラクターとのトレーニングによるバトル能力を高める事ができる設定になっている。このキャラクターは流全次郎の父親と、とても仲が良いことになっているが、流全次郎は「父親殺し」として彼と会い、彼はその行為をいたく気に入って、秘伝の拳法技まで伝授するぐらいなのだから、実際は、流全次郎の父親とはかなり仲が悪かったと考えられる。
堀田英盛(ほった ひでもり)
ゲーム「男組」での善側サブキャラクター。犬田原と同じ体型でキャラクターがカブるという事であまり出番がない。語尾に「~でごんす」と付けることが多い。終盤に作者(影の総理)により、人員整理。
倉本信二(くらもと しんじ)
ゲーム「男組」での善側サブキャラクター。この作品では珍しい「ヤセ体型」なのだが、キャラクターが立たず、あまり出番がない。終盤に作者(影の総理)により、人員整理。
大館要造(おおだて ようぞう)
ゲーム「男組」での善側サブキャラクター。このキャラクターが出る時は食事シーンが多く、これが原作者別人疑惑の元になっている。語尾に「~でえっす」と付けることが多い。
流統太郎(ながれ とうたろう)
ゲーム「男組」でのイメージキャラクター。流全次郎に殺害されていることになっており、回想シーンで出てくる程度である。
神竜剛次(じんりゅう ごうじ)
ゲーム「男組」での悪側メインキャラクター。彼が死亡するとゲーム終了。設定上善側の流全次郎よりパワーポイントは高いが、サブキャラクターのカードは少ない。日本刀フェチで物事の解決に刀を振り回すことが多い。ゲームの初期画面では、舞台となる星雲高校を既に牛耳っているのだが、その経緯は不明(親族のコネか?)大学受験勉強中の学生に向かって「親と同じ豚になるための準備」と罵るエキセントリック高校生。少なくとも当人に、大学進学するつもりも必要もない。なぜなら百点満点中二百点満点を獲得する当人にしてみれば大学など豚小屋に過ぎず、無制限の権力の前では大卒など紙屑同然の肩書きに過ぎない。
朽木威作(くちき いさく)
ゲーム「男組」での悪側サブキャラクター。神竜剛次をサポートする。立場としては「宇宙猿人ゴリ」での「ラー」に近い。
神竜組四天王(じんりゅうぐみしてんのう)
ゲーム「男組」での悪側サブキャラクター。3人プラス犬(犬田原源蔵)1頭のチーム。犬が抜けてからほとんど活躍せず、ゲーム終盤に人間だけ青雲学園に戻る。何やってたんだ?
李大広(り だいこう)
ゲーム「男組」での悪側サブキャラクター。設定上朽木に雇われた拳法集団のボスなのだが、流全次郎のパワーアップ目的で師匠キャラクターともなる。流全次郎より強いが、出方次第(ヤル気、真剣味)で勝ちを譲ったりする。ゲームが複雑になるとの理由で、1ステージで活動停止(死亡)。
殺人機械(さつじんきかい)
ゲーム「男組」での悪側サブキャラクター。ゲームが単調と考えた作者(影の総理)が新キャラクターを投入してゲームバランスを変えようとした。設定上ものすごく強いことになっているのだが「戦闘中に自分のメガネの汚れを拭く」など、操作に融通がきかないせいか、結構簡単に負ける(ってゆうか、すごく運の悪いキャラクター)。
特殊部隊のリーダー(とくしゅぶたいのりいだあ)
ゲーム「男組」での悪側サブキャラクター。ゲームが単調と考えた作者(影の総理)が殺人機械の次に投入した。設定上拳法も射撃も相当強いことになっているのだが、ゲームバランスを考えて、あまり頻繁に出ないようになっている。
青山(あおやま)
ゲーム「男組」でのヘタレキャラクター。ゲーム初期は善側で、お笑い芸人並みの体当たりギャグ攻撃→フルボッコされるパターンを繰り返すが、ウケが悪く早めに退場。以降たまに出現するのだが、すっかり豚キャラ。
鳥川(とりかわ)と桜魔子(さくら まこ)
ゲーム「男組」での悪側サブキャラクター。実はこのゲーム、スポンサーに大手エステ参入の予定があり、エステ前→後のモデルとして試験的に導入された。
バスガイドのおねいさん(ばすがいどのおねいさん)
ゲーム「男組」での悪側サブキャラクター。ステージ攻略した時の、ご褒美としてのサービスキャラクター。

本作品以降のメディアの動向[編集]

本作品は、ある程度の成功を収め、作者は続編を制作することとなる。本作品が「作風がクラい」との批判があったため、続編は明るい展開にしたのだが評価は今ひとつだった。このパターンは、のちのロボットアニメ機動戦士Ζガンダム機動戦士ガンダムΖΖでも受け継がれている。また本作品のゲームとしての内容を簡素化し、単なる異種対戦型ゲームとした「スパルタンX」「ストリートファイター」などが、様々なメディアから発売された。これらが大いに売れて、今日のゲーム産業における礎となっている。またこの作品内容である「2大勢力のチンタラした小競り合いに、後半第3勢力が絡むことで一気に話が解決する」パターンは、漫画の枠を超えスーパー戦隊シリーズ等、特撮バトル物ストーリーの定番となった。

本作品以降の大衆の動向[編集]

本作品で、流全次郎は「豚は自分が豚であることに気が付かない!人間は自分が人間であることを知ることができる!知ろうと努力することもできる!」と説いているが、後年の宮崎勤に似た名前の人の映画の豚がウケたり、豚体型の豚芸人をもてはやす風潮などから、大衆は「自分が豚であることに気が付いていない」か、「知ろうと努力することもしていない」ものと考えられる。

マスコミは人より多くエサを食おうと人を押しのけた豚に対して「勝ち組」と賞賛した。またこのような豚行為に対して疑問を持った若年層を「さとり世代で向上心が無い」とレッテル貼りをして、豚のように卑しいことが望ましいと結論づけている。

社会のリーダ豚は「経済成長」なる、より周りを押しのけ、自らが肥え太ることが良いことであるとゆう豚理念を掲げ、大衆の豚化を推し進めている。もちろんこれは、リーダ豚が肥え太るためである。

本作品で、神竜剛次は大衆を「百年たっても千年まっても豚のままだ!」と言い放つが、2013年の時点では、30ン年たっても豚のままである。

原作者別人疑惑[編集]

本作品は「影の総理」が製作したものだが、原作は「高級贖罪をネタにした親子漫才」の原作者ではないかという噂が、ゲーム公開当時から流布されているが、それはデマである。なぜなら作者である影の総理が、終盤余分なキャラクターの人員整理にとった手段が「国家権力」で、上記の漫画原作者が声高に謳う主義思想と真逆だからである。

関連事項[編集]

キャプテン翼の例のアレ.jpg 男組 は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、男組加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)