畑・ムツゴロウ・正憲

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ムツゴロウ」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「畑正憲」の項目を執筆しています。

畑・ムツゴロウ・正憲(はた むつごろう まさのり、男性、1935年4月17日 - )は、ムツゴロウ王国の国王。

日本人で漁師の父親とムツゴロウで宇宙物理学者の母を持ち、有明海に生まれた、母親に一種の虐待になるほどに溺愛され、その時の影響から彼の有名な「よしよしよあしよーしあしよしよーし!よしーそよーしよししょしよし!」というフレーズが生まれたと推測される。

幼少の頃は父母とともに有明海の干潟で暮らしていたが、東京大学進学のために2歳で上京(ムツゴロウは約2年で成人になる)。

大学では動物政治行動学を専攻して、マナマコとバフンウニにおける議会制度の比較などの研究を行っていたが、大学生活の傍らノートの隅に書いていたパラパラマンガ風小説が講義ノート屋に高く評価され、小説家としてデビューすることとなった。

世界中どこの生水でも飲んだり、なめくじを生で丸のみにしても平気な鉄の胃とライオンクマをも圧倒する眼力の持ち主。地上最強の生物の候補として挙げられることもある、でも乾燥に弱い。

関連項目[編集]

この項目「畑正憲」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)