異次元

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

異次元(いじげん、ijigen)現在我々が住んでいる次元(3次元)とは異なる次元を持つ世界。現実から逃避するためにできたとされる。ヲタクが愛する世界である2次元がそのいい例である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「異次元」の項目を執筆しています。

異次元の種類[編集]

ここでは異次元の種類を挙げる。

1次元[編集]

文字だけで表現される次元。主に想像という名の妄想を愛する人たちが愛するとされる。1次元ならばどれだけ不細工であっても記述をしなければいいのである意味2次元より人気が高い。

2次元[編集]

ヲタクが愛する次元。2次元には数々のアニメキャラクターが生息しているといわれている。そのためオタクはなんとしても二次元の中にいる大好きな子に会いたいと思っている。そのためにならどのような犠牲でも払うだろう。それがオタクの道である。

2.5次元[編集]

2次元の発展版。おもにプラモデルペーパークラフト、そしてフィギュアが好きな層が愛する次元である。立体的であるため3次元に最も近いとされている。ただし自分の意志を持つわけではないので3次元を超えることは永遠にない。

3次元[編集]

猫、地球、人類などが存在していると言われている。感知し、認知し、理解できる最高の次元とされているが、一部の学問を研究している種族は例外とされている。

4次元[編集]

主にSF宇宙が好きな人に愛される次元。ドラえもんなどでもおなじみである。4次元は時間であるとされ理論上タイムマシンも作れるらしいが現在タイムマシンは製作されていないため所詮SF作家の妄想であるとされている。

10(11?)次元[編集]

超弦理論、もしくは超ひも理論、もしくは超ヒマ理論(ニートの間で広く認められている。)と呼ばれている、頭のお菓子な人の仮説。

関連項目[編集]