病気病

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「病気病」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

病気病(びょうきびょう)とは、多くの医療従事者の間に広がっている、なんでも「これは病気だ」と断定しようとする伝染病のことである。

概要[編集]

この病気は強い感染力を持ち、一度かかるとなかなか治らない難病だが、自覚症状が無いためか自ら治療しようとする人は少なく、医師に相談しても相手にされないだろう。ちなみに感染源は主にバラエティ番組インターネットニュースからである。

経緯[編集]

俺も病気なのか?

近年、若者たちのさまざまな行動が社会問題となっているが、これを受けてそれらを一つにまとめようと全国の医療関係者気取りたちが考案したアイデアが「全て病気にしてしまう」というものである。これによって自分の気に入らないことをする人間を異常者扱いして社会から締め出すというものだ。これを受けて日本政府の上層部は秘密裏に精神科やテレビ局に伝染させたのである。

効果[編集]

この病気が蔓延してから、各分野にさまざまなメリットがあった。一番の効果は医療の仕事が増え、医師、医療事務等の雇用拡大及び経済発展に貢献したことである。 また、万引き犯や殺人犯などを人格障害やサイコパスとして穏便に処理することで日々大量の仕事を抱える警察の方や検事の方たちの仕事を減らし、労働環境を改善することができた。

しかしあくまでもこの傾向は病気である。彼らはなんでも病気にすることで本当に精神病で悩まされている人が困るというのは誰も気にしない。またこの記事を読んで医者に泣きつき、「それは国家機密です」と口止めされたとしても無かったことにすることを強く推奨する。

患者の言う病気たち[編集]

こうなるとこの変換ぶりはスイーツ(笑)のそれと同等である。

関連項目[編集]