痴話喧嘩

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「痴話喧嘩」の記事を執筆しています。

痴話喧嘩(ちわげんか)とは主に夫婦カップルが作る創作料理である。

概要[編集]

痴話喧嘩を調理しているカップル。どうでもいい会話がいっそ微笑ましい。

痴話喧嘩は特定のレシピが存在せず、その場のアドリブで作られる[1]という特徴を持つ。基本的に二人一組で、お互いに他愛ない話をしながらその場の雰囲気でなんとなく作ることが多い。またその会話は性的なものも多く、料理名の「痴話」はそれに由来している[要出典]。お互いの欠点やその他どうでもいい話をしながら適当に手を動かしていれば、痴話喧嘩の出来上がり。

その歴史は古代ローマまで遡る。普段は仲の良い夫婦料理人が、たまたまお互い不機嫌になって口喧嘩をしながら作ったのが起源だとされている。しかし喧嘩と言ってもしっかり手を動かしているのだから、深刻なものではなかったと推測される[2]。と言うより適度に会話のドッジボールを交わしながら料理することで、逆に仲直りを促進した可能性も高い。同じく古代ローマの詩人テレンティウスも「恋人同士の痴話喧嘩は愛の更新である」という言葉を残しており、痴話喧嘩の調理は愛を育む効果があるのだろう[要出典]

[編集]

痴話喧嘩は大抵の場合、特徴のない凡庸な味になりがちである。わざわざ金を払ってまでは食べる気がしない、ということで「犬も食わない」と表現されることもある。また賞味期間が短く、作った当人同士でなければそもそも食べるのが難しい。多くの場合、痴話喧嘩は調理の段階を楽しむものであり、できたあとの事は二の次三の次になってしまうのが常である。

脚注[編集]

  1. ^ 同様の料理に「シェフの気まぐれパスタ」がある。
  2. ^ 本格的に喧嘩していたら、料理なんかやっていられない。なにせ刃物を持っているのだから。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「痴話喧嘩」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Dish.png この痴話喧嘩は、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)