登坂車線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

登坂車線 (とうはんしゃせん、とはんしゃせん) とは、遅い車をぶち抜くために道路に突如として現れる車線のことである。読みは「とうはんしゃせん」と「とはんしゃせん」で意見が分かれており、また一部では「のぼりざかしゃせん」なのではないかという意見まであるため、現在議論中である。好きな読み方で読むといい。しかしこのような曖昧さが許せないウィキペディアではよみがなの記述の順番やDEFAULTSORTを巡っての編集合戦があとを絶えない。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「登坂車線」の項目を執筆しています。

概要[編集]

その名の通り、登り坂に存在するが、なぜそこにあるのかは誰も知らない。一般の追い越し車線・走行車線の関係とは異なり、左側の路肩が拡張する形で登坂車線が現れており、右側の車線が走行車線と呼ばれる。このような構造から、追い越し方は非常に複雑である(詳細は後述)。長さもまちまちであり、長さによってはその道路特有のローカルルールも存在する。登坂車線を予告する看板が出るとそれまでのんびり走っていた車もスピードを上げることが多い。レース開始の合図だ。

ルール[編集]

道路交通法では追い越しは右側で行うという原則があるが、登坂車線は左側に分岐する形で始まるため、車線変更すらできない初心者・高齢者ドライバーや後方の車の猛烈な煽りに気づかない女性ドライバーは走行車線から登坂車線に移動することができない。このため、片側1車線の道路から登坂車線が分岐する場合、左側追い越しが禁止されると遅い車がいるのにもかかわらず登坂車線が全く利用されないということもありうる。そのため、特例的に制限速度+20km/h以上程度で走行する車に限り、左側からの追い越しが認められている。すなわち

  • 右側を走る低速車を高速車が抜く場合 - 左側から
  • 左側を走る一般車を高速車が抜く場合 - 右側から
  • 右側を走る低速車を一般車が抜く場合 - 禁止

となっている。このような複雑なルールがあるため、低速車、一般車、高速車が入り混じって交通量が多い場合、高速車は左右の車線を何度もまたぎながら縫うように追い越すため、非常に危険な状態となる。

また、高速道路など片側2車線以上の道路に存在することもある。法規上では本線車道(通常走行する部分)でないため、高速道路の最低速度も適用されない無法地帯である。このため、高速道路に限らず混雑時などには登坂車線から無法な速度で本線車道を走る車を無法にごぼう抜きにしていく無法者があとを絶えない。

ローカルルール[編集]

一般の登坂車線では上記のルールに従うべきだが、特に一般道で延々と続く長い登坂車線ではローカルルールが存在し、現に多くの車両がそれを守っている。一般の登坂車線とは異なり、このような道路では一般車にかぎらず、遅い車も登坂車線に入ることが強要され、守らないようならばパッシング、車間距離不保持、クラクションなど様々な手段により迫害される。このような道では速い車へのおもてなしが重視されており、不快な遅い先行車のいない道路を速い車のために走行車が一丸となって作り上げている。極端に遅い車が走っている場合は走行車線に移って追い越しを行うことができるが、あくまで後ろに速い車がいないかを十分に確認してから行わなければならない。

おもてなしというコンセプトのもと形成されたルールのため、日産・ティアナIOC委員などはいかなる速度で走っていても走行車線を走ることができる。誤解されがちだが五輪出場選手や観客はおもてなしの対象ではない。

関連項目[編集]


まだ未熟です この「登坂車線」は、執筆がまだ未熟なのでヨタついています。まっすぐ走るようにして下さる教官を求めています。 (Portal:スタブ)