白川村

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「白川村」の項目を執筆しています。
遠景。遠くから見る限り、さすがによく出来ている。

白川村(しらかわむら)は、岐阜県北西部の大野郡にある田舎暮らしを疑似体験できるテーマパーク

1960年代後半から日本の旧来の山村風景の消失が顕著になると、景観の維持を目的として1975年11月1日に撮影所のオープンセットの維持を画して、一部を白川村とした。合掌造り集落は本来のものは日本からは消滅しており、今では白川村のオープンセットでしか見られない。

時代劇の殺陣ショーや俳優のトークショー・撮影会・握手会などのほか、ひぐらしのなく頃にのキャラクターイベント、殺陣講座などの体験企画なども行なわれている。

百姓、お代官様、お殿様等、昔の日本の山村の登場人物への変身体験が出来る変身スタジオもある(予約制)。

問題点[編集]

商店に改造されたオープンセット。

以前より合掌造り集落は観光地として有名であったが、世界遺産登録以降、以前にも増して多くの観光客が訪れるようになった。この盛況ぶりから、観光客が合掌造りの家に(オープンセットであり居住には適しないにも関わらず)勝手にそのまま住み着いてしまうという例が頻発している。

そうした不法滞在住民が勝手にオープンセット内などでみやげ物屋や駐車場を開設するため(ひどいものになると、合掌造りのセットを改造してスパゲッティ屋を開店した例もある)、世界遺産指定がいずれ取り消されることになるのではないか(世界遺産はあくまで「保護・保存」が目的であり、不法滞在住民の増加はその趣旨に反しうる)、また不法滞在住民により素朴さ・日本の原風景であることが損なわれ魅力が低下しているのではないかという危惧を生んでいる。

さらに、白川村の成功にあてこんで周辺地域にも同様の合掌造りの建物が乱立しており、観光客を奪い合っている。しかしながら、白川村ほど手間もコストもかかっておらず、ほとんど注目されていないのが実情である。

白川村の繁華街。不法占拠中の「住民」たちの商魂たくましさがよくわかる。

岐阜県加茂郡にも「白川町」「東白川村」という二番煎じのテーマパークが建設されたが、知名度は低い。ただしその「二番煎じ」の悪名を逆手にとって「白川茶」という日本茶のブランドを確立する事に成功したのが、唯一の慰めとなっている(その名の通り、出がらしにすると美味い)。

交通[編集]

交通は道路のみ。下記のバス会社の運行する路線バスが村へのアクセス手段であり、観光客や不法滞在住民の足となっている。

なお、「田舎暮らし」のリアリティにこだわりすぎ、飛騨の山奥という日本で最も交通の便の悪い場所の一つに作ってしまったため、道路状況は劣悪な状況にある。春の大型連休のような時期に行くと渋滞突破だけで数時間を要するため、注意が必要である。ただしオフシーズンを狙って冬場に行くと真面目に死ねます

道路[編集]

白川村のメインストリート。

白川村が舞台となっている作品[編集]

関連項目[編集]