白河天皇

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「白河天皇」の項目を執筆しています。

白河天皇 (しらかわてんのう) とは、第72代天皇。諱・貞仁。平安末期、譲位後に幼帝の後見として院政を開始。絶大な権力を誇り、治天の君と呼ばれた。

幼少期~即位まで[編集]

末法の世に生を受ける。父・後三条天皇の命により世紀末覇者となるべく、幼い頃から柔術・極真空手などを学び、その後修行のために世界各地を放浪した。 12歳の時、ロシアにてサンボを学び、類まれな素質でこれを習得するも飽き足らず、南米に渡ってブラジリアン柔術も体得する。延久4年、20歳の時、後三条帝が病に倒れたため帰国。帰国後間も無く即位した。

親政と院近臣の萌芽[編集]

世が戦乱や飢饉で混乱すると信じられていた末法の世。神も仏ないってんなら、自分の身は自分で守るべきであるとの思いから、若き白河天皇は体得した技の普及に努めた。いわゆる院の近臣と言われる人物たちは、この頃に住み込み弟子として白河天皇に近侍していた公家の師弟である。 道場内で絞め技・関節技をキメる姿が、外部の人間には男色関係ととられたようである。ま、時々入っちゃったりするんだけど。 白河帝の治世は、父・後三条帝に習い荘園の整理などに力を入れた。摂関家ともそれなりの協調関係にあった。

譲位と北面の武士[編集]

応徳3年、実子・堀河天皇に譲位し太上天皇となる。この頃の白河院の関心は、山法師と言われる比叡山の格闘家集団との抗争に向けられていた。院は公家の師弟以外にも、格闘家としての器量に優れた者を集め、格闘団体「北面の武士」を立ち上げ、おん自らその鍛錬をされた。 これもまた後世には男色相手として考えられているが、あくまで山法師等の警備に充てるための団体である。 ま、たまに入れちゃったけどね。

院は長年の修行で体得された、様々な武術を伝授し、彼らを格闘家集団として育て上げた。ここからまた、武芸以外の才をも見出され、宮廷デビューする者もあった。伊勢平氏・平忠盛などもこの集団出身の強者で、ブラジリアン柔術の達人でもあった。伊勢平氏の破格な出世は、一説ではその巧みな寝技にあったと言われている。 以後、「北面の武士」は院御所の警備兵として、また院の近臣として知られるようになる。

院政の開始[編集]

43歳の時、娘の媞子内親王の死をきっかけに出家。その後、堀河天皇が若くして病没すると、皇太子であった孫の宗仁親王が5歳で即位(鳥羽天皇)し、白河院は幼い孫に代わって政務に携わる。その間も比叡山との抗争は続いていたが、院の努力により総合格闘技がもてはやされるようになると、古武道を基本とする山法師の人気は一時下火になっていた。山法師とは争う仲であったが、古武道にも理解が深かった院は密かに支援した。いくら優れた選手がいても、好敵手がいなければマスコミ的には盛り上がらないというエンターテイメントの基本を、海外生活の中で知り尽くしておられた。

この時期、摂関家の当主は若い忠実であったが、ハゲ且つマッチョの院に対しては本気で恐れていたようである。昔ちょっと生意気なことを言って院に締め上げられ、ついでに入れられてしまった事が関連しているとも言うが、見た目だけでも十分に威圧感を備えていたと思われる。こうして院は「治天の君」として君臨することになる

女性関係[編集]

格闘技を深く愛された院は、その門戸を広く一般にも広げ、身分を問わず多くの老若男女がその門下に入った。俗に祇園女御と呼ばれる女性は、女子レスリング13連覇を成し遂げ、院の寵愛を受けるようになったと言われている。 また、密かに情を通じていたとされる、養女の待賢門院・璋子は幼い時からその能力を見込まれて内弟子とされたもので、情交関係にはなかった。ま、練習中に入っちゃった事はあるんだけどね。 その他多数の女性関係が指摘されているが、これらすべて、「ダイエットのため」「防犯のため」などの理由で、自ら院の道場に入門したものであり、院とは師弟関係で結ばれていた。 ま、ついつい入れてみた事はあるんだけどね。

「叔父子」の噂[編集]

鳥羽天皇は院にとっては孫に当たり、手元で愛育した可愛すぎる孫であった。その孫の為に選んだ女性が、愛弟子の待賢門院・璋子である。もとは、摂関家の忠通に嫁ぐはずであったが'男性関係が淫らという理由で、忠通の父・忠実が断っている。しかし、一途な格闘家である璋子に男とチャラチャラしている暇などあろうはずがなく(練習中に不可抗力により、入ってしまう事はあった)昔、院に入れられたことを、いつまでも根に持っていたのではないかと考えられている。摂関家の拒否により、璋子は鳥羽天皇の后となった。鳥羽天皇との間柄は仲睦まじいものであったが、寝技に持ち込まれると絞めて落としてしまうという格闘家・璋子の性質のため、鳥羽天皇は幾度となく真っ最中で記憶を飛ばしてしまった。そのため、記憶がないのに子供ができる事態に至り、鳥羽天皇は不義を疑うようになる。これは全く濡れ衣であり、璋子の女性格闘家としての器量がいかに優れていたかを物語るエピソードである。時が経つにつれ、そのような憂慮すべき事態は収まっていったものと考えられる。


Hito.png この項目「白河天皇」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)