白血病

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「白血病」の項目を執筆しています。

白血病(はっけつびょう)とは、本来は深刻な病であるのに最近は一部の人間から、間違って認識されている病気


歴史[編集]

白血病が確認されたもっとも古い記録は19世紀のドイツ

ある男が酒場でカッとなって相手をナイフで切りつけると、白いが傷口からドクドクと流れ始めたため

「こいつ!傷口から精液を出しやがった!!」

と驚いて医者に連れていくと医者はこう言った。

「もう手遅れです。」

男は、「そんなことはない、精液も止まったではないか。」と言ったが、医者いわく、もう切りつけられた男の余命は1ヶ月だという、もうすでに男は奇病に蝕まれていたのだ。

その後医者は研究の末にこれを傷口から精液が出たのではなく血液の異常、つまりがんと推察、報告書を書き学会に報告した、医者の名は「ういるひょう」といった。

しかし、血液が白くなるのは病状がすでに末期であって、現在は早期発見の増加のためにそこまで進行した症状はほとんど見受けられず、病名の変更がしばしば審議されている。

ちなみに、白血病は「血液」ではなく、正しくは「血液がん」。これを知っていないと日本人として恥、とされる。

スイーツ(笑)として[編集]

いまや一部の人間から聖書の如く見られているかの本に取り上げられているのも白血病である。

不治の病との印象が強いために安易に題材に選ばれたものであろう。

白血病になった彼は治療を続けながらあれを何度も何度もするのだが、本当の白血病患者にはそんな体力は無い。

さらに、主人公は彼とのあれの後、妊娠するが、放射線治療を受けると精子は死滅し、その後非常に体内で生成されにくくなるので、彼の子供ではない可能性が高い。

放射線治療受けながらその体力はありえないだろ…常識的に考えて…。

あと、治療前から彼の髪が白いのは気にしない。

現在、ケータイ小説を愛読している人々の間では、白血病はにはするもの、体力はあまり落ちないばかりか、あれこれもできて、最終的には「スイーツ(笑)」という結末を迎えるもんだと勘違いして、本物の白血病患者と会話の際、そういったノリでしゃべるので相手にとって(特に童貞諸君にとって)非常に不快であるほか

「これめっちゃ泣けるよ。」

と称して自分たちにとっての聖書を置いていき、激怒した患者がみずからが末期患者であることも忘れハードカバーのそれを雑誌を破くかのように縦に破いた後に意識不明となってそのまま死亡し、病院側の医療ミスかと疑われ、遺族から病院が慰謝料請求された事件も発生した。

原因と治療法[編集]

医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。


専門家いわく、白血病は主に、被爆したり、ベンゼンを日常的に吸い込んだり、染色体の異常などが原因とか。

治療には放射線治療というものがあるが、始めるにはニット帽を用意しなければならない。白血病の治療には、過激な治療でもよいと厚生労働省から認可を受けており、治療薬として砒素(和歌山のカレー事件で有名な物質である)や放射能、さらには人間の脊椎を取り出して中身をストローで吸い出し、ダメになった患者の骨髄に移植するなど、他の病気と比べても大変な病気であることがうかがえる。

放射能で白血病になったのに放射能で治すとは、まさにホメオパシー、つまり「毒を以て毒を制す」である。

骨髄の移植は、公共広告機構(AC)によってドナー登録を促すコマーシャルまで流されている、骨髄は現在全国の病院で不足しており、移植手術を待つ患者も多く、病院側の人間はドナーが死んだと聞くと遺族より早く駆けつけ、ドナーカードを確認するや否や遺体の骨盤をナタで断ち割ると遺体の骨髄だけを病院に持ち帰り、手術をするので、外科の医者は毎日落ち着かない生活を送っている。hideが逝去した際、ファンより早く駆けつけたのは骨髄目当ての他院の外科医師であった。

関連項目[編集]