百鬼夜行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「百鬼夜行の世の中に!! ひときわ輝く星一つ!!」
百鬼夜行 について、雷 晶
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「百鬼夜行」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「百鬼夜行」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「百鬼夜行」の記事を執筆しています。

百鬼夜行(ひゃっきやこう)とは、江戸時代流行した一種の娯楽である。

概要[編集]

百鬼夜行は妖怪の集団として語られる事が多いが、実際には鬱憤の溜まった農民や町人が憂さ晴らしに夜の街を集団で徘徊したものであり「ええじゃないか」の原型になったとされている。更に原型となる説話は平安時代に既に存在しており[要出典]、そう言ったものに準え「何かが道をやって来る」という漠然としたイメージから生まれたものと推測されている。

当時は社会情勢こそ安定していたものの、裏を返せば社会が固定化し格差が定着していく只中にあった。その中で強い不満を抱えた層のガス抜きとして「人間が夜出歩くのは良くないが、妖怪ならば仕方がない[1]」と幕府も黙認しており、人々は度々妖怪の格好をして仮装行列をすることで日々の辛さを一時だが忘れることができた。こういったガス抜き手法は洋の東西を問わないものらしく、遠く中世イギリスにも「ワイルドハント」という同様の仮装行列が存在していた。

ただしあくまで「黙認」であり、大々的に行うことは憚られた。また百鬼夜行は「見えない」「聞こえない」ものとされ、夜の夜中に雨戸の隙間から覗いたりすると祟りがあるという設定になっていた。百鬼夜行が後世に妖怪のパレードとしてしか伝わっていないのはそのせいであり、現存する絵巻や画談は全てが妖怪のみの描写になっている。

現代の百鬼夜行[編集]

格差が定着し社会が閉塞感に覆われている、という状況は現代日本にも通じるものである。その為か現在も百鬼夜行に類する下層階級のガス抜き行為は盛んに行われている。非差別対象であるオタクが行うコスプレイベントや、恋の争いに破れたモテない男女が大暴れするハロウィーンパーティーなどはその代表格である。

脚注[編集]

  1. ^ 似たような例として、生きるため仕方なく罪をおかした女の髪を切り落とし「髪は女の命。ならばそれを失った以上、この女は死人である。公儀の法は生者の法、鬼籍に在るものを裁くことは出来ない」と放免したという事例もある。

関連項目[編集]