盆栽

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「盆栽」の項目を執筆しています。

盆栽(Bon-Sai)とは、オートバイを愛でる、その究極の愛情表現の事である。

一般的な盆栽[編集]

基本的に盆栽は、走行してはならない。あらゆるきらびやかなパーツを搭載している為に、それが汚れる事は許されないからである。盆栽で使われるパーツは、ステンレスチタンマグネシウムカーボンなどきわめて高価な素材が用いられた高性能レースパーツである。レース用途である為、通常一回の使用で劣化し、オーバーホールを必要とする。通常、盆栽を行う者たちはオーバーホールまで行う技量はないため、盆栽車両を走行させる事は危険でもある。

走行可能な盆栽[編集]

MV・アグスタの車両は、走る盆栽と言われている。パーツは厳選され、またスーパーメカニックの手によって調整されている為、通常の走行が可能である。使用されるパーツはストリートユースからレースに至るあらゆる条件を考慮されている為、一般人の盆栽車両とは比肩する事ができない完成度である。しかし、それ故に一般人の盆栽にかかる費用をはるかに超える車体価格であり、壊れたら想像を絶する請求が届くので、走る盆栽を超えた、走る請求書とも言われる。

ぷち盆栽[編集]

ぷち盆栽は、本格的な盆栽とは異なり、一般道路を走りながらチューニングと調整を行い、整備に必要な部品を携帯する事により、一般走行も可能でかつ、ビギナーにも手が出せるお手軽な盆栽として広く行われている。ベース車両はホンダ・モンキーが好まれて使われる。盆栽度の程度にもよるが、ぷち盆栽といえども究極の状態となるとエンジンのクランクケースを除いたすべての部品が社外製品に置き換えられる。そこまで至らなくともマフラーやエンジンの一部、スイングアームなどが取り替えられ、道路をちまちまとすり抜けながら走る姿が見られる。ぷち盆栽は4ストミニに多く見られるが、それ以外の車両でもチタンマフラーやステンメッシュホースを使うなど、おおよそ一般車両全般でも行える盆栽がある。これらの盆栽はおよそ見た目重視であり、本格的な盆栽に見られるレーシーな盆栽には及ぶものではない。

この項目「盆栽」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)