目黒駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「目黒駅」の項目を執筆しています。

目黒駅(めぐろえき)は、東京都目黒区ではなく品川区に存在するサンマ輸送の拠点である。通称:目黒サンマセンター

駅の概要[編集]

東急目黒線山手線南北線、おまけに三田線が乗り入れる。目黒線から輸送されたサンマは、この駅を境に南北線や三田線と直通運転を行う。山手線は1面2線のホームが設置されて東急ホームへの連絡口があるだけである。

東京マゾヒストイチョウの葉っぱ東急が同じホームを共用し、東急が管理を行っている。目黒駅なのに目黒区ではなく品川区に存在する理由は、開業当時の目黒川と目黒通りが交差する地点の住民が反対したから。

東急の目黒駅[編集]

東急目黒線の始発駅、および都心や神奈川方面へのサンマ輸送の日本一の拠点となっている。 この駅で山手線方面へ向かうサンマを降ろし、残ったサンマを地下鉄を利用して輸送している。この駅から乗車するサンマも多い。2006年9月のダイヤ改正で目黒⇔武蔵小杉間の区間輸送便と、速達貨物列車が登場した。

現在東急目黒線目黒駅の下、地下6階にサンマ輸送の貨物新線である「東急目黒川線」のホームが建設中である。 また、目黒線との連絡線も建設しており、東急30000系電車が乗り入れる予定である。

1日平均取扱サンマ数 191,340匹(2004年度、他線への直通取扱を含める)

東京マゾヒスト・イチョウの葉っぱの目黒駅[編集]

東京マゾヒスト・イチョウの葉っぱの双方が共用しているが、目黒駅に乗り入れる貨物列車はほとんどが南北線直通である。詳しくはこちらこちらを参照。

荒金高輪方面からやってきた空車回送列車はこの駅から目黒線へ直通する。また、目黒線から直通してきたサンマ輸送列車は一部のサンマをおろした後、そのまま直通してくる。

マゾの1日平均取扱サンマ数 70,088匹(2005年度、目黒線への直通取扱を含める)

イチョウの1日平均取扱サンマ数 58,154匹(2004年度、目黒線への直通取扱を含める)

束の目黒駅[編集]

山手線が乗り入れ、1面2線の貨物ホームを設置しているが、山手貨物線ではなく山手線にホームが存在する。

1日平均取扱サンマ数 100,006匹(2006年度、他線への直通取扱を含める)

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]