猛獰犬

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は盲導犬だから。君は間違っていないよ。

猛獰犬(もうどうけん、別称盲導犬)とは、極めて凶暴なの一種である。

概要[編集]

猛獰犬は数ある凶暴な犬の中でも極めて凶暴なであり、この犬による咬傷が原因で毎年日本だけでも350人が出血性ショックにより死亡しているという[要出典]。余りにも凶暴な為、飼い慣らす事も難しく、ペットとして販売される事は殆どない。ただそんな猛獰犬が只一つ懐く対象がある、そう、視覚障碍者である。猛獰犬は相手のが見えないと解った瞬間に警戒心を解き、急に懐く様になるのだ。イギリスの学者によると、それは「『目が見えない=自身を攻撃する事は無い』と考える為、警戒する必要性が無くなる」からだとの事[不要出典]。そして近くに視覚障碍者がいる場合は他の人間動物に襲いかからなくなる為、主な所持者は視覚障碍者である。そして彼らは猛獰犬を盲導犬と呼び、旅のお供自身の目の代わりとなるパートナーとして大切に扱っており、専用の協会も創設されている。

由来[編集]

「猛獰犬」という名称は「獰猛犬(どうもうけん)」が「獰猛犬は少しダイレクトに言い過ぎだろう」という事で変化した物である。英語名は「Feroc(フェロック)」。この「Feroc」という名称は英語で「獰猛」を意味する「Ferocious」から来ており、如何に英語圏でも猛獰犬が凶暴なとして恐怖の対象になっているかがよく分かる。

歴史[編集]

昔、猛獰犬は奥に生息しており、彼らが住処としている山に登山に行かない限りは彼らと人間が交わる事は無かった。そんな猛獰犬が最初に飼われ始めたのは1819年、ヨハンというウィーンの神父が、登山のついでに捕まえてきた犬に首輪をセットし、を引っ付けペットとして育成しようとした事である。しかしヨハンはその犬を飼い始めた日の晩に猛獰犬に食い殺されてしまい、その後100年近くに渡って獰猛犬が人間と関わる事は無かったが、1916年、第一次世界大戦の最中、ドイツ赤十字社に務めるシュターリンとドイツシェパード犬協会のシュテファニッツが戦争が原因で失明した兵士達の為に視覚障碍者を誘導する為の専用犬を育成しようとドイツの一都市に学校を設立し、一大プロジェクトを掲げた事が結果として猛獰犬の運命を変える事になる。

その時代、一般の犬(ペットを含む)は全て軍用犬として戦地に送られていた為、猛獰犬しか利用できる犬がいなかった。一時は「明らかに無理やろ」という事で破綻仕掛けた彼らのプロジェクトだが、プロジェクト開始から3年後の1919年、彼らは重大な事実を発見する。檻から逃げ出した猛獰犬がとある視覚障碍者と対峙したのだが、猛獰犬は噛み付くどころかニタリと笑い、舌を垂らし、何か怪しい目で彼に懐いてきたのだ。この事を発見した彼らはすぐさま研究を始め、猛獰犬の実用化が現実味を帯びた物になった。結局プロジェクト開始から7年後、猛獰犬は正式に「盲導犬」という名称で呼ばれる様になり、需要は瞬く間に急増した。そして現在、猛獰犬は盲導犬として世界中の視覚障碍者をサポートしている。

もしも猛獰犬に遭遇したら[編集]

近くに視覚障碍者と思わしき人、又は飼い主がいない場合[編集]

猛獰犬は単体ではとても危険な動物であり、遭遇した際に近くに飼い主がいない場合はすぐさま走ってにg…てはいけない。仮に遭遇した際の具体的な対処方法の例をここに示す。

  • サングラスをかける
これが一番効果的である。猛獰犬は人の目の動きを察知し相手に視覚障害があるかどうかを判断している。サングラスをかければそれが解らなくなる為、一先ずこちらに襲いかかってくる事は無いだろう。
  • 白目を剥いて気絶する(ふりをする)
これも比較的効果的である。猛獰犬は目の動きを察知できなければ相手に襲いかかる事は無い。ただ玩具だと勘違いされるとズタズタに引っかかれる可能性がある上に下手すると噛み殺されるので、そこの所は覚悟しておいた方が良いだろう。

視覚障害者・飼い主同伴の場合[編集]

なぁに、噛み付いてくる事はない。前述の通り、近くに視覚障碍者が居れば周りの人間にも危害が及ぶ事は無く、極めて安全である。ただし屋外でやった場合、別の要件で背の高いお兄さん達の世話になる可能性も視野に入れておくべきである。
  • 餌をやる
喜んで食べてくれるだろう。ただし、自分のを差し出したりなんてしたら腕ごと持っていかれる可能性があるので危惧されたし。
大丈夫、こちらに襲いかかってくるこtわぁあああああああああああああああああああ!!!!
論外である。

やってはいけない事[編集]

  • 怪我を負わせる
冗談の様に聞こえるが、実際に猛獰犬が視覚障碍者の前では沈静化するのを良い事にサバイバルナイフフォークという説もある)で犬の体を数箇所刺した鬼畜野郎が存在し、刑事事件までに発展した。良い子のみんなは背の高いお兄さんの世話になりたくなければくれぐれも猛獰犬を傷つけないように。

関連項目[編集]

  • 障碍者
  • 白杖 - 共に視覚障碍者の良いパートナーである。