睡眠学習

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「居眠り」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「睡眠学習」の項目を執筆しています。

睡眠学習(すいみんがくしゅう)とは、非常に効率的な学習法である。

概要[編集]

睡眠学習は、授業中や会議中の時間だけで授業・会議への出席はもちろん、睡眠時間の確保や知識の定着までを行うことができるまさに一石三鳥な学習法であり、テスト前の学生などがよく実践する。後述するが脳に負担をかけるため、実際に成功させる者は少ない。

効果・利点[編集]

睡眠学習には絶大な効果がある。

徹夜と睡眠の両立
一般に、睡眠時間は約6-8時間が理想とされているが、睡眠学習を使うことによって中学生の場合、1-6限の授業(50分×6限)+休み時間(朝20分+行間20分+昼20分で計60分)で360分つまり6時間となり、あとはお好みで昼寝などを追加することによって、夜全く睡眠を取らずに理想の睡眠時間を確保するということが可能になる。これにより、全人類である1日30時間を実質的に実現させることができる。
学習にかかる費用の節約
基本的に学費が無料の公立小・中学校でも学校で勉強するにはどうしてもお金がかかってしまう。教材費・積立金等は援助が受けられる場合もあるが、ノート筆記具等文具代は自分で支払わなくてはならない。これらは、一般に「仕方のない出費」として位置づけられているが、睡眠学習を実行すればこれらを完全に浮かせることができる。微々たる金額ではあるが、ノートを買いに行くと親に言って数百円を受けとり、それを使って書籍を購入するなど新たな知識の習得に役立てることもできる。

居眠りと睡眠学習[編集]

睡眠学習はよく居眠りと混同されるが全く異なるものである。居眠りは授業中などに単に睡眠を取ることであり、睡眠中のにはアーン♥♥な映像が浮かび上がっていることが多いが、睡眠学習者の脳には講義の内容がびっしりと記され、それを保存するといった作業が高速で行われている。しかし、この作業が出来るようになるためには、脳を休めながら脳をフル稼働させるという矛盾に対抗する必要があり、多くのものが睡眠学習の絶大な効果を実感できずに挫折してしまう。おやすみ。

国会での導入[編集]

国民にその有用性を示す。

睡眠学習は国会でも導入されている。右の画像は睡眠学習を応用して脳内で国会の議事録を作成するたちあがれ日本の党員である。この方法を使うことによって速記などのスキルや紙、ペン等も必要なくなるため、環境問題に対する政府の新しい取り組みとして注目を浴びている。

関連項目[編集]


この項目「睡眠学習」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)