石原軍平

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
石原軍平
Gunpei.jpg
基本資料
本名 石原軍平 
通り名 軍平先生 
職業 ヒーロー 
好物 正義、肉、読書 
嫌物 悪、子供、甘いもの 
出身地 日本 
出没場所 日本 
所属 ゴーオンジャー

石原 軍平(いしはら ぐんぺい)とは炎神戦隊ゴーオンジャーに出演し、ゴーオンブラックに変身するカッコよすぎる人物である。

経歴[編集]

元刑事と自称しているが、じつは刑事ではなく、警官である。警官をやめたきっかけはウガッツたちに襲われてる自分を助けにきたゴーオンジャーにカッコよすぎる…と共感、その後ガイアークと戦えない警官なんてやめてやる!などというわけのわからん理由で警官を辞めている。カッコよすぎる…

しかし、ゴーオンジャーの正体が自分より年下だと知ると、自分の方がゴーオンジャーにふさわしい!カッコよすぎる理由でギンジロー号に不法侵入、そして元警官であるにも関わらずボンパーを強奪、挙句の果てにはドライバーでボンパーを脅すなどとても元警官とは思えないカッコよすぎる犯罪者っぷりをを見せた。

そしてそのカッコよすぎる男っぷりをボンパーに見込まれ、見事ゴーオンジャーの一員となった。カッコよすぎる…

名乗りは、盗みを働いたことから「奪取豪快!ゴーオンブラック!」かっこよすぎる

性格について[編集]

軍平の性格はいうまでもなくクール…のはずだったのだが、ゴーオンジャーの一員になってからというもの、バカレッドに触発されたが如く話が進むにつれてどんどんバカになってきている。

おまけにゴーオンウイングスがあらわれてからというものの、クールポジションを矢車さんに奪われるという不遇な扱いをうけている。 プライドも非常に高く、矢車さんと美羽にプライドをズタズタにされたときは非常に落ち込んでいた。


カッコよすぎる行動と嗜好[編集]

テーブルマナーが非常になってなく、よほど肉に飢えていたのかは知らないが、肉を皿ごと食べるというカッコよすぎる食べ方していた。

実家から見合いの話が出ていたが、範人を女装させて乗り切ろうとした。カッコよすぎるが早輝と美羽の立場は?

上記の事からも言えるが、公式で範人LOVEをやらかしたホンモノある。他に範人のメイド姿に萌える、範人と一緒に入浴、終盤では範人と手を取り合おうとして○○など・・・エロカッコよすぎる

シンケンジャーのEDで流れた劇場版『シンケンジャーVSゴーオンジャー』の宣伝映像では、牢屋の中から無実を訴えているらしく誰よりも目立っていた。カッコよすぎる

カッコよすぎる軍平語録[編集]

  • 「カッコよすぎる…」
  • 「俺もゴーオンジャーになってやると言ってる!」
  • 「人生において、それがどれほどの意味がある!」
  • 「おい、フィフティフィフティの取引だ。お前のおもちゃとこのお菓子、悪い条件じゃないと思うぜ 」
  • やっちまったな
  • 「潰されるなら一緒だ!俺たちは……相棒だろうが」
  • 「この温泉…、気持ちよすぎる…」
  • 「いいか、俺たちは戦士だ。喜びも悲しみも楽しみも気持ちよさも、全部昨日に捨ててきたんだ!」
  • 「カッコ悪すぎる…。」
  • 「同期として、自慢できるかわいさだ!」
  • 「あいつら…、カッコ良すぎる…。」
  • 「走輔!!俺と一緒に寒風摩擦だ!!いーちに!いーちに!」
  • 「ちょっと待て…、寒風摩擦!馬鹿にしただろ!?」

カッコよすぎる軍平様に対する著名人のコメント[編集]

「カッコよすぎる…」
石原軍平 について、オスカー・ワイルド
「その命、神に返しなさい」
石原軍平 について、名護啓介
「まいったぜ…カッコよすぎる…!」
石原軍平 について、深見ゴウ


関連項目[編集]


アバレキラー・仲代壬琴 この「石原軍平」はスーパー戦隊に関する書きかけ項目だ。
力を貸してほしければ、この俺に話しかけるべきだ。 (Portal:スタブ)