石川五ェ門

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
1176346087305.gif
ルパン一味認可
この項目はルパン一味に
認可(嘲笑)されています。
彼らは永遠に笑い続けます。
曖昧さ回避 この項目ではルパン三世の登場人物について記しています。彼のご先祖様については石川五右衛門をご参照ください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「石川五ェ門」の項目を執筆しています。

石川五ェ門(いしかわ ごえもん)とは、ルパン三世の友人(元・ライバルの一人)であり、日本式剣術居合空手・金庫破り・大食い・念力・その他都合によりいろいろなことの達人であり、歩く最終兵器である。年齢は不明。

彼は他のなによりも彼の持つ斬鉄剣を愛している。さらに頑なに日本文化を(たとえば、「酒は日本酒に限る」というほど)愛する強い愛国心を持つ代名詞的キャラクターの一人として有名。その姿はまさに「ラストサムライ」であるといえる。

概要[編集]

彼はいうまでもなく「浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ」の言葉どおり、石川五右衛門の血を受け継ぐ13代目石川家当主であり、大盗賊である。特に、愛用の斬鉄剣を使った剣術に優れており、どんな剣でもふにゃふにゃしたものから硬い金属・大きなビル・果ては飛んでくるミサイルまでも一発で斬れるほどである。他の剣で試したとしても、伊賀の百地流を受け継ぐ彼にとっては朝飯前であり、おもちゃの剣でも一発で斬れることがしばしばである。そもそも空手の免許皆伝であるため、剣を振り回す腕力がとんでもない怪力なのである。そんな数々の技の中でも、飛んでくる銃弾を(例えマシンガンの弾でも)ひとつ残らず斬り落とすという一発芸は彼の代名詞であり、とても有名。しかし、斬りすぎて、「またつまらぬものを食ってしまった」という彼の口癖はあまりにも有名である。

ちなみに、彼もまたルパンと同じく偽者がいる。2ndシリーズの最終回で登場するが本物の五ェ門に成敗されている。偽者との違いは前述のとおり本物は日本酒しか飲まないのに対しビールを好んだり、下着はふんどしではなくトランクスを着用するなどラストサムライにあってはならない行いをしている。

あの優れた剣術を見て、ひよこ大王国をはじめ複数の国が優れた剣を献上しようとしているのだが、「拙者には、斬鉄剣以外いらぬ。拙者にとって、斬鉄剣に勝る剣はないからだ。」と断っている。また、それらの国に優れた剣術を見て、登用を頼まれたとしても、「忠君は二君にあらず」とばっさりと断っている。

実は筋肉マッチョである。かのロロノア・ゾロとも決闘をしたことも。

斬鉄剣では斬れないもの[編集]

  • ゾンビ
  • コンニャク
  • 一部の貴金属(アレアレ)
  • (本人のポリシーのため)
  • 特殊な金属・ガラス(たま~に、金庫・壁の素材として使われていることがある。グルー出現まではこれが最大の難題であった。)
  • グルー(詳しくは彼の難題の項を参照)

彼の難題[編集]

最近、金庫や宝庫付近において、彼の弱点をつついたためか、特殊金属・ガラスを使った防備やグルーを使った防衛策が進化してきている。

しかし、「拙者には斬鉄剣がある。これに勝る武器はなし!!」と斬鉄剣の斬れる限界に挑み、グルーと対戦した。

彼とグルーと対戦したところ、グルーには斬鉄剣がまったくといっていいほど効かず、「そ、そんな馬鹿な・・・」とはいてしまった。

グルーはそんなものを気に留めず、彼を食べ殺そうとする!!!

しかし、別の何者かがりんごを投げつけ、命中。なんとか一命を取り留める。

これに参った彼は伊賀に下野し、修行を積んだうえで、グルーに命がけの再対戦しようとしている。

これに対し、ひよこ陛下は「普通の剣で斬れないグルーを特殊な剣である斬鉄剣で斬れたら、本当に世界一秀逸な剣術の達人だよ。」・・・と。

これも、一度難題であった超斬鉄合金も、最終的にはそれに効く剣術を習得した上でエクスカリバーなくとも斬鉄剣で斬れた・・・ということから断言できたと考えられる。

関連項目[編集]


また、つまらぬモノを書いてしまった・・・。書くなら、秀逸なモノを書いてみたいものだ。 (Portal:スタブ)