砂の栄冠

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

「砂の栄冠」とは三田紀房による屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ(以下 野球)をテーマとした漫画作品である。キャッチコピーは、「教えてやる!甲子園は簡単だ!!」 「バカとブスこそ甲子園へ行け!」

この記事を書いてはいるが、別に世間でも漫画界でも、さらにはネット世界でも特別知られているわけではない。青年誌連載で歴史が浅いので仕方あるまい。

作品の誕生[編集]

大学受験漫画を引っ提げて漫画界に彗星のごとく現れた三田紀房は、その後も転職漫画や就職漫画などのハウツーものを世に送り出した。ハウツー漫画を描きつつ、さらにスポーツ漫画という三田にとって新しい舞台への進出を狙った作品が、この『砂の栄冠』である。

『クロカン』や『甲子園へ行こう!』などはBOOK OFFにも他の古本屋にもまず置かれてないので、黙っておけばばれるまい。

はじめは単純に「エースで4番」を主人公とする計画だったが、他誌の『ラストイニング』や『GIANT KILLING』のヒットに便乗して、腕利きの監督を主人公とすることになった。『クロカン』が古本屋に置かれてないので(ry

概要[編集]

黒い野球選手

カネ」をテーマとした作品で、かの有名な哲学者 ソクラテスの名言「グラウンドには銭が埋まっている」を文字通り再現した。

もう一つのテーマとして「」がある。甲子園へ行く約束を果たすためなら心を鬼として「黒くなる」わけだが、実世界にはラフプレーや卑怯な戦法を平気で使ったり、相手選手に罵声を浴びせたり、後輩をパシリに使ったり、しごきや暴行を加えたり、飲酒喫煙をしたり、窃盗をしたりという本当に黒い野球部員が多くいることを忘れてはならない。

男子野球部員全員が坊主頭という健全な高校野球漫画のひとつであるが、樫高野球部男子部員全員(なぜか小泉は例外)にあだ名がついているというキモチワルい面もある。

数年前とくらべて画力はだいぶ向上したが、やはり10頭身であったり、横顔がアレだったりする。

あらすじ[編集]

地の巻 ~高校監督編~[編集]

甲子園行き「アンチゆとり号」発車!朝日毎日NHK、揃って非推薦!

時は昭和前期。(嘘。21世紀。)世(高校野球界)は群雄割拠。ここ武蔵国・埼玉の樫野軍(樫野高校野球部)では、金と名誉に飢える将軍(監督)の指導と徹底した戒律の元、兵士(野球部員)たちがそれぞれの人生の全てを懸けて刀(バット)と盾(グローブ)だけを手に日々地獄の特訓に励んでいる。

水の巻 ~プロ監督編~[編集]

乞うご期待!

火の巻 ~メジャー監督編~[編集]

乞うご期待!

風の巻 ~隠居編~[編集]

乞うご期待!

空の巻 ~銀河皇帝編~[編集]

乞うご期待!

登場人物[編集]

樫野高校[編集]

埼玉の伝統ある県立高校で、それなりの進学校である。つまりは野球無名校である。

ガーソ
野球部監督。天下に冠たる関東体育大学卒の体育科教諭。花の56歳である。
本名 Pablo Diego José Francisco de Paula Juan Nepomuceno María de los Remedios Crispin Cripriano de la Santísima Trinidad Ruiz y Ghaso。和名は曽我部公俊。
長年の経験 それを活かした勝負感 リスクを恐れない度胸が持ち味である。
埼玉の名伯楽の異名を持ち、トクさんから「あの人こそダメ」と言われたり、大阪杏蔭の寺門監督から「アホちゃうか?」と言われたりするなど高い評価を得ている。
これまでの野球漫画にはなかった独特のキャラクターが読者の間で絶大な支持を集めた。
七嶋 裕之
野球部主将にしてエース投手。140キロ台なかばの速球とスライダー、カットボールを武器にしている。さらにそれを内外に投げ分けるコントロールと延長戦でも球威やコントロールが衰えない抜群のスタミナ、さらにトッププロレベルのクレバーな投球術を持つ。打者としても、名門校エースの球を狙ってホームランにしたり、ショートも守れるほどの守備力を持つ。それにも増して走塁技術は卓越しており、ここぞという場面で確実に成功させる"TIGER STEAL"を得意技とする。(ただし使用後には自軍監督が steel になってしまうため注意が必要。)
以上のように明らかなキチガイ選手であるが、他の選手がアレなだけにこうでもしなけりゃハナシが成り立たない。
野球が上手いのをいいことに、ガ―ソに対し謀反を企てており、ガーソに対し作中で何度も「氏ね」とつぶやいている。
後藤 久佳
ヘボキャッチャー。木に縛り付けられて牛糞をぶつけられる特訓により、七嶋のスライダーを捕れるようになった。愛用のミットはミズノのビューリーグだが、もちろんエース投手でないため甲子園に行ってもメーカーからは新品を支給してもらえないだろう。
鈴木 康貴
ファースト。打撃は非力という初期設定であったが、後付け設定ではバッティングセンスはいいらしい。「つまり、虎穴に入らずんば虎児を得ずというわけだな」
清水 優希
セカンドの守備はザルだった。162cmのちびっこ。ちなみにhydeの身長は156cmである。
郡 健太郎
サード。「大舞台に強い男」の名のとおり、全国の舞台を踏む前までの打率は2割を切っていた。
稲山 準弥
ショートの分際で悪送球が多かった。陸上部女子部員がいるところで着替えをするという露出狂。
黄川田 寛永
でもしかレフト。口癖は「オラァン!」。
志熊 遼平
センター。七嶋以外では唯一優れた選手。
藤原 大樹
ライト。上野クリニックのお世話になったが、野球選手としては一皮剥けたわけではない。
加藤 機一郎
手榴弾を投げ過ぎて肩を壊したため、実質のマネージャー。七嶋の右腕であるが、「140キロで内角を攻め続ければ打たれない」という作戦になってない作戦を立てたりもする。あだ名はカトキチ。姓が真島じゃなくてよかったね。
小泉 洋嗣
控えキャッチャー。ミートがうまいという後付け設定がある。彼のミットもビューリーグである。部ミットか?
遠藤 蘭
マネージャー。ヒロイン顔をしており七嶋とは幼馴染であるが、そこはあだち漫画ではないため何も起こらない。[1]父親が当て逃げ事件を起こした日に生まれたため、ヒットエンドランをもじって命名された。
平井 智恵子
マネージャー。メガネっ娘。
荒川 千晶
尻軽女。もしくはビッチ。または売女。これでも勤務医の娘である。
小沢先生
野球部部長。善良な市民。
中村さん
七嶋の1学年上の先輩で、旧チームのエースだった。男前度が足りなかったため、夏の県大会決勝で試合を壊してしまった。
唐木くん
吹奏楽部部長。野球の応援は 海のトリトン アフリカンシンフォニー 暴れん坊将軍 だけで充分だと暴言を吐いた。ただし吹奏楽部は吹奏楽部であって応援部ではないこと、本来ならば部活動のひとつに過ぎないはずの野球部に全校をあげて応援をする必要はないことに注意されたし。
野球部OB会
口は出すがカネは出さない。ケチでしみったれたやつには勝利の女神は寄ってこない。


以下は野球部の有象無象である

金子 健介
伊藤 初彦
田中 大地
上野 聖也
又瀬 匠
野口 司
内間 亮祐
杉町 敦貴

好敵手たち[編集]

浦和秀学高校
またの名を浦和学院高校。私立のマンモス高校でスポーツがさかん。つまりはDQNの巣窟である。野球部で流行っているものは細い眉毛とナタデココ
榎戸 航大
打者だけでなく球審にも闘志をぶつけていく炎の投手。眉毛は全部剃り落として、その上に0.18mmボールペンで線を描いている。
東横浜高校
またの名を横浜高校。つまりは高校野球界の雄。黙っていても全国のシニアやボーイズから有力選手が集まってくることにあぐらをかいて、七嶋と対戦するまでは中学軟式野球はハナから相手にしないという余裕ぶりである。
蝶野 宗明
超大型投手。小学生のころに経典『ドラゴン桜[2]と出会い「少年向け野球漫画には野球が好きだという情熱さえあれば無限大の力になると書いてあるが、そんなものは欺瞞であり、エリートとして育った者のみが野球界を支配できる。凡人が少しがんばってみたところでセレクションやスポーツ推薦でE,Fランク大学に進んだ後に社会に放り出され、搾取されつづける人生を送るだけだ。」ということを悟り、徹底的に野球に打ち込むようになった。将来の夢は英会話しか取り柄のない女子アナと結婚すること。
かなりの実力者ではあるが、過酷な練習に耐えるため、常に高いパフォーマンスを実現するためにラムネ菓子コンペイ糖を常習している。[3]
大阪杏蔭高校
またの名を大阪桐蔭高校。「エースで四番」をかき集めて「オレ様野球」を展開する。テレビゲームの世界でチーム編成をするならこれで充分である。
山田 慶治
幼少期から父親我流のボクシングを仕込まれた。野球は遊び程度にやる一方で拳闘士としては時代の寵児としてもてはやされたが、TBSにハシゴを外されたために野球に転向した。
権上 力也
超高校級のパワースラッガー。身長169cm 体重52kg バスト90cm ウエスト59cm ヒップ84cm 股下84cmである。(ホンマは88kgやでえ。)
寺門監督
日本アマチュア球界では数少ない飛行能力を持っている人物。
帝城高校
またの名を帝京高校。ガチムチ軍団である。前川監督よりも身長が低い者は野球部入部を認められないという噂もある。ちなみに前川監督の身長は156cmである。
兼六学館高校
田尻賢誉の理想とするチームの逆方向を向くチーム。
釘谷監督
クールでクレバーな兄貴分。
大月翔馬
花湧東高校在籍の160Km出すピッチャー、というどこかで見たような男で本作におけるラスボス、その正体は甲子園に舞い降りた救世主(メシア)、七嶋達と夏の甲子園準決勝にて対決する。

その他の人物[編集]

トクさん
かなり昔からの樫高野球部のファンである謎の老人。おそらく応仁の乱のころからのファン歴である。七嶋に1000万円を託した人物であるが、練習を見に来ては飼い犬のおやつをもらいエサ代を浮かすというちゃっかりした面もある。樫高甲子園初出場の真の立役者だが、エンドランを決められてしまったために入院してテレビ観戦することになった。
ノックマン兄貴
樫高野球部の臨時コーチをした。バットコントロールは神のレベルで、那須与一ウィリアム テルもインド人もびっくりである。
「ノックしてほしけりゃカネ払え!」というクロカン主義者であるが、ノッカーをつとめるだけでなくNASAが開発した最新式の練習法を教えたり、試合中に解説をしてくれるなど頼れる兄貴である。
通称ノックマンなだけにバッティンググローブはワークマンである。
経歴などほとんどのことが謎だが、その正体はイチローなのではないかと読者たちは噂する。
滝本さん
大阪のタクシー運ちゃん。甲子園観戦の際、七嶋に「宇宙がどうたらこうたら…」「赤い服を着ているオンナは欲求不満」「プリンに醤油をかけると醤油プリンの味がする」という言葉を託した。
小林さん
石材屋のシャチョーさんで、仕事がないことをいいことに全国を飛び回って野球を観ている。樫高野球部では「小太りで眼鏡の人」として通っている。
武光 誠四郎
カープのスカウト。べつにメールを使って七嶋に技術指導をするわけではない。
荒木
誇り高い弁護士。弁護士受難の時代ではあるが、法律サービスの安売りによる質の低下が起こらないようにしている。「この漫画に出ることは俺の仕事じゃない」
駄菓子屋
ハーバードビジネススクールでMBAを取得し、日本に帰国して、児童を顧客とする食品販売会社を設立する。経営にあたってはクロカン主義とドラゴン主義を掲げており、ビジネス本や自己啓発本に飛びつく者、ひいては商業主義に踊らされる者を否定する。
裁判長
「ワシは花湧東の大月投手が見たかったんじゃあ!」

キーワード[編集]

1000万円
夏の県大会敗退後にトクさんが七嶋に託したもの。応援団を関西まで送るには多すぎるが、チーム強化に使おうと思えば軽く吹き飛んでしまう。
カネがあるとわかれば西川口あたりで使われてしまうのがオチなので存在は秘密裏にされているが、バレたら「樫高野球部のファンで紙幣農家の人が提供してくれた」とでも言ってごまかされることになるだろう。
宇宙空間
球場の空気、すなわち観衆 審判 マモノを味方につけた状態を「宇宙空間を作り出す」と表現する。なぜ宇宙なのかは謎。
眉毛
選手の質のバロメーター。極細眉毛は イケメン DQNの象徴であり、極太眉毛は男前の象徴でもある。なるほど巨人の星などの作品をみればそうかもしれないが、水島漫画をみると眉毛がない輩がたくさんいるので判断が難しいところである。
21世紀枠
もともと出場校の選抜基準があいまいな春の甲子園であるが、21世紀枠となるとさらにあいまいになる。要は高野連と主催者の裁量次第である。ボランティアごっこをしたり、NHK受信を解約して浮いた金で毎日新聞を購読するよう勧誘活動をしたり、OBを時の人に仕立て上げたり、各地を見回る選考委員に茶封筒を渡したり、ライバル校の悪評をでっちあげてマスコミに流したりと、みみっちい争いが繰り広げられる。
ジームス
高校野球界で使われるバッティンググローブでほぼ100%のシェアを誇るブランド。いつの頃か、あらゆる用具を単色にすべしという悪法が生まれたときに総合スポーツメーカーのミズノがその圧倒的な開発力を使って単色の用具を作り出し市場を独占していったが、バッティンググローブだけは不可能であった。そんな中、無名企業であったジャガース創工が独自のノウハウにより単色の製品を生み出し、現在に至る。
甲子園研究所
単行本の巻末企画。鋭いツッコミをする所長とドジっ子の助手とのほのぼの漫才形式で、高校野球ファンのあいだでは常識でも熱い少年漫画には描けない事柄を紹介している。
所長と助手の中の人である田尻賢誉氏はもともと独特の野球美学を持ったライターとして知られていたが、凡打性の当たりが出た際に体力温存のために走らなかった真っ当な高校球児を名指しでこき下ろしてトンデモライターの仲間入りを果たしている。
編集部
ヤンマガ中や単行本裏表紙のアオリ文をみると明らかに調子に乗っている。ガーソが読者のついていける以上のスピードで肥大化しているのは彼らの仕業。[4]「コミックス大人買いお願いします!」
明治コーヒー500
ガーソの長いお説教の間にぬるくなっても甘ったるくならないコーヒー牛乳。まだまだシェアは小さい。
群馬県立高崎高校
樫野高校の校舎のモデルとなった学校。略称は高高( タカコウ タカタカ)。県内では県立前橋高校( マエコウ マエタカ)と双璧をなす男の園である。
野球部は2011年秋の関東大会で4強入りを果たした。東京大会準優勝の帝京高校、あるいは樫野高校の面子を保ちたいヤンマガ編集部が裏工作をして翌年のセンバツに21世紀枠での出場をさせようとしたが、この成績は文句の付けようがなく健大トゥギャ崎高校と普通枠でBe togetherとなった。
ナナシマターン
 七嶋ブランドのハッピーターン 
日露戦争の日本海海戦において、連行艦隊の七嶋平八郎司令長官と七嶋真之参謀は、ロシアのバルチック艦隊を迎え撃つにあたってT字戦法を用いることにした。これが後に「ナナシマターン」とよばれる。
"七嶋裕之"というブランド
ある人が言った「"中村ノリ"というブランド」とは似て非なるもの。七嶋の名を冠したり、イメージキャラクターに起用した商品。
「おーい七茶」「かっぱななせん」「ななぱん」「男のショコラ」「HIROZZ」「NANADAMIA」「RAMMY」など。

ガーソの戦法[編集]

前進守備
走者の本塁突入と生還を防ぐが、強いゴロに対応できなくなったり単打を長打にしてしまったりするリスクがある。樫野の「超攻撃型守備」を表す独特の守備体形である。
送りバント
ヒットが望めるバッターは七嶋しかいないため、たとえ2アウトとなろうともランナーを二塁に進める必要がある。ときにはその七嶋にもバントをさせてしまうが、ご愛嬌である。
硬化
目の前で起こっていることに右往左往してはいけない。常にどっしりと構えよ。
手のひら返し
どんな実力者であろうとも、緩慢なプレーや不真面目な態度が見られれば厳しく正す。逆に普段は目立ったはたらきをしない者でも功績があれば大いに褒める。
責任逃れ
実際にプレーするのは選手である。指示待ち型の選手はのびしろに限界があるため、自分で瞬時に考えてプレーする能力を身につけさせる。
手柄の横取り
選手の手柄はチームの手柄。つまりは最高司令官である監督の手柄である。もちろん末端の失敗の責任の所在はすべて監督にあることも常に肝に銘じている。
ドヤ顔
これを見た敵将はたちどころに冷静さを失い、自己崩壊することとなる。野球は肉弾戦だけでなく心理戦でもあることをよく示してくれる戦術である。
中身のない発言
人生経験のない高校生選手たちは具体的な指導や奇をてらったキャッチーな言動を求めがちだが、世界には普遍の真理というものが存在する。なにごとも基本が肝心である。


七嶋の改革[編集]

おおきく猫かぶって作戦
審判や高校野球ファンから好印象を持たれるようにいい子ちゃんを演じる。黒いようで黒くない。
丁寧に挨拶をする
体育会系独特の挨拶をやめて、はっきりと発声する。「オナシャス!」ではなく「お願いします!」、「シタッ!」ではなく「甘栗むいちゃいました!」と元気に言おう。
ノックマン兄貴の指導を受ける
失策数の多さを気にする加藤スコアラー
守備陣がザルなので、小林さんにノックマン兄貴を紹介してもらった。依頼方法は神宮球場のある席に手紙を貼り付けるというものだったが、これを真似する読者が多数現れた
練習前にどんぶり飯を食べる。
練習中にガソリン切れを起こさないようにするため。梅干しやふりかけまで用意されてるとはハングリー精神が足りない。
魔曲(▼皿▼)を作ってもらう
吹奏楽部部長の唐木くんに依頼。めんどくさいので友情もなにもあったものではないが、トランペットを買ってくれるとなればハナシは別である。数十万円もどこで用意したのかと聞かれれば「トランペット農家が…」と言い訳するに違いない。本番では練習不足のためバラバラの演奏をするという失態が起きた。
宝塚式野球
「魅せる」ことを学ぶために、プリントゴッコで偽造チケットをつくり宝塚歌劇を観覧。自己の鍛錬と勝負をとおしての成長だけをひたすら求めていればいいと思われがちな学生スポーツに、新たにショーマンシップを持ち込んだ。時にはセオリーを無視したかのようなプレーや、勝敗を度外視したようなド派手なプレーも飛び出す。

ガーソ監督全国初勝利[編集]

4度目の甲子園出場にして、初の勝利を挙げた試合直後の勝利監督インタビューを、以下に掲載する。



ここで、臨時ニュースです。

脚注[編集]

  1. ^ 遠藤がそれらしい表情で「七嶋くぅん…暗いところに行こうよぉ…」と誘い、七嶋が真顔で「え、何しに? 」と返すギャグが披露された。
  2. ^ 5人の聖人が2人の若者に哲学や社会学などを説く説話集。全21巻からなる。いつの時代に誰が記したのかは不明。
  3. ^ 試合中のマウンドでアリの大群にたかられる幻覚に襲われるというショッキングな描写もなされた。
  4. ^ ガーソが遠征バスの車中でケータイをいじっている場面があったが、それが麻雀ゲームだなんてことはどうでもいい。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「砂の栄冠」の項目を執筆しています。


キャプテン翼の例のアレ.jpg 砂の栄冠 は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、砂の栄冠加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)