砂川七番

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

砂川 七番(すながわ せぶん、生年不詳 - 1994年)は、北海道情報部員アイヌ社会主義民主共和国の意向を受けて工作活動をしている。札幌商工会議所が発行する殺人許可証を所持し、国益のために、危険地帯に指定されている東日本、とくに東京を中心として、活発に活動をしている。

概要[編集]

彼は代々、三井財閥に仕える砂川一族丁稚であり、一族の序列で七番目に位置することから、その名が付けられた。ただし砂川一族で彼よりも上位に序列されているのは5名であるので、正確には六番は欠番であると推測されている。

明治維新以降、北海道と東京との対立が深まるに連れて諜報活動を行うようになり、名前は称号となって代々引き継がれている。

数々のエピソードは、民明書房から出版されている文庫砂川七番シリーズに詳しい。

一族の歴史[編集]

  • 少なくとも江戸時代の松前藩までは遡る事が出来る。
  • 1918年 11月には、三井財閥の専属丁稚になっている。鉱山内部で工作活動をしていることが確認されている。
  • 1926年、8月1日、札幌商工会議所の配下に組み込まれる。

謎の失踪[編集]

  • 1988年、11月18日、太閤殿下の黄金(徳川幕府が強奪し榎本武揚北海道に持ち込んだ徳川埋蔵金とされる)を求めて探索に旅立ったまま、失踪する。
  • 1990年、3月10日、三井鉱山内で、イカメシを喉に詰まらせて意識不明の重態に陥っているところを発見され、鉄道病院に緊急搬送される。
  • 1994年、5月16日、そのまま意識が戻ることなく、入院先にて、死亡確認

その死の謎は、2008年現在では、ハドソンの謀略にはめられたとする説が有力である。しかし彼とハドソンとの利益関係が明らかにされておらず、謀殺説の根拠は見つかっていない。

謀殺とすれば証拠がほとんど残っていない鮮やかな手口である。倒れていたときに駅弁を手にしていたことから、直接の下手人は、KIOSK(Kantou Itien Obentou Satujin Kyoukai)との見方が有力である。搬送先が、大阪民国の影響力が及ばない鉄道病院であり、積極的な治療がされなかったことが、この説を有力とする根拠である。

新世代[編集]

  • 1998年、11月27日、砂川七番が襲名された。先代の死の謎を教訓とし、重大な秘密指定がされているので、経歴は一切秘密であり何代目かも不明である。関東地方において隠密活動中であり、その正体は今なお不明であるが、都市伝説では、東京都立川市近辺で、空中にいたとの目撃例が多い。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「砂川七番」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]