砂時計

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

砂 時計(すな どけい)とは、日本の女優、モデルである。ギリシャ人と日本人のハーフ。引き締まったくびれが特徴で、オスカー・ワイルドをして、曲線美の極致とまで礼賛されるほど。スリーサイズは絶妙に調和しており、ウェストを3倍してもバストやヒップに及ばないという理想的な体系の持ち主である。

経歴[編集]

生年については明らかになっていないが、幼い頃から現在のような体系だったらしい。おそらく「首長族」のような矯正手術を行っていたのではないかという説が浮上しており、本人が後に親が峻厳で、家庭内暴力を受けて育ったとカミングアウトしたことから信憑性が高まっている。個性的な演技、パフォーマンスを見せるが、就中、逆立ちしながらの演技に定評があり、あまりにも如才無い演技は「逆立ちしているのか普通に立っているのか分からない」と言われるほど。

仕事量は膨大だが出演時間が極めて短く、出てきて三分かそこらで退場してしまうことが多い。バラエティ番組など、長時間の出演を要する番組には殆ど出ず、出演の殆どは撮影時間の短いコマーシャルである。その為CMの女王と呼ばれることも。風聞によれば、彼女はカラータイマー持ちで、三分以上収録の現場に立っていることができないからだと言われている。

流麗な体系と艶かしい演技から人気は高く、狂信的なファンが多い。彼女に魅了されてカップラーメンが出来上がるもの忘れてしまう人までいたという。だが、その狂信的なファンによって、1999年の7の月に鈍器で襲われ、内臓が飛び出すほどの大怪我を負った。普通の人間ならまず助からない致命傷だったが、砂時計は驚異的生命力を発揮して生き延び、無事手術を終えてわずか3ヶ月足らずで復帰したという。しかし、手術の影響か、雰囲気が若干変化したことから、砂時計は狂信者の襲撃で死んでいて、今活躍してる砂時計は三人目なんじゃないのかという風聞が囁かれた。