硝酸飲料

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情スモークチーズが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
国家社会主義ドイツ労働者党 Dieser Artikel ist von der NSDAP geschrieben worden! 国家社会主義ドイツ労働者党
この記事は国家社会主義ドイツ労働者党によって書かれた!
この記事を疑うものは、われらが総統及び全アーリア人に背いたものとして、アウシュビッツに送られる!

硝酸飲料(しょうさんいんりょう、nitrated drink)は、硝酸を主な成分とする清涼飲料水である。

販売製造の経緯[編集]

硝酸飲料はドイツのオストワルトがアンモニアから硝酸を生成することに成功したことに端を発する。本来硝酸は肥料として有用な物質であり人口増加に伴う食糧不足を解決するための革命的化合物であった。せっかちな独裁者ヒトラーが硝酸を作物に変換する時間が惜しいので直接硝酸を摂取する方法を開発するようにナチスのアウシュビッツ研究所に依頼したことが始まりだった。残念なことに硝酸飲料の開発のために、アウシュビッツ強制収容所のユダヤ人たちが実験台として治験に使われた。硝酸は刺激臭のする酸性物質であり、多くの犠牲が出たと考えられている。1944年に人類初の硝酸飲料が完成し当時同盟国であった大日本帝国にも技術が伝えられた。当時日本では、戦時下における、食糧難のさなかであり、食糧危機の解決が期待されたが硝酸飲料が表に出ることはなかった。最近の研究で、当時の軍事政府が硝酸飲料を肥料や、TNT火薬にリサイクルしていたことがわかってきている。

硝酸飲料の戦後の歩み[編集]

戦争の産物として生まれた硝酸飲料は戦後、アメリカをはじめとして世界中で活用されるようになった。また、アフリカなどの飢餓が深刻な国や地域での活用が進められた。国連機関であるWHO(世界保健機関)やユニセフは硝酸飲料を「人類に平和と幸福をもたらす食品」として認定している。しかし硝酸飲料の高カロリー性は先進国では大きな問題を生じている。アメリカなどでの肥満の急増の原因の約50%が硝酸飲料の影響であるという試算が出ている。また、日本での赤潮、琵琶湖汚染などの原因が下水を通じて海や川や湖に流れ出た硝酸飲料であることが分かっている。(硝酸の窒素は植物のエネルギーになるためである。)

硝酸飲料とテロとの戦い[編集]

硝酸飲料は過激派にとって生きる糧の一つ。この写真はポーズを決めるカンダハール・ボーイズ。

硝酸は濃硫酸を触媒としてトルエン(シンナー)と反応させるとTNT火薬を生成する。このことを利用した自爆テロが中東で後を絶たない。中東のイスラム過激派硫酸飲料を沸騰させ、濃硫酸をつくり、胃の中で濃い硝酸飲料とベンゼンとそれを混ぜTNTを生成し、ライターを口に近づけて自爆するという手口である。これは、外見では全く分からないため、手荷物検査などでは検知できず飛行爆破テロに悪用される恐れがある。2003年の同時多発テロ以降一時的に硝酸飲料の製造販売が中止される事態に至った。その間に硝酸に反応阻害剤を添加することで悪用を防ぐ対応がとられたため、販売が再開された。

関連項目[編集]

11059583579444.jpg この項目「硝酸飲料」を執筆した人は、キラの力により殺されてしまいました。そこでこれを見ているあなたにこの記事の未来を託します
無理にとは申しません。だって執筆者は殺されている訳だし…。 (Portal:スタブ)