磁素

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
磁素(Magnetium)
一般特性
名称, 記号, 番号 磁素, Mg, 9
分類 非金属
族, 周期 17, 1
密度 不明 g/cm3
黒色
原子特性
原子量 16 amu
原子半径 76*hide pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「磁素」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

磁素(じそ、Magnetium)は、原子番号9番のネオ元素。ネオ元素記号Mgマグネチウム、またはマグネリウムとも呼ばれる。また、ジパニウムとの化合物はマグネタイトと呼ばれる。地球にあるマグネシウムとは、名前が似ているが関係は無い。

概要[編集]

磁素は読んで字のごとく、磁力の源とされるネオ元素である。常温常圧下では非常に強い磁力を持つ金属であり、地球の元素ニッケルコバルトなどと結びつきやすい性質を持つ。これらの金属は強磁性体と呼ばれるが、実はごく微量の磁素が結びつくために、それ自体が磁力を帯びているように見えるのである。金属が磁力を獲得する磁化という現象も、磁素と結合する現象を指している。

磁素の原子核磁石のS極にあたる正の磁気単極子(Magnetic monopole)を含み、その周囲をN極に相当する負の磁気単極子が周回しているという、極めて特異な原子構造を持つ。約1億度の高温でプラズマ化させると磁気単極子を単離させることが可能で、この状態では膨大な磁流波エネルギーを取り出すことが可能である。

また高温高圧下ではスペシウムにぶつかると、質量の大半を失って莫大な運動エネルギーと光素に変化する。ウルトラマンとその眷属は、この性質を用いて多彩な光線技や恒星間航行のエネルギーを得ている。

ネオ地球では主にマントルに含まれており、地磁気は磁素が対流していることによって発生している。ごく深い地底でまれに極めて純度の高い金属磁素を含む鉱石が発掘されることがあり、エネルギー切れに苦しむウルトラセブンの危機を救ったこともある。

化合物[編集]

ジパニウムと反応することで、化合物のマグネタイトを生成する。マグネタイトは赤色の蛍光を放つ物質で、常温では液体である。悪魔が現世で実体化するためのエネルギー源であり、これが不足するとスライム状の不定形の姿になってしまう。

人間が摂取してもエネルギーになるが、中毒性があるため人体への投与は禁じられている。

関連事項[編集]

ツンデレ ……見ての通り、この記事「 磁素 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)