磯部勉

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「磯部勉」の項目を執筆しています。

磯部 勉(いそべ つとむ、1950年10月13日 -)は日本声優。俳優としても活躍しているが、顔が悪人面なのでもっぱら悪役ばかりやらされている。

人物[編集]

なんでこんな知らない人の方が多い地味な俳優のページがあるって? 俳優座出身。現在の彼からは想像もつかないが、若年の頃はその甘いマスクで舞台の主演も多く勤めた美形俳優であった。大河ドラマ峠の群像』では、浪士の中でも人気の高い堀部安兵衛役を演じている。しかし歳が経つにつれて形相が悪人面へと変化してゆき、ドラマ制作者達からも悪役の方が型にはまっていると認識され、『水戸黄門』シリーズなどの時代劇での悪役の仕事が中心となり、悪役俳優としての印象が濃くなった。

NHKドラマ『風神の門』では宿敵・獅子王院役を演じ、悪役として圧倒的存在感を見せ付けたが、メイクやその迫真の演技が不気味さを醸し出し、視聴者からは「怖すぎて失禁した、どうしてくれる」「飯時のゴールデンタイムにあの不気味な面を映すな」などと不評の投書が寄せられた。思わぬ視聴者の不興に磯部は落胆したが、名悪役として知られる大物俳優小沢栄太郎が「悪役は視聴者から憎まれ、怖がられてこそ華、自分も『新・平家物語』の時には早く殺せと視聴者から嘆願書が送られた」と磯部に助言を授け、この小沢の言葉に感動した磯部は悪役を演じることに矜持を抱くようになり、積極的に悪役を演じるようになった。

ちなみに、『風神の門』で主役を務めた三浦浩一真田幸村役の竹脇無我も嘗ては人気美形俳優としてお茶の間のおばちゃん達の人気を席巻したが、今ではその美顔も劣化して無残に凋落してしまっている。同じように落ちぶれていった二枚目俳優も多い中、うまく脇役、悪役にシフトできた磯部は遥かに幸運である。

2005年に放送された特撮『魔法戦隊マジレンジャー』で磯部は敵幹部ウルザードの声と、その正体であるマジレンジャー達の父親、小津勇役に、声と実写両方の出演で起用される。実写での出演も依頼された時、磯部は『風神の門』の時のようにクレームが寄せられることを懸念し、「ヒーロー達の父親が『水戸黄門』の悪役だと知れると子供達の夢を壊しかねないのではないか」と最初は憂慮していた。磯部の懸念に対し、スタッフ達は「『水戸黄門』や時代劇のような展開が馬鹿の一つ覚えの退屈なドラマは頭の呆けた年寄りしか見ないから心配には及ばない」と磯部を説得して懸念を払拭させ、承諾を取り付けたという。なお、この翌年の特撮『轟轟戦隊ボウケンジャー』では、やはり俳優、声優を兼業している森田順平が、敵幹部リュウオーンを声と実写の両方で演じている。森田と磯部は大河ドラマの常連であることや美声を生かして吹替えを中心に声優として活躍しているそして悪役面であることなど共通点が多い。

声優として[編集]

舞台で培った演技力とその美声を買われて、洋画の吹替えにもしばしば起用され、強面の悪人面にも拘らずメル・ギブソンハリソン・フォードなど名だたる二枚目俳優の吹替えを担当している。声優に必ずしも容姿が求められていない事を示す典型と言える。吹替えファンの間ではカルト的人気を誇っており、一部のファンは実写で磯部が悪役ばかりやらされていることに納得がいかないようだ。

一方、アニメへの出演は希少であり、アニメオタクの間での知名度は低い。アニメ製作スタッフ達もあまり磯部を高く評価していないようで、『ながされて藍蘭島』には殆ど見せ場の無い、どうでもよい扱いの主人公の父親役で出演している。あからさまな役不足である。尚、『藍蘭島』への出演は萌えアニメを蔑視する一部の吹替えファンにとっては衝撃だったようで、磯部は彼らから「仕事を選ばない人なんですね」と絶賛された。アニメへの出演作は他に『Gungrave』、『BLACK LAGOON』や『MONSTER』などがある。

注釈[編集]


Hayami.jpg この項目「磯部勉」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)