社会的立場

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

社会的立場しゃかいてきたちば)とはテレビニュースなどで人の名前の前に良くつけられる接頭語のことである。またエクストリームスポーツにおける重要な要素である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「社会的立場」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

接頭語として[編集]

これを入れることにより、困ったチャンな人の名前を覚えにくくなるんで、いろいろと便利なんだなこれが。指示語と併用することで、「あの政治家」「その社長」など、名前を明示しなくても特定の人の話題を共有することができ、非常に便利である。

社会的立場の利用法[編集]

  • 様々な接待を受けられる。
  • エクストリーム・謝罪において責任を末端の社員に押し付ける。
  • 会社の美人またはイケメンとデートができる。
  • 組織内の秘密を独占できる。
  • 社会的立場の低い人をこき使える。
  • 圧力を使用することができる。

など、ここに書けないようなことも含めて様々な使い方がある。但し、それなりに高い地位=社会的立場で無ければ使えない上、社会的立場が低ければ逆に利用される立場となってしまう。また、それなりに社会的立場の高い人でも、その高さゆえに羨望と嫉妬の対象となり、思わぬ攻撃を受け地位を失うことがあるため注意が必要である。つまり社会的エクストリームスポーツにおいて必要不可欠なものである。

立場レベル[編集]

立場レベルとは様々な社会的立場がどれほどの位置かよくわからないときのための目安である。これはエクストリーム・謝罪等社会的ステータスが重要な要素になるときに使用する。レベル7からレベル0までの10段階であり数が大きい程ランクが高い。毎年エクストリームスポーツ実行委員会が改定している。以下に一部のレベルわけを示す。なおレベル分けされるのは成人してからである。

レベル7[編集]

王族皇族など一般人にはまずなれない人物がこのレベルである。エクストリームスポーツに参加することになることはまずないと思われている。何故か、葛西敬之はここのレベルに入っている謎がリニアの様に浮上した。あと、同様な事象がJASRAC理事長でも起き、文句言う大臣はスキャンダルで蹴落とした上に、専門の東京大学名誉教授の意見すら蹴落とした。著名音楽家からも「呆れた」と声があるのにそれすら無視出来る立場。それ故にこの2人は「関白」もしくは「右大臣(火災)・左大臣(JASRAC理事長)」と言える訳である。肝心な「太政大臣」はお察しください

レベル6+[編集]

首相大臣や事務次官、最高裁判所の裁判官などの三権におけるトップクラスの人物が所属する。またミリオンヒット連発の歌手オリンピックのメダリストもこのランクに入ることがある。今までは参加はめったにないと思われていたが最近参戦が相次いでいる。

レベル6-[編集]

取締役社長や国会議員にノーベル賞受賞者、プロスポーツ選手や芸能人などテレビで有名になった人物もこのレベルに所属することがある。一昔前はレベル6だけだったのだが細分化のためプラスマイナスに別れることになった。

レベル5+[編集]

校長先生や弁護士、医者や会計士など高度な資格を取った人物が属することが多い。それ立場ならではのの悩みや責任が伴うが、その職業だけの特権も数多く存在する。

レベル5-[編集]

中小企業の社長やキャリア公務員先生消防士警官などの身近に生活にかかわる職業に携わっている人が所属するランクである。このレベルの人物はスキャンダルを起こすとマスコミに思いっきり叩かれることがあるので注意が必要である

レベル4[編集]

有名大学の学生や一流企業の会社員国家公務員地方公務員がこのレベルに所属する。社会的立場があると一般的に言われるのはギリギリこのレベルからである。

レベル3[編集]

一般的な主婦や学生、会社員など一般的な職業についている人がこのレベルとなる。農家漁師等第一次産業を支えている人もこのレベルである。このレベルの人間が一番多い。

レベル2[編集]

派遣社員アルバイトで生活している人物はここに所属することが多い。このレベル以降からエクストリームスポーツに参戦すると失うものがないと思われることがある。

レベル1[編集]

暴力団員や風俗嬢、軽犯罪者など裏社会の住人がこのランクに所属していることが多い。一歩間違えればレベル0へ転落である。

レベル0[編集]

neetやホームレス、多重債務者などがこのレベルに属する。詳しい情報は検閲により削除

レベル-1[編集]

いわゆるブラック企業で過酷な条件で働きながらも収入は生活保護レベル以下であり、しかも生活保護の申請すら通らない存在。税金や年金など納めるべきものは納めているにも拘らず、その恩恵には与れない存在。なぜならば、レベル7からレベル0までの立場レベルの範囲から下に逸脱した存在だからである。しかし、世の中はこのような存在があるからこそ回っている事を忘れてはならない。

疑問の声[編集]

エクストリームスポーツ実行委員会がきめたこのレベル区分を快く思っていない人々も存在する。階級社会を作るつもりかとこのことを揶揄する声もある。

関連項目[編集]

ツンデレ ……見ての通り、この記事「 社会的立場 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)