社員は悪くありませんから

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「社員は悪くありませんから」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

社員は悪くありませんから(しゃいんはわるくありませんから)とは、謝罪の言葉。エクストリーム・謝罪では同情を誘う行為として、最悪の場合失格となる恐れがある一方、活用法によっては顰蹙を買い大きな得点源となりうる「諸刃の剣」であるとされている。また、この一言を発しただけで事態は急激に面白くなる。

概要[編集]

「社員は悪くありませんから」という発言は、社長が社員をかばって自らが責任を取るという意味で捉えられる。そのため、責任逃れやなすり合いを行うというエクストリーム・謝罪の競技精神とは正反対のものである。その後、泣きながら自らが責任を取る旨を申し出た場合は、失格となる恐れがある。ただし、社外の人間に責任をなすり付ける目的でこの発言を行った場合には、エクストリーム・謝罪の競技精神そのものの発言となり、従って失格とはならず、むしろ高得点が期待できる。

具体的な展開については次節(発言者)を参照されたし。

発言者[編集]

減点・失敗例
野澤正平 - 1997年にエクストリーム・謝罪に参戦した際に発言
  • この年の山一證券は北海道拓殖銀行と王者の座を争っていた。多額の不良債権を抱えて自主廃業を予定していた山一が優勢と見られていたが、「みんな私たちが悪いんであって、社員は悪くありませんから! 善良で能力のある社員たちに申し訳なく思います。優秀な社員がたくさんいます。ひとりでも再就職できるように応援してください」と発言。野澤は社長就任から数ヶ月しか経ってなく、当然責任の多くは彼にはないものであったが、それを自ら負うと発言した事からゲームの趣旨とは正反対のものとなってしまい、国民の同情を誘ったとみなされて無念の失格となった。
加算・成功例
横井英樹 - 1982年にエクストリーム・謝罪に参戦した際に発言
  • 燃え盛るホテルをバックに、「本日は早朝よりお集まりいただきありがとうございます」と発言し、生番組に出演中の徳光和夫らを激怒させた。さらに人命より価値の高いと判断した高級家具の救助を優先したり、防火設備の不備や類焼しやすい構造にした自らの過失を棚に上げて、「(自らも含めて)社員は悪くない。悪いのは火元となった宿泊客だ」と発言。経営責任者としての自覚が欠けるとして国民から大顰蹙を買い、このゲームでは大きな得点源となった。これは同じ発言で得点が大きく加算された例である。

対策[編集]

上記の2人の発言を見ても分かるとおり、失格にも得点源にもなる発言である。そこで、この発言を生かして得点を加算するにはどうすればよいか示す。

社員は悪くない。悪いのは客(消費者)だ。
横井英樹が用いた手法。自らの過失を棚に上げた上で発言するとポイントが高い。とくに善良な客に無実の罪を着せたり、名指ししたりするとかなりの高得点。
社員は悪くない。謝るのはスタッフのみんなに失礼だ。
ミクパ5pb.志倉千代丸が用いた手法。「悪いのは(そんなつまらないことで騒ぐ)客だ」の亜流。
社員は悪くない。悪いのはパートタイマーアルバイトだ。
船場吉兆などが用いた手法。会社内で立場の弱いものに責任を押し付ける手法。経営者が現場に指示したことが問題で不祥事が起きたにも関わらず、しらを切るとよい。
社員は悪くない。悪いのは○×社だ。
これも船場吉兆などが用いた手法。不祥事を起したのは自分達であるのに関わらず、責任を他社に押し付ける。○×社の所には、他社の社名が入る。例えば食品会社ならば、鉄道会社などの社名を挙げれば良い。
また、最近では滋賀県大津市教育委員会が「先生たちは悪くない。悪いのは家庭だ」と表明し、学校でのいじめではなく家庭不和が自殺原因だとでっち上げるなどして、市の学校や教育委員会が追うべき責を逃れようと必死だが、必死になればなるほど顰蹙ポイントを大量に稼ぐのはお約束
社員は悪くない。悪いのは政治だ。
フーズ・フォーラス(ユッケ)が用いた手法。倫理的に許されないことを行っておいて、法の抜け穴を塞がなかった政治が悪いと居直る。勝手なことだけ法を盾に権利を主張したあとで発言すると効果的。
認可した当局や検収した客の責任を強調する手法も鉄道会社、遊園地や東京電力などが積極的に用いている。根本的な問題は見て見ぬふりを決めこみ、法令や指導に従っていたこと、マニュアル通りに行動していたことを以て問題無しとする姿勢を露骨に示すとよい。死者が出るような事故を起こしながら「当日朝に点検したが問題は無かった」と言い放つのが最も効果的である。
社員は悪くない。そもそも悪いことは何もしていない
チッソが用いた手法。不祥事を起こしたのに、それを不祥事だと認めない。死者が出た場合にこの発言をすると大幅な得点アップとなる。遺族を前にした説明会で発言をすればさらに得点が加算される。
社員は悪くない。は広いな大きいな。
BPや東京電力が用いた手法。石油と分散剤、あるいは、放射性物質がに漏れても時間が経てば希釈される。気にする必要はない。そして、一部の幹部社員は責任を取った後に任期を終えると海外左遷と言う形でリゾート逃亡生活をする。

次のような発言は減点、失格になる可能性が高いため、注意して用いる必要がある。なお、後で訂正する等のあわせ技に利用すると効果的な場合もある。

社員は悪くない。悪いのは自分だ。
山一證券が用いた手法。不祥事を起こしたのはあくまで自分であるという責任をかぶる姿勢は、エクストリーム・謝罪において適切ではない。ましてや滋賀県警察JR北海道のようにエクストリーム・自殺にエントリーすればなおさらである。

関連項目[編集]