神奈川区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神奈川区」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「神奈川区」の項目を執筆しています。

神奈川区(かながわく)とは狭いようで意外と広い横浜市の区。

概要[編集]

神奈川、と県名の名前を使っているから都会だと思われそうなものだが、実際はほんの南端だけ西区の巨大なビル群に飲み込まれていてタワーマンションが無造作に建てられているだけの単なる他力本願地域なのである。

側と側で貧富の差が激しく、海側は第三京浜や国道一号線が走っているから整備されているものの、山側は古いバラックのような建物ばかりである。このような特徴は海側は京浜東北線か山側は横浜線に乗ってみれば違いがわかる。区内には農業専用地区とあくまでも都会部分がありすぎるかと思うような地区があるが、そんな地区があろうがなかろうが田舎である。

があって、が売られている場所などがある。その周辺はヨコハマポートサイド地区(横浜港の横)としてほぼマンションが建てられている。浦島太郎がタワマンのどこか一室を保有しているがある。

農業[編集]

神奈川区ではなぜか農業が盛んと言われている。もともと、横浜市がドーナツの左下部分になる以前はどの区も農業が盛んであった。戦後に、横浜市は残念ながらドーナツの一部分となってしまったため、その影響で神奈川区も住宅化された。現在は畑から横浜ランドマークタワーが見える横浜の実体が見られる観光スポットして話題を集めている[要出典]

その中で、意地でも農業を残そうという人の意見で、一部の地域でが残されることとなってしまった。そのおかげで横浜市民以外誰も食わない横浜キャベツは生産量一位を誇る。菅田・羽沢で主に生産されている。

来るべき地震用に踏み荒らされる予定だが、東日本大震災ではセシウムさんが取り付いてしまったため、風評被害が起こったので、東京電力にキャベツを植えてもらうようにと地元の農業の人たちは思っているらしい。

地域[編集]

東神奈川駅
周辺はかなっくシティとして再開発中。横浜線の終点はここじゃん。
神奈川駅
清水の舞台をイメージして作られた横浜駅にいつか飲み込まれる。
コットンハーバー地区
昔の座礁したを取り壊して作られた場所。都市再生なんとか地域に指定されているが、あるの集合住宅のみで、単純に人口を増やして税収を高めたいだけのものと思われる。
ポートサイド地区
わざわざ工場を取り壊して作ったマンション群。アート&デザインの街づくりがコンセプトだが、空き地&マンションという内容になっている。
浦島
浦島太郎が晩年を過ごした土地と言われている。
菅田
周辺は田んぼとキャベツ畑で埋まっており、そこからみなとみらい地区が見れる。鉄道がここらへんを通っていることが多いが、菅田駅はご利用できないべ。
仲木戸駅
駅員が極端に少なく、東神奈川駅と位置がかぶっているため、利用者数が少ない。

教育[編集]

大学[編集]

関連項目[編集]

この項目「神奈川区」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)