神戸市営地下鉄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神戸市営地下鉄」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「神戸市営地下鉄」の項目を執筆しています。

神戸市営地下鉄(こうべしえいちかてつ)とは、関西国際空港建設用地の埋め立てに必要な土を掘り出したために出来てしまった空洞を埋めるために建設された地下鉄である。

概要[編集]

関西の土建屋の自信作[要出典]であるため、とにかく丈夫であることが自慢であり、上をゴジラが歩いてもビクともしない程度の頑丈さを持つ。神戸市が地属性攻撃をまともに食らったときにも激震地のド真ん中を通っていたにも関わらず、ほとんど何の被害も見られなかった。ただし、駅構内の容量に問題があり、山側は収容人数が少なすぎ、逆に海側は多すぎる。こういう大雑把な作りは計算度外視でその場のノリと気まぐれで仕事を進めてしまう土建屋ならではのドンブリ勘定である。作られたのもまだまだバブルの余波が盛んな時期でもあり、実におおらかな神戸市の経済史を物語っている。

路線[編集]

神戸市営地下鉄には、大分して西神・山手線(せいしん・やまてせん、愛称は「山側」)と海岸線(かいがんせん、愛称は海側)の二系列が運行している。ちなみに、山側は内陸寄りに、海側は瀬戸内海寄りに運行しているため、非常に親しみやすいものとなっている。実は東京まで延伸されていると言う噂があり、いざ有事になれば天皇陛下や総理大臣が神戸市に避難して来る、と一部で言われているものの、そんな路線は存在しておらず、地下鉄テロの際に暴走した実験車両が迷い込んで来る、などという心配もいらないので安心して利用すべきである。また、全体的に三宮花時計前駅やら旧居留地大丸前駅やら、そのネーミングセンスを疑いそうになる駅が多いが、こういうベタさも土建屋ならではの個性として許してあげるべきなのである。ちなみに裏ワザとして、JRの和田岬線に乗りたい場合、和田岬で降りた後または和田岬で乗る前に海岸線を利用すると非常に便利であり、鉄道教徒であれば誰もが知っているとされている。

西神・山手線[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神戸市営地下鉄西神・山手線」の項目を執筆しています。
絶賛営業中。

せっかく「西神山手線」というカッコイイ名称があるにもかかわらず、この名前で呼ばれることはめったに無く、東京モンに対抗してのコンプレックスなのか「山手線」または「地下鉄(メトロ)」と言われてしまうのが常であり、非常に残念である。新神戸駅から西神中央駅までをつなぐ幹線鉄道として市民の足となっているが、名谷駅以降ははほとんど地下を走ることはなく、地上に出てしまっている。それどころか新幹線が眼下に見える。そう、眼下に。地下鉄なのに地下を走っていない事情は横浜市営地下鉄と同様でありながらも神戸市は山と認めていたとしてもやはり地下を走らない地下鉄はタダの電車でしかないため、やはり残念である。ちなみに阪神・淡路大震災以前は快速列車が運行していたものの、名谷駅以外での追い越しが出来ないため、結局のところ各駅停車とあまり時間は変わらないという現実に気づかされたのも、あの大地震によって揺さぶられた脳の活性化によるものである。そして昭和末期から平成初期にかけて総合運動公園でオリックスやサッカー部の試合があった時には、周辺地域もそこそこ繁盛していたけれども、今となっては見る影もなくなってしまっている。現在一番儲けているのは、神戸観光にやってきて新神戸に到着した客をJRとの連絡と称して強引に乗車させる区間であると言われているが、折角の作戦も三宮駅以外はそこまで繁華街に近いところを走っていないためにあまり効果がない。仕方がないので初乗り運賃をやや高めに設定しているが、これが客足を遠のかせる原因となっており、乗客が減るからますます初乗り運賃を値上げし……という負のスパイラルに突入しようとしている。

西神中央方面の接近メロディーがどうしても「ポンズ・ダブル・ホワイト♪」に聞こえてしまう。

海岸線[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神戸市営地下鉄海岸線」の項目を執筆しています。
車内における迫真の演技。

西神・山手線を「地下鉄(メトロ)」と呼ぶことが多いため、こちらはちゃんと「海岸線」と呼ばれている。折角だから西神・山手線に乗り入れできるように新長田のホームを作ればよかったのに、なぜか乗り換えに5分ぐらい歩かなければいけない。この計画性のなさも、時代の大らかさを象徴するものとして、大目に見られてはいるものの、やはり実際利用するとなると非常に面倒である。やっと海岸線のホームに到着したと思ったら、プラレールみたいなおもちゃの電車が止まっているのでびっくりする。これに乗る(=命を預ける)のだから、いざ走り出すとなれば一抹の不安がよぎるのもやむを得ない話ではある。ところで三宮に至っては投票によって決められた三宮・花時計前駅とかいう変な駅名を採用してしまった事を後悔しているが、もはや後の祭りである。つくづく民主主義衆愚政治の恐ろしさを思い知らされたのであった。また、最近では変死した横山光輝先生に対するリスペクトなのか、鉄人28号列車や三国志列車が元気に運行しているが、そんなに敬愛していたのなら、生前からもっと単行本を買ってあげるべきだったのである。ちなみに、不定期ながら駅員が関羽張飛コスプレをして登場する(よく優先席に座っていたりする。実質空気輸送状態の時限定なので、許してあげよう)アトラクションがあるが、劉備趙雲馬超イケメンでないとファンからクレームが殺到してしまうため、残念ながら登場しない。 いつか忘れたけど、バカテレビの有名警察ドラマシリーズのスピンオフ作品の1つ、要はユースケサンタマリアが主役のやつで、作品中にこの路線が出てきた。 もちろん東京の地下鉄の1路線役で。

車両[編集]

西神山手線

  • ぼろいの
  • ちょっとぼろいの
  • ふつうの
  • おうどいろのよくわからないの
  • みたことないみどりいろの
  • ちよだっぽいの

海岸線

  • じみにあたらしいの

関連項目[編集]