福本伸行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「やれやれ、その男尊女卑どこぞの団長様にでも教えてやりたいね。」
福本伸行 について、キョン
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「福本伸行」の項目を執筆しています。
サムネイルの作成エラー: ファイルがありません
この記事「福本伸行」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

福本 伸行(ふくもと のぶゆき、1958年12月10日 - )は、日本漫画家漫画原作者を副業とするギャンブラー・渋カッコイイイケメンである。

主な作品に『賭博黙示録カイジ』、『アカギ』、『銀と金』、『天 天和通りの快男児』など。アゴと鼻が刃物のようにするどい登場人物で構成される他に類を見ない画風が売りである。

経歴[編集]

あまりその・・馬・・器用な絵が描けなかった福本はもっぱら炊事などの雑用を任される。1年半ほどした後に師匠のかざま氏から「福本君はトラック運転手なんかが向いてるんじゃないかなあ」と諭され、アシをやめることになる。

1980年代は日本経済の景気も良く、ギャンブル漫画が隆盛を極めていたため、ギャンブル大好きという理由でギャンブル漫画を描き始める。80年代末より『近代麻雀ゴールド』に「」を連載。この作品は福本の初めての人気作品となり、漫画家として名が知られるようになった。「福がもっと伸びて行く」という名前が示す通り、躍進が始まったのである。

そしてこの辺りから鼻とアゴが…

この頃から作品にギャンブルものが多くなり…つかギャンブル以外あんの?、『近代麻雀』連載の『倍プッシュアカギ』や、更にアウトローの世界の駆け引きを描いた『アクションピザッツ』連載の『銀は100歳とタモリ』で、一躍人気作家となる。

1996年から『週刊ヤングマガジン』に『ダメ人間カイジ』の連載を開始する。『カイジ』シリーズは2008年現在で通算39巻、1000万部以上を売る大ヒット作となり、福本の人気を不動のものとした。2005年には『アカギ』が、2007年には『カイジ』がそれぞれTVアニメ化されている。

現在、「バァイプッシュアカギ」(『近代麻雀』)、『ギャンブルジャンキー★カイジくん』(『週刊ヤングマガジン』)、『きれいなカイジ 鬼ノ章』(『週刊少年マガジン』)の3作品を同時に連載中。

2009年6月にカイジ連載再開しましたっ・・・・!!!キラ~ン✧(僥倖…!圧倒的僥倖……っ!)

作風[編集]

強烈な性格(とアゴ)の人物描写で、命の勝負に賭ける男達を描いたギャンブル作品が多い。それしかないとのうわさが・・・。また、端役が多く、女性キャラクターの登場が極端に真面目にほんとに少ない。この理由は本人が女がかk・・いや、何でもない…。 ただし、初期の作品では普通に登場していたみたいだぞっ…☆(気になる人は是非書店または古本屋へGO…!「ワニの初恋」見たら少しビックリするかも) 本人曰く「ギャンブルの世界に女性はいらない」とのこと。何というかはっきり言って、福本先生が一番真剣勝負をしている気がする(いろんな意味で)。

特徴として、緻密な心理描写を得意とする。麻雀などギャンブルに関する作品で知られるが、作中では既存の博打にこだわらず、数多くの独自のギャンブルを生み出している。特に「カイジ」の限定ジャンケンEカードなど、ルールは単純なのに実はとても精密に作られている(常に血みどろ展開&一歩間違えたら死ぬ)、といった特筆すべき作品内容は多くの評価がなされている。

なお、特徴のひとつとして、異常な速筆であることが知られている。 まぁ登場人物全員直線でできてるs・・・げふんげふん 週刊二本、月刊二本の計四本を同時連載していたこともあった。現在、人気作品を連載中の冨バキューン!!や貞バキューン!!らのことを考えてみると、これがどれだけ凄いことかがお分かりいただけるだろう。但し、ストーリーの展開が異常に遅く、たった一晩の対局に十年以上かける事さえある。

作画においては、デビュー当時より更に進化した、角張った顔・尖った顎(横から見るとひどくなる(特にオデコとか))・鋭い鼻(あとなんとも表現し難い耳)などが特徴であり、これを下手と見るか、画の力強さと見るかは読者によって評価が分かれている(作者自身は、自らの絵を下手でもないしうまくもないと認めるコメントをしている)。また、この顔のためワルイージの親戚かもしれないという噂も。 ちなみにこの人がいつぞやに描いたキティちゃんは冗談抜きで腹筋崩壊ものである。気になる人は検索してみてね。でも見る時は飲み物を口に入れて見ちゃダメだぞ…っ! だが、この画であってこそ福本先生の作品であることを忘れてはいけない……!(キラーン)

もし福本伸行の絵がうまいと感じはじめたら・・・・[編集]

「背景はうまい」、「ああいう画風」と言い始めた・・・・あなた・・・・。 あなたはまぎれもなく・・・福本病の疑いがあります・・・!!!

福本病は最初の頃は・・・「いやwwwこの絵はないwwwww」とか言ってる奴が

「圧倒的・・・・圧倒的画力・・・・・・!!!」と言うように・・・なってしまう・・・・・・!!!

ぐっ・・・!ぐうっ・・・!

鋭利っ・・・!アゴが鋭利っ・・・!

鼻も・・圧倒的鋭利・・・!!

があっ・・・!

がはあっ・・・・・・!

画風っ・・!こういう画風なのだっ・・・!福本先生は・・・!!

卓越しているっ・・・!まさに神域っ・・・!!!!

ぐにゃあ~

その他[編集]

  • ざわ‥」という擬態がよく使われる。これは心理的なざわめきを表現していると考えられ、主に主要登場人物の背後で脇役たちが一様に動揺したり、場の空気が高揚する場面で使用される。ざわ・・ざわ・・
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ」の項目を執筆しています。
  • セリフなどの語尾に「‥」や「!」がよく使われる。小学館発行誌のような句読点が使われる雑誌に掲載する作品でも句点がつくことはまれである。
  • その他に「ダメ」という台詞も作品、登場人物に限らずよく使用されている。

(「その考えがダメ」、「ダメダメッ」など)

  • ヤクザの構成員や、富豪のボディーガードなどの没個性的なモブキャラとして、よく「黒服」が使われる。特徴は角刈り・黒の紳士服・黒のサングラス。ただしこのような役柄でも、ヒゲや髪型などに特徴をつけて、通常のキャラクターとして扱うこともある。それに該当する人物の中でも「優しいおじさん」は特に有名である。
  • 登場人物が精神的な衝撃や動揺を受けたときの表現の一つとして、絵全体を歪ませる演出が挙げられる。ぐにゃあ~
  • 唐突に味のある英語が飛びだす。「FUCK YOU ぶち殺すぞゴミめら」「I NEED YOU」「地獄の淵を通る HELL・EDGE・ROAD」「悪魔に魅入られエロハンド」等々。『最強伝説 黒沢』の長ったらしい副題もその一環。

関連項目[編集]


なんだこの記事・・・「福本伸行」は・・。泣きたくなるような記事・・!!だれか・・・流れを変えてくれ・・・!!「加筆すれば助かるのに・・・」お前・・記事が分かるのか・・・。頼む・・!!俺の代わりに書いてくれ・・・!! (Portal:スタブ)