私をスキーに連れてって

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「私をスキーに連れてって」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「私をスキーに連れてって」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「私をスキーに連れてって」の記事を執筆しています。

私をスキーに連れてって(わたし-つ-)とは、1987年に作成された松任谷由実のミュージックビデオである。作成はホイチョイ・プロダクション

概要[編集]

バブル経済華やかなりし1980年代後半、松任谷由実が1979年から意識していた[1]魅せるステージも一般化し多くのアーティスト/シンガーソングライターが「映像やその他メディアと組み合わせて真価を発揮する音楽」を作るようになっていた。そんな中でも松任谷由実は「元祖」として、ライバルである中島みゆきの作風とは真逆となる「エンターテイメンティズムを持つ恋愛」「中流以上の家庭で育った女子が共感する心情」を歌い、バブル時代のカリスマ恋愛シンガーとして名を馳せていた。

そしてバブル経済が極まった1987年、当時大ブームになりつつあったスキーを絡めたミュージックビデオがリリースされた。それが「私をスキーに連れてって」である。ミュージックビデオとしては破格のヒットとなり、協賛出資したスキーグッズメーカーが本作に合わせて限定販売したスキーブランド「サロット」も時代を牽引するヒットとなった[2]

楽曲[編集]

単一の曲でもメドレー形式でもなく、ドラマ部分[3]に組み込む形で「サーフ天国、スキー天国」「恋人がサンタクロース」「ロッヂで待つクリスマス」「A HAPPY NEW YEAR」「BLIZZARD」がフルサイズで使用された。どれも冬の楽曲ということでスキー場を舞台としたドラマ部分とも上手く噛み合い、その後幾つかは単独でミュージックビデオが作成されている。

中でも「恋人がサンタクロース」はシシングルカットされなかったものの非常に高い評価を受け、ある社会文芸誌ライター[誰?]は「クリスマスというイベントの意味自体を変えてしまった[4]」と評した。現在もクリスマスの定番曲として、本作の映像が毎年のように民放各社で流されている[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ レコードで儲けてコンサートで還元する、というサイクルを理想としていたとされる。
  2. ^ その後バブル崩壊の余波を受けてメーカーはスキー事業から撤退しているが、21世紀に入ってから数回復刻されている。
  3. ^ 大きな事件が起こるようなものではなく、ごく普通なゲレンデでのラブストーリーとなっている。
  4. ^ 曰く「家族と子供たちのイベントから、恋人同士のイベントへと変化した」とのこと

関連項目[編集]


この項目「私をスキーに連れてって」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)