秋休みの宿題

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「秋休み」の項目を執筆しています。

秋休みの宿題(あきやす - しゅくだい)とは、2学期制の学校で1学期と2学期の間の秋休みに出される宿題のこと。ほかの休みと違い期間が短いため、自由研究などはなく、大抵の場合プリントなどが出される。

概要[編集]

「うちの学校には秋休みがあるんだ!やったー!」などと浮かれる生徒からしてみれば、秋休みの宿題は降って沸いたような災難であり、貴重な青春大根の如くすりおろすものであるため夏休みの宿題以上に嫌われる存在なのである。

この時期は運動会文化祭などで忙しいせいか教師のほうもいい加減になっており、授業で使ったプリントを宿題に使い回したりしている。しかし、量が多い場合は、答えは分かっているのに写すのに時間がかかるというジレンマが生徒のストレスをさらに増大させることになる。

2学期制の学校が少ないため実態はほとんど知られていなかったが、一部のニュースである2学期制高校に通う生徒の証言が流れ、一般に知られるようになった。

あれは2週間で終わる量と内容ではなかった。私の鉛筆は丸々1ダースと2本磨り減ってしまった。私の精神、そして私が自分のために使うはずだった時間と共に。(インタビューより抜粋)

しかし、問題発覚後も目立った動きはなく、秋休みの宿題は出されつづけている。

秋休みの宿題への批判[編集]

春休みの宿題を参照のこと。

関連項目[編集]