秋吉台

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

秋吉台(あきよしだい)とは、山口県美祢市にある日本最大のカルスト台地である。

概要[編集]

地上には多数の石灰岩の柱、そしてその石灰岩が雨水などにチョメチョメされてイってしまい溶けてできたカルスト台地、さらにはその様を雄大に眺める展望台がある。

ウホッ、いい鍾乳石。

地下には秋芳洞、大正洞などがほられており、その洞窟には目玉である大きいおっpいや鍾乳石がずらりと並んでいる。すなわちカルスト台地はDHMOがこの巨nyじゃなかった立派な鍾乳石を見てしまった挙句、犯さずにはいられなくなりできた代物である。

名所・名物[編集]

秋芳洞の入口。

カルスト台地[編集]

石灰石がDHMOの影響で侵食されてできた地形である。簡単に言えばDHMOと肉体的に愛し合ってできた代物なのである。特にこのカルスト大地は名所であり、特別天然記念物に指定された。また、石灰岩もただ犯されてるだけではなく、むかってきたDHMOを自らの血と肉に変えてしまうこともある。またここのカルスト大地は特にドリーネと呼ばれるものが有名。何度もDHMOと愛し合ううちに石灰岩にヒビができ、しだいにDHMOがその部分にSMプレイを仕掛けるようになったゆえ、石灰岩が窪んでしまったのである。

秋芳洞[編集]

あきよしどう」である。「しゅうほうどう」ではない。1963年の国体で宮内庁がそう言ったんだからしょーがない。ちなみにこれ以外の秋芳はしゅうほうとよむ。鍾乳石がずらーっと生えてるエリアがあり、そこから出てくる乳は絶品である(ただしめったに滴らない)。湿度は85%から95%もあるので、周りの岩はべたべたである。大島紬など高い服を着ていく人は周りの岩に人一倍気をつけないと大変な事になりますよ…

洞窟の中の名所
  • 百枚皿 - おそらくどこにも売っていないだろう石灰岩製の巨大な皿。ただしこの皿で飯を食うとああなったりこうなったりする。
  • 長淵 - 洞窟内をゆったりと流れてる川。長さ64hyde。幅は9.615hyde。この秋芳洞の腹部大動脈にあたるところ。
  • 大黒柱 - 洞窟の端っこにある洞窟を支える柱。細い。
  • 黄金柱 - 金属の金とは違い、渋く、エレガントに輝く。
  • ベンチ - 洞窟内は大変滑って危険なので、スマホはこのベンチに座って使用しましょう。
  • 傘づくし - 天井にべったりくっついた傘。柄だけがぷらーんと垂れてる。
  • 五月雨御殿 - 永遠に降らない雨。鍾乳石が雨のごとくぷらーんと垂れ下がってる。
  • 身代観音 - 入り口で胡坐をかいてる観音様。祈ればあなたの罪を代わりに背負ってくれる…はず。
  • 頭上注意 - 背の高い人は要注意。どのくらいかというとhydeなら軽くぶつけるぐらい。

ほかにもいろいろあるがこれ以上書くといろいろうるさくなるからこのくらいにしておこう…

山焼き[編集]

秋吉台名物。草原の美しさを保つための散髪。しかし過疎化でどんどんその面積が狭くなっていってるのが現状。世紀末には有力なモヒカンたちがいたが悪行で消毒されてるのでなかったことにされてる。

[編集]

秋芳町の名物。あれとは別。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「秋吉台」の項目を執筆しています。