競艇

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「競艇」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「震洋」の項目を執筆しています。
「Nice boat.」
競艇 について、海上保安庁
「Nice boat.」
競艇 について、海上自衛隊

競艇(きょうてい)とは日本で行われているエクストリームどころではないボートを用いたスポーツである。旧日本軍の特攻兵器震洋の設計とコンセプトを流用したボートを用いてその速さを競う日本独自のスポーツとして海外の軍事関係者やテロ組織から注目を集めている。

概要[編集]

戦時中にヤケッパチで製造された体当たり専門ボート震洋は、250kg爆弾を積んで敵艦に体当たりを仕掛ける特攻兵器である。進駐軍としてやってきた米軍は本土決戦用に作られた約4000隻の震洋を見て、クレイジーだが日本近海の防衛に用いるという構想を練る。米軍は朝鮮戦争のために朝鮮半島への米軍の投入を行わねばならず、日本の本土防衛の手段を講じなければならなかったからだ。米軍は搭乗員として旧日本軍と同じように行き場を失った少年をかき集め、モーターボートの訓練を施し、特攻兵として部隊を作り上げた。この訓練の一環として始められたことが、敵艦への接近と効率的な体当たりを行うための競艇である。オーバルのようなコースは「直線で敵の機銃を交わす→敵船舶の側面に回りこむ→敵艦のドテッパラにぶち込み靖国神社に逝く」の動きをトレースしたものである。

なおギャンブルとしての競艇は、維持費として金を払うのを防衛庁が渋ったため、仕方がなくギャンブルの種として競艇選手が軍事費用を稼いでいるに過ぎない。なお荒稼ぎしすぎると海上自衛隊や海上保安庁が上納金を奪いに来る。

搭乗員[編集]

このように非常に軍事的かつ人名軽視な競艇であるが、軍および自衛隊の所属としては扱われない。あくまで民間の義勇軍的な存在として扱われる極めて特殊な位置づけになされている。このため競艇選手内はハンモックナンバーが人生を左右するといわれる旧日本海軍および海上自衛隊の風習にはまったく馴染んでおらず、「水の上では先輩も後輩もない!」というキャッチフレーズで知られるように極端なまでの実力主義をとっている。有事の際には首相直属の部隊として編成され、中国ソ連空母に有人魚雷として突っ込む予定である。

競艇選手はやまと競艇学校というそのまんま軍事色のある名前の学校でみっちり「護国の鬼」となることを仕込まれる。この学校は防衛大学校の数倍厳しい世界であるとして有名である。

任務上、競艇選手は自分でボートを選ぶことはできない。ただしスクリューの改造などは認められているようである。

関連事項[編集]