竿竹屋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「さおだけ屋」の項目を執筆しています。

竿竹屋(さおだけや)とは、基本的に金持ちな人や成金を対象にして竿竹を販売して回る人のことである。

概要[編集]

竿竹屋は石焼き芋屋と同じように軽トラックで突如として現れ、路上で竿竹を販売する。石焼き芋屋と同じで音波らしきエネルギーを周囲に放射し近隣の主婦や老人を洗脳しようとする。だが、竿竹屋が来たときに竿竹が必要な状況が少ないため、洗脳が広範囲に及ぶことはない。また、子供には竿竹が何かわからないので、子供を洗脳することはほとんどできない。

しかし、洗脳された人は竿竹屋に巨額の金をつぎ込んで竿を購入するといった事例が多発している。洗脳されると物凄い勢いで竿竹を購入するものと思われる。また、竿竹屋は基本的にお金持ちを対象にしているので、一本1万円を越えることはざらである。さらに竿竹からも洗脳するための臭いが出ており、一度買ってしまうと、再び買う人が多い。

そういうことを知らない一般市民が手を出すと、竿の価格の高さを知って驚くことが多い。だが、販売者の口車に乗せられて断れずに買ってしまう主婦や老人が多いと言われている桜田門組との関係性をちらつかせて販売するといった手口も報告されているようである

竿竹屋は副業としてされることが多い。どこかのお得意様に竿竹を届けに行くついでか、ルパン三世の真似をする準備をしているついでである。

悪質な販売方法[編集]

中には悪質な方法で竿竹を販売するという事例が報告されている。例えば「三本3000円で〜」と言っておきながら実際に買ってみると3万ですが何か?と言われ、話が違うと言い出すと途端に人格が変貌し、物凄い形相で脅してくるといった具合である。

しかし、竿竹屋はお金持ちを対象にしているのでそんなに安いわけがない。また謳い文句は略されたもので、「三本3000円なんて安いものよりも3本3万円のはいかがですが」の省略である。

恐喝詐欺に当たるのではないか、と言われることもあるが、桜田門組は市民の味方を自称しているので恐喝には当たらないし、詐欺だと思うなら警察を呼ぶなりすればいい話である。それをしないということは、既に洗脳されている可能性が高い。

安く売る竿竹屋[編集]

時々、安く売っている人もいる。だいたい、一本4メートルで2000円くらいである。この人たちは庶民を対象に商売をしている。そんな値段で、もうけられるのか、という気がするが、仕入れ値は300円くらいだったりする。そうすれば、たくさんもうけることができるのだ。

逆に言えばぼったくられているわけだが、やはり洗脳されるので誰も気付かない。それに、そのくらいだったら別に庶民は怒らない。なお、ついでに物干し台なども勧められ、結局5000円位払ってしまう人もいるが、それは誘惑に弱いだけである。多分

安く売っている竿竹屋からすれば高級品を売る竿竹屋と同じにされ、迷惑であるがそれが運命なので仕方ない。

石焼き芋屋との違い[編集]

売っているものが石焼き芋と竿竹であり、違う。だけではなく基本的に来るタイミングが違う。石焼き芋はの夜にしか来ないが、竿竹屋は昼なら時期に関係無くやってくる。

また、竿竹の値段が各々バラバラなので地雷性が石焼き芋屋よりも格段に高い。

関連項目[編集]

この項目「竿竹屋」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)