笠松町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「笠松町」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「笠松町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「笠松町」の項目を執筆しています。

笠松町(かさまつちょう)とは、長良共和国(旧岐阜県南部)の町である。

江戸時代から明治時代初めまでは美濃国、岐阜県、長良共和国の首都であった。

概要[編集]

かつての首都ということもあり、現在も「長良共和国の首都は笠松」と主張する住民は多く、プライドも高いという。まあ、100歩譲って「羽島郡の中心は笠松」と主張する住民もいるのだが……。

首都時代はかなり繁栄したのだが、因幡京都への再遷都で衰退。昭和中期までは織物で少しは繁栄を取り戻したが、平成以降は衰退傾向にある。平成の大合併ではそのプライドの高さで、ついつい周りの町を見下してしまったのが災い、見放されてしまった。最後は稲葉京都とくっつこうとしたが、後述する歴史的背景があり、合併は成立しなかった。

首都としての成立と衰退[編集]

織田信長安土に転居したことにより稲葉京都は衰退の兆しが出て来たが、その力は強大で、信長死去後の権力者羽柴秀吉も手を焼いていた。そこで大洪水で木曽川の位置が変わったことを利用し、尾張国の一部を美濃国に強引にくっつけた。その土地を使ってで新たな都市をを築き、稲葉京都を消滅させようと計画した。しかし秀吉の死去でその計画は頓挫したかに見えたが、徳川家康により引き継がれることとなり、江戸時代初期、遷都が行われ、その都市は「笠松」と名づけられた。岐阜城は取り壊され、稲葉京都は表面上は消滅した。 秀吉の計画は稲葉京都の消滅のみであったが、徳川幕府はこの計画をさらに進展させ、「美濃国の解体」「尾張国への絶対服従」を計画。その計画の遂行のために笠松を利用した。笠松は幕府と尾張藩の保護の下、大都市となっていった。

江戸幕府が倒れた後、明治政府は引き続き「美濃国の解体」「尾張国(名古屋)への絶対服従」を進めることになる。笠松は徳川幕府の息がかかっていることもあり、将来ここから反乱分子がでてこないかを危惧したが、混乱を防ぐため「廃藩置県で岐阜県を置き、その首都は笠松とする」とした。これで笠松は安泰に見えた。

そんな中、表面上消滅していたかに見えた稲葉京都の住民の子孫が、金華山の山中に密かに潜伏していることが判明。明治政府は「岐阜県を中京都の殖民地化」を進め、岐阜県を混乱させるため、突如「稲葉京都の復活宣言」を行う。元々徳川幕府に虐められた旧・美濃国民は、織田信長が築いた稲葉京都の復活を歓迎。笠松はやむを得ず首都の地位を明け渡した。

そのようなこともあって、最近までは稲葉京都とは仲がわるかった。また、今でも笠松は江戸幕府への忠誠心があるという。明治近代化の象徴である火を吹く陸蒸気に反発し、町の中心部に東海道本線が建設されるのに反対したこと、来るべき合戦に備えて競馬場を飼育していること、祭りで大名行列を復元していること、大規模なショッピングセンターが無く個人商店が多いのも一例である。

公共交通機関[編集]

東海道本線
一応通っているが、昭和の合併で笠松町に編入された地域(下羽栗地区)なので。昭和末期に駅の建設が計画されたが、前述の東海道本線建設反対運動のせいか立ち消えになった。
名古屋鉄道名古屋本線笠松駅
東海道本線反対運動で駅が出来なかった影響で衰退してしまうのを危惧し、当時の美濃電気鉄道に泣きすがって設置されたという駅。しかし町の中心部からは若干外れている。岐阜-笠松は、稲葉京都に存在した路面電車の名残(美濃電気鉄道が開設した路線の唯一の現存区間)。
名古屋鉄道竹鼻線西笠松駅
町の中心地にある駅。寂れている。
馬専用道路がある。途中の県道との交差点には馬専用の信号機があり、馬が優先となる。

関連項目[編集]


この項目「笠松町」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)