筑豊本線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「筑豊本線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「筑豊本線」の項目を執筆しています。
典型的な筑豊本線の駅
最盛期の筑豊本線(遠賀川橋梁にて撮影)

筑豊本線(ちくほうほんせん)とは、福岡県北九州市若松区若松駅と同県筑紫野市原田駅を結ぶ路線。路線名に「本線」と付いているが地方交通線である。筑豊地区うんたんの衰勢に、運命を共にしている路線である。

概要[編集]

筑豊本線は、福岡県北九州市若松区若松駅と同県筑紫野市原田駅を結ぶ路線である。昔から、うんたんで隆盛を誇ったが、その後、相次ぐ炭鉱の閉山により一気に衰退していった。しかし、地元飯塚市出身の麻生太郎その他もろもろが絡んだ大人の事情により、現在は、折尾桂川が電化されている。

歴史[編集]

明治時代、うんたんを目的として作られたのが始まりである。最初は、博多駅を目指す予定であったが、当時筑豊地方と福岡市は激しく対立しており、結局筑豊本線は、博多駅を通らず、直接、福岡市の南方に抜けることになった。しかし、そのため筑豊本線は篠栗線開通まで、福岡市在住の住民を客として獲得できずかなり寂れてしまったのである。その後篠栗線が開通したものの、炭鉱の閉山により筑豊地方の人口が減少し、乗客が少なくなっていて廃止になりかけたところ、麻生太郎の力により、廃止を免れるどころか、篠栗線と合わせて電化されるということになった。なお、この際電化された、折尾桂川と、篠栗線をあわせて、「福北ゆたか線」と呼ぶようになったが、これを、パソコンが一発で変換してくれないため、パソコンの利用者には、すこぶる評判の悪い路線となってしまった。

エピソード[編集]

  • 筑豊本線からは、昔いくつもの路線が分岐していたものの、ほとんどが廃止され禿同然である。
  • 折尾駅で鹿児島本線立体交差しているが、これは日本で初めての立体交差である。しかし、このことがあまり知られていないのは、筑豊本線がしゃばりじゃないせいである。現在は関東が多いが、関東の鉄道軍団がでしゃばりであるため、まさか折尾駅がお初とは思わなかったとのこと。
  • この路線にはかつてシャア専用列車が運行されていた。
  • 紅い快速なる真紅専用列車もあったとかなかったとか。ただ、ディーゼルの響きでうるさく、「電気にしろ」と嫌われたためか大分へ夜逃げしやがった。しかし、大分では人気者なのか、2006年に子供を出産。


車両[編集]

若松線[編集]

BEC819系

非電化区間を蓄電池に溜めた電気で走るという次世代型車両。実際は若松線の電化が面倒だっただけである。いろんな意味で赤が似合うJR九州に青い塗装は違和感がすごい。たまに博多方面に迷い込む。

福北ゆたか線[編集]

783系
787系

準急かいおうで使われる。特急とも言われるが、実態は所要時間もほとんど短縮できない、車両だけは贅沢なぼったくり電車である。

415系

たまーに鹿児島本線からやってくる、この路線では蚊帳の外状態のオンボロ。

813系

鹿児島本線のお古。塗装は赤から黒に変わった。いろんな意味で赤が似合うJR九州に黒い塗装は(ry筑豊本線内1駅しか通過しないマジモンの隔駅停車によく使われる。

817系

特記に困る車両…あ、たまにBEC819と連結するよ。

原田線[編集]

キハ31
キハ40

ここは電車は走らない。走る気すらない。

沿線[編集]

若松駅~折尾駅(若松線)

非電化なのに複線。これもうんたん時代の名残である。北九州市の中でも、洞海湾を挟んで小倉と反対側なので、小倉に行くには車限定の若戸大橋若戸トンネルを使うしかない。そのため乗客は鉄ヲタばっかり。つい最近までキハがのんびり走ってたのに、蓄電池式電車とやらが導入され、雰囲気が一変してしまった。ほとんどこの区間で折り返しだが、車庫の出入りのために直方までいくものもある。

折尾駅~直方駅(福北ゆたか線)

最もうんたんで栄えた区間。しかし現在はその廃墟があるだけのド田舎鹿児島本線黒崎駅までいくやつもあるが、折尾駅で鹿児島本線に見捨てられた鷹見口とやらに着くので、不便。最近では工事が進み、鹿児島本線の所に全てのホームをまとめるという計画が進んでいる。しかし、線路の移動が大胆なので、線路切替にはかなりの期間を要するものと見られる。また、この区間では筑豊電鉄が並走していて、バトルしている。ちなみに、ちくてつの親会社は西鉄帝国。ちくてつの直方駅はへいちくやJR、市街地と離れているので、JRの圧勝。

直方駅~桂川駅(福北ゆたか線)

現在この区間は、もはや篠栗線と一体化している。新飯塚駅謎のノンストップ快速があるローカル線と分岐。飯塚駅を過ぎると単線になるが、誰も気づかないなお、快速は1駅しか通過しない。

桂川駅~原田駅(原田線)

この区間はいろんな意味で少ない路線。具体的には、本数、利用者、車両が(ry山を登るため、急勾配がすごい。列車の空転は日常茶飯事である。

関連項目[編集]