出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ジャパン・カルチャー・ラボ(英:JAPAN CULTURE LAB。以下、JCL)による(はし、英:chopsticks)の研究結果です。

―――――――こちらはJCLです。このビデオは日本文化について、我々JLCが独自の調査・推測に基づき、実際の映像に再現フィルムを交えてまとめたものです。みなさん、こちらはJLCです。

研究内容は以下の通りです。

[編集]

日本人には箸使いの上手な外国人に好感を持つ傾向があるため、日本人がどのようにして箸を使っているかを調査した。JCLでは以下の様な研究結果が発表されている。

さす、はさむ、きる、まぜる、便利な食器であり、ナイフでもフォークでもない真直ぐな2本の棒。

それが、箸です。

日本での食事には必ず使われ、片方の手で2本使う。

素材は様々で、伝統的な製、鮮やかなプラスチック製、動物の骨でできた高級なものがあり、割り箸とよばれる木製の箸は殆どの飲食店でサービスされ、使う時は割って使う。

基本の割り方[編集]

  1. 細い方を下にして垂直に上から5分の3の部分を両手で持つ
  2. 指先に力を入れ左右に引く

※左右均等に角ごとに150g程度の力(どちらかに力が偏ると真直ぐに割れないので注意しましょう)

注意
割り箸を割る時は必ず脇を閉めること。
万一、脇が開いていると肘が当たり、国宝級の花瓶が割れる、隣の怖そうなお兄さんの顔面に肘鉄を食らわせる等、思わぬ事故に見舞われる場合があります。

上級者の割り方[編集]

仕事人(英:SHIGOTONIN)
  1. 口で2本のうち片方を挟む。
  2. 片手でもう片方を引く。
オカマ割り(英:Gay Pride)
基本の割り方の上下を反転させる。
空手(英:KARATE)
  1. 太い方を下にする。
  2. 割れているほうに片手を差し込む。
  3. 差し込んだ手を垂直に下ろす。
※注意
そげが刺さり激痛を伴いながらの食事となる可能性があるが、日本割り箸協会及び日本割り箸連盟に加入している割り箸業者は、一切の責任を負わないものとしている為、実践する場合は自己責任において十分に注意した上ですること。
ダイナマイト(英:Dynamite)
上記、「空手」の差し込む手をもう一膳の割り箸に変更するだけ。
とも割り(英:Share the Love)
※同伴者がいる場合にのみ可能
  1. 片手に自分の割り箸の片方を持つ
  2. もう片方の手に相手の持っている割り箸を持つ
  3. 同時に同じ力で引き合う
イッツ ア スモールワールド(英:It's a Small World)
とも割りを横並びで、かつ大多数の人間で行う。

持ち方[編集]

レギュラー(英:Regular)
大多数の日本人が持っている持ち方で、漆塗りとよばれる天然成分によるペイントが施された
滑りやすい高級箸で乾燥状態の小豆を30cm以上はなされた器と器の間を1分以内にいくら移せるかで、日本の小学校教育を受ける権利が左右される。
国際スタイル(英:International Style)
レギュラーのような片手で持つことが難しい場合の持ち方
ナイフとフォークのように両手で使う。
男持ち(英:Masculine Grip)
男性らしさをアピールする場合の持ち方
片手で2本を握り締めるだけ。
食べ物はそのまま突き刺して食べる。
富士山(英:Mount Fuji)
日本らしさを楽しむ風情のある持ち方
箸を人差し指から薬指までにのせ、箸の両端を親指と小指で押さえる。
大名(英:Daimyo)
贅沢な気分を味わいたい場合の持ち方
割らずに2膳を使い、所作はレギュラーに準じる。
フェニックス(英:Phoenix)
空を駆ける不死鳥のように躍動感が溢れる持ち方
銀河(英:Galaxy)
壮大なスケールで人々を圧倒させる持ち方。
箸の中心にブラックホールを配置することを忘れないこと。
思いやり(英:Human Kindness)
日本人の「思いやり」を体現した持ち方。
より多くの人が箸を使えるよう、本来セットになっている2本のうち1本のみを使う。
初恋(英:First Love)
食べ物が初恋の味になる持ち方。
人によって味が違うが、多くの人は「甘酸っぱくほろ苦い後味」という。
筆者が試したところ、ただの激苦であった。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。