簡易裁判所

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

簡易裁判所(かんいさいばんしょ、Instant Court)とは、さしたる重要性が無いどうでもいい民事事件や刑事事件を迅速・簡易に処理するための日本の裁判所

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「簡易裁判所」の項目を執筆しています。

概要[編集]

簡易裁判所

世の中で発生する事件や事故、争いごとのほとんどは正直言ってどうでもいいものである。当事者も処理が面倒臭くてうんざりした思いをしている場合が多い。そんな事件の数々をさっさと始末してしまおうという趣旨で作られたのが簡易裁判所である。

歴史[編集]

社会の発達や高度経済成長により、民事事件・刑事事件ともに件数が増えてきたのだが、事件の件数が増えすぎたためにどこの裁判所も多くの事件を抱え込み、裁判には膨大な時間がかかるようになった。また裁判は何かと手間が多いので多少のもめ事では気軽に「訴えてやる」とも言えない状況になりつつあった。そんな諸問題を解決するために作られたのが簡易裁判所である。

人員[編集]

簡易裁判所の裁判官は、「簡易裁判所判事」の職位を与えられた臨時雇いの国家公務員である。司法試験合格などの資格は全く不要であり、ほとんどは近所の大学法学部の学生が小遣い稼ぎのアルバイトとして就任している。簡易裁判所では下記のような事件処理方法を採用しているため、簡易裁判所判事に専門的な知識や経験は特に必要ないようになっている。

裁判[編集]

簡易裁判所では民事事件・刑事事件の違いにより、下に列挙するような方法で事件を処理している。

刑事事件[編集]

判事が十円玉をコイントスする。表が出れば被告人は無罪、裏が出た場合は有罪となる。被告人の有罪が決まった場合には、刑罰はルーレットで決定する。ルーレットには「三百円」「五万円」「百万円」「一億円」などの罰金の金額が書かれているので、当たった額の罰金を納付しなければならない。

民事事件[編集]

原告と被告が対面して立ち、判事の言う「じゃんけんぽん」のかけ声に合わせて、じゃんけんをする。勝ち負けが起きた場合はそのまま勝訴・敗訴が確定する。あいこの場合は「調停」となるが、調停が不成立の場合、再度じゃんけんのやり直しとなる。

関連項目[編集]