簿記

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「簿記」の項目を執筆しています。

簿記(ぼき)とは、その名前が示すとおりを薄く記す技術のことである。ワープロコンピュータの普及に伴い、だれでも薄い色の字で記された書類を作成できるようになったため、かつてほど専門技術として社会的に必要とされているわけではないが、今なお熱心な愛好者がいることで知られる、伝統芸能のひとつである。

歴史[編集]

室町時代、商人の八折 流嘉(はちおり るか 1445年 - 1517年)が考案。彼の考案した八折式簿記は、現代の簿記五大流派すべての祖と言われている。

余談ではあるが、日本語の「簿記」の音を拝借して、英語の「Bocking」「Bock Keeping」という言葉が生まれた。意味は、「予約する」「予約をキャンセルしない」である。

必要性[編集]

あまり知られたくないこと、おおっぴらにできないことを記すのに用いられる。一般企業において事務の仕事に就くには必須の能力であるといわれていた(前述のように、現代においてはさほどでもない)。

分類[編集]

毛筆簿記[編集]

八折式簿記が生まれたころから連綿と続いている簿記の形態である。現在ではより簡便で各々の創造性に注力できる方法も考案されているが、伝統的な方法は以下の通りである。

  1. 書具一式を用意する。
  2. 墨を硯で磨ぐ。このとき通常の半分以下の労力で磨ぐことが重要である。
  3. 紙を広げ、文鎮で留める。
  4. 毛筆を持つ。
  5. 字を薄く書く。

近代的な筆記具での簿記が主流になった現在でも、死者との金銭の授受を行う際はこの方法で簿記を行うことが望ましい。

鉛筆簿記[編集]

もっとも広く用いられている形態の簿記である。

  1. 鉛筆を用意する。鉛筆はHになればなるほど硬くなる性質があるため(この性質を簿記という)、なるたけ硬いものを選ぶ。
  2. 鉛筆を持つ。
  3. 字を薄く書く。

ペン簿記[編集]

鉛筆簿記に比べ、インクを使用するため難易度は高い。

  1. ペンと紙を用意する。なるたけ、使い古してもうインクがないものを選ぶ。
  2. ペンを持つ。
  3. 字を薄く書く。

スプレー簿記[編集]

  1. スプレーを用意する。なるたけ、人目につかない場所を選ぶ。
  2. スプレーを持つ。
  3. 芸術作品を薄く書く。

スプレー簿記は深夜に行うのが望ましい。なお、一般に行われるスプレー芸術は、濃く激しく書くことを至上命題としているため、それと混同してはならない。あくまで簿記である。

複式簿記[編集]

簿記が始められた当初は、片手に筆記用具を持って、字を薄く書く単式簿記が行われていた。だが、芸術性の観点からこの単式簿記は単調で退屈である、誰にでも出来るのでつまらない等の批判を受けた。この批判を克服するため、両手に筆記用具を持って字を薄く書く複式簿記が誕生した。複式簿記の利点は両手で作業するため、これまでの二倍の効率で作業が進むという点である。現代の大企業では複式簿記が採用されている。

検定[編集]

簿記能力検定は、毎月7日に全国650箇所の簿記教室で行われている。

関連項目[編集]


執筆の途中です 投稿者のあほどもえ
簿記」のだいじななぶぶんはあづかった。このきじを加筆・訂正しろ。しなければ、怪人21面相が飲んどる青酸ソーダいれたる。    (Portal:スタブ)