精霊使いの剣舞

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「精霊使い」の項目を執筆しています。

精霊使いの剣舞(せいれいつかいのけんぶ)は中途半端で終了した漫画精霊使いの小説版である…たぶん。

この記事は本作を読んだことのない執筆者が妄想で書いてます。
この記事の内容を鵜呑みにして知ったかぶって親族・知人などにひけらかしたりすると大恥をかかれると思いますが一切責任は負えませんのでその点はご容赦ください。

概要[編集]

漫画版精霊使いは作者の体調不良のためラスボスとの血戦直前で未完で終了してしまった。漫画版で描かれなかったラスボス戦~エピローグを補完するために本作の執筆が始まった。ただ昨今のラノベらしく主人公がムダにモテたり等の改変がなされている。

あらすじ[編集]

ごく普通の高校生覚羅(かぐら)幼馴染同級生麻美(あさみ)に片思いをしていた。でも麻美は「強い男が好き」といって覚羅なんか眼中になかった。覚羅は麻美に振り向いてもらうために自分を鍛え上げていくのだった。そのひたむきさと守ってあげたい系の容姿から覚羅に意外なモテ期が到来する。
覚羅のモテモテ高校生活は突如として終了した。地水火風の属性に分かれて覇権を争う精剣戦争が始まったのだ。精剣戦争に無関係の人々は冬眠状態になり、世界は精霊使い達の剣が舞った。いまだ片思いの麻美を水が属の長支葵(しき)に奪われた覚羅は地が属に身を投じ精剣戦争を終結させるため、麻美を取り戻すために戦うのだった。そして母性本能に目覚めた地が属の女性精霊使い達に傅かれながら、覚羅は最強の精霊使いエーテルの精霊使いとして覚醒し始める。
最強の精剣エーテルの精剣を手にし名実ともに最強の精霊使いとなった覚羅は闇を生み出し世界の調和を乱す鞘継(さやつぐ)との最終決戦に赴く。すべての精霊が調和した黄金律の世界を取り戻すために…

用語[編集]

精霊
自然界の各種物質に宿る意思…ようするに小人さんである。
精霊使い
精霊と契約して魔法の力を使える人たち。ただし契約できる精霊は一人につき一種類。ただし覚羅は万物の構成元素の精霊と契約しているのでいろんな魔法が使える。
精剣戦争
太古の昔に存在したとされる理想郷を取り戻すための戦争。真の勇者が聖剣を手にしたとき理想郷の姿が垣間見えるという。
増殖者(ディーパ)
精霊使いの力を引き出し増幅する能力を持つ人間。常時発動している。
榾芯(ホーン)
精霊使いが魔法の力を使うときに体のどこかから生えてくる。普通は背中だが人によっては肩だったり顎だったりヤバイとこだったりする。

主な登場人物[編集]

地が属[編集]

マグネシウムの精霊使いとかナトリウムの精霊使いとか無駄に人数が多いが戦力にならない雑魚が多いグループ。

覚羅(かぐら)
万物の構成元素であるエーテルの精霊使い。契約しているのが万物の構成元素なのでほぼチート性能を誇る。甘えん坊だったり頼りになったりならなかったり、場面によってコロコロ性格が変わる。
鯉邑(こいむら)
地が属の長代理。鋼の精霊使いで頑固な職人系じーさん。ていうか刀匠。娘とのイザコザを解消してくれた覚羅に最強の精剣を作ってあげた。
露羽(つゆは)
木の精霊使い。覚羅の保護者役を自称する甘やかし系お姉さん。でも覚羅にお風呂を覗かれて怒ったりする。
比冴(ひさえ)
白金の精霊使い。覚羅に父鯉邑との確執を取り持ってもらったため覚羅にベタボレ中。覚羅に入浴シーンを見られても堂々と裸をさらしてくれるほど。

水が属[編集]

とか水滴とか変化球な精霊使いを抱えるグループ。寝返り組もいる。

支葵(しき)
LOVEのヤバイ人。これでも水が属の長。娘を鞘継にさらわれてパニクったあげく精剣戦争を勃発させ、ついでに高校生の麻美をさらった犯罪者
秋桜久(しおひさ)
支葵の娘で増殖者。「パパが最近変な目で見る。」と鞘継に相談したら鞘継に保護の名目で誘拐された幼女
黒竜(こくりゅう)
雷の精霊使いで風が属から寝返ってきた。地が属を奇襲した卑怯者。「卑怯?なにそれ美味しいの?」と覚羅に言ったら滅茶苦茶怒られて契約している精霊を全部持っていかれた。
雫(しずく)
の精霊使い。秋桜久LOVEすぎてちょっとイッちゃってたキャラ。「娘さんを僕に下さい。」と支葵に言ったらコテンパンにされたので地が属に寝返った。

火が属[編集]

戦争大好き、喧嘩大好きな武闘派グループ。

瑣衣(さい)
人呼んで爆炎の支配者。三度の飯より喧嘩好きな関西弁の危険人物。こんなのが火が属の長。生身でロケットパンチブレストファイヤーが撃てる。
千燁(ちあき)
瑣衣の増殖者でお守り役。ついでにツッコミ役。ツッコミ用のハリセンを常備している。

風が属[編集]

漫画版ではまったくもって物語に絡んでこないグループだった。ラノベ版ではどんな扱いになるやら…

涼恣絽(すずしろ)
漁夫の利を狙っているように見えるが、何を考えているか全くわからないキャラ。出番もほとんどない。

その他[編集]

麻美(あさみ)
「強い男が好き。」とノコノコ支葵について行ったら増殖者であることが発覚。拘束されて放置プレイをくらってしまった。
鞘継(さやつぐ)
闇を生み出す存在。いわゆる闇の大魔王。理想郷が消え去ったのはこの男のせいらしい。勇者との戦いに備え「秋桜久」、「千燁」、「麻美」3人の増殖者のエネルギーを吸い込んでいる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「精霊使いの剣舞」の項目を執筆しています。