寄生本線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は紀勢本線だから。君は間違っていないよ。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「紀勢本線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「紀勢本線」の項目を執筆しています。

寄生本線とは、紀伊国(和歌山県)と伊勢国(三重県)を超遠回りに結ぶ路線である。遠回り過ぎて本数少ないしその上誰も使わない。関西本線あれば済む話。特急列車のためにあり、普通列車は無いに等しい。

概要[編集]

阪和線の和歌山駅[1]から関西本線の亀山駅までを結ぶ路線。和歌山から新宮までがJR西日本、新宮から亀山がJR東海の管轄である。紀伊半島の海岸線をゆっくり走っている。観光路線に最適...と思いきや名古屋から出た場合でも大阪から出た場合でも観光なんかしてたらその日中に戻ってこられない。つまり無駄。

種別[編集]

紀勢本線には特急と快速と普通があるが、普通は全然普通に走らない。本数が少なくて使えない。JR西日本でもである。東海に倣って「新幹線をお使いください」ならぬ「特急をお使いください」運動を始めたものと思われる。[2]

特急くろしお
遅れる可能性が高いのにわざわざ阪和線から来る際の一般的なルート。オーシャンアローという謎な名前の特急があったが粛清された。最近JR西日本により新型車両が導入されたが、こうのとりとかに使われるのと同じ汎用特急車両で、JR西日本がこの路線を観光路線と思わなくなったことがわかる。 前の車両に比べて格段にランクがダウンしている。まあただ旧式は揺れまくってゲロしおとまで言われるほどだったのでどちらがいいか一概には言えない。
特急ワイドビュー南紀
名古屋からくる場合の一般的ルート。眺めは新型車両のくろしおより良い。ディーゼルカーの割に静かなのがいい。当たり前のように伊勢鉄道に入り、伊勢鉄道内の特急料金も加算される。
快速みえ
名古屋から鳥羽(紀勢本線は多気)までを素早く結ぶ。が、途中でショートカットに伊勢鉄道を使うため、快速のくせに追加料金が発生する。あとディーゼルカーだからかなり五月蝿い。
普通
どこが普通だ!

沿線の様子[編集]

亀山〜津
優等列車が全て伊勢鉄道経由でかっ飛ばすため誰も気にしない。
津〜多気
普通列車がほぼ全て参宮線直通で新宮まで行くのは本当にわずか。多気より先に行く普通のうち参宮線直通の伊勢市、鳥羽行きが1日に15本に対し新宮行きはわずか5本。もうどうせなら亀山〜多気も参宮線にしちまえ。ちなみに、多気から先和歌山まで紀勢本線が接続する路線はない。孤独な旅である。
多気〜新宮
最大の難関。上下線合わせて時刻表の片側に収まるほどの少なさ。多気からの新宮行きは1日8本、新宮からの多気行きは1日6本。2時間待ちや3時間待ちなんてザラである。
新宮〜紀伊田辺
難関抜けたと思うだろ?抜けてないんだこれが。特急と普通の走る本数が同じという狂ったようなダイヤが待っている。
紀伊田辺〜和歌山
ようやく比較的ちゃんとしてる。でも和歌山から先は魔の阪和線である。あくまで比較的である。

紀勢本線の使いづらさ[編集]

ここでは、いかにこの路線が超遠回りで特急列車のためにあるかをを実際のルートを出して説明しようと思う。

ルート1 大阪駅から出発して紀伊半島を一周して大阪駅に戻る場合
9:08(土休日は9:09)大阪発→10:44和歌山着→10:48和歌山発→11:48御坊着→11:51御坊発→12:41紀伊田辺着→13:10紀伊田辺発→15:56新宮着→16:13新宮発→19:20多気着→20:18多気発→21:10亀山着→21:14亀山発→21:43柘植着→21:45柘植発→22:30草津着→22:46草津発→23:38(土休日は23:37)大阪着

見るのもめんどくさくなるレベルである。利用した列車9本、所要時間14時間30分。当然観光なんてする暇は無い。それでも多気以外での乗り換え時間はおかしいほどスムーズ。ちなみに、これより早く大阪に戻ってくるためには、大阪駅6時16分発の列車に乗る必要がある!これより1本でも遅れると、紀伊田辺で3時間待ちになる。

ルート2 名古屋駅から出発して紀伊半島を一周して名古屋駅に戻る場合
7:04(土休日は7:43)名古屋発→(平日は8:19亀山着→8:23亀山発)→9:35(土休日は9:08)多気着→9:43分多気発→13:20新宮着→15:30新宮発→18:03紀伊田辺着→18:18紀伊田辺発→19:08御坊着→19:10御坊発→20:12和歌山着→21:20和歌山発→22:26天王寺着→22:39(土休日は22:35)天王寺発→23:01(土休日は22:56)大阪着→23:10大阪発→1:06米原着→6:07米原発→7:14名古屋着

・・・その日中に帰って来られない。ちなみに米原からなら土休日に限り帰って来れる。利用した列車10本(土休日は9本)、所要時間24時間10分。ちなみに、名古屋で一本遅れると4時間後の列車に乗っても新宮着は同じ時間。

この二つのルートを見ればわかるように、紀勢本線は普通列車の利用を目的とされていない。18きっぱーはお断りである。

寄生本線[編集]

タイトルにもあるように、紀勢本線は寄生本線と揶揄される。猛烈な赤字のためである。Yahoo!知恵袋にも、こんな質問が出るほどの赤字と言える。営業係数とは、簡単に言えば100円稼ぐのに何円かかるかということで、369というのは、100円稼ぐのに369円かかるということである。赤字すぎねえか?もっとも、紀勢本線を寄生本線と言ってしまえば、JR東海の大半の路線は東海道新幹線の黒字に寄生しているのだが。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 実際は和歌山市駅からで、和歌山駅から和歌山市駅までは南海の管轄だが、そんな細かいことを気にするのは頭の固いウィキペディアンだけである。
  2. ^ 本家のJR東海は快速みえを走らせているが。