紅美鈴

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
紅美鈴
紅美鈴.jpg
基本資料
本名 紅美鈴 
通り名 色鮮やかに虹色な門番 
身体情報 巨乳、美脚 
職業 門番 
好物 昼寝 
嫌物 ナイフ 
出没場所 幻想郷 
所属 紅魔館
親戚等

紅美鈴(Hóng Měi-ling)とは、紅魔館の番犬である。

テーマ曲は『上海紅茶館 ~ Chinese Tea』と『明治十七年の上海アリス

紅美鈴の特徴[編集]

東方紅魔郷ステージ3面の中ボス、およびボスキャラ。同作の舞台ともなる紅魔館の門番をしているだけの、チャイナドレスを着た普通の妖怪。妖怪といっても「門の呼び鈴妖怪」なのかどうかは検閲により削除

西洋風のイメージのご主人様の住む紅魔館の門番を務めているために、舞台に合わないんじゃないかと思うかもしれないが、彼女が登場しているゲームは東方Projectなので寧ろこちらが似合っているとも言える。

その中華風の外見らしく、武術を得意としており、幾重にも修行を積み重ねてきた人間でも勝つことの出来ないほどの実力を持っている。だが、悲惨なことに彼女が登場するゲームは弾幕シューティングゲームなので、初登場となる東方紅魔郷ではその武術を披露することが全くなかったのである。

その後、格ゲーである東方萃夢想が出るようになり、やっとか本領が発揮できるのかと思ったが、まさかの隠しキャラであり、彼女専用のストーリーが無しの出演という扱いを受けた。さらに次なる格ゲーではベンチでお留守番という、前作よりもさらに悲惨な立場に犯されており、東方非想天則にて、やっとかストーリー付きで出演出来たのである。病弱な魔法使いは最初から登場しているというのに…

紅美鈴の出自[編集]

雨に濡れて震えていたところをレミリアがどこからともなく拾って来たのをキッカケに、紅魔館で飼われることとなる。レミリア曰く「紅い毛並みがかわいいから」との事で、たいそうお気に入りであったが、既に紅魔館に飼われていた咲夜さんはそれが妬ましくて仕方がなかった。そこで「新参者には首輪をつけるべきです。また、不審な動向がないか警戒するためにも、鈴をつけておくべきです」と進言したため、飼われてからしばらくは首輪に鈴をつけて過ごす事となる。そこから「紅くてかわいい鈴」が転じて「紅美鈴」と名づけられたのであった。

紅美鈴の名称[編集]

が、お嬢様の舶来趣味によって紅美鈴などと気取った名前をつけてみたはいいものの、ピンインが難しいために誰一人としてまともに発音できない[1]ばかりか、大の中国嫌い[要出典]である咲夜にいたっては当初から本名で呼んでやる気などさらさらなく[2]、最初は「シナ公」「チャンコロ」と呼んではばからなかったが、流石にはしたないと思ってか「中国」と呼ぶに留めている。そして他のみんなはいわゆるジャイニーズ(Jhainese、日本語なまりの中国語)で「ホン メーリン」と呼んであげているのであった。ちなみにあのスコアゲームに3文字しか名前が入力できなかったからZUNと入力した創造神にさえ名前を忘れられていたこともあるので、まったくもって不憫である。ただし、名前ネタでやり過ぎないように気をつけよう。

紅美鈴の生活[編集]

その後、みんな[3]と打ち解けた美鈴は、紅魔館の門番として日々その使命を果たすべく頑張っているのであった。しかし、早寝早起きは結構なのであるが、紅魔館は基本的に日没から日の出までがいわゆるディタイム(日中)であり、起きていてくれないと役に立たないのであるが、そんな事を言われても生活サイクルを変えることもできないまま、律儀にみんなが寝静まる朝から夕方まで、門番業務に励むのであった。以下はとある一日の回想である。

06:00
起床。なんだか紅い霧が漂っているが気にせず日課である太極拳の稽古に励む。
07:30
朝食。気持ちのいいをかいた後に食べるご飯は最高に美味である。幸せなひととき。
08:45
門番業務開始。今日も一日不審者をシャットアウトすべく頑張ることを心に誓う。
08:47
あれ……?何だか眠くなって……Zzz
09:03
メイド長に怒られた……ような気がしたが、きっとだろう。どうやらナイフが刺さっているみたいだが、そんなの関係ない
10:48
あれ、何かカラス天狗らしき人影が飛んできたような……気のせいだろう。きっと。
11:03
またメイド長に怒られ……たのかな?まあいいか。きっとあの日でイライラしているせいだろうし、そっとして置こう。うんうん、私って大人だなぁ。
13:14
ふぇっ?!……寝てません。私、寝てませんでしたよ?
13:17
あわてて厨房にかけつけたものの、ご飯は片づけられていた。メイド長も怒っているみたいだけど、どうしてだろう。
13:24
仕方なく門番業務に戻る。あぁ、お腹が空いて力が出ない
14:56
どんどん意識が遠のいて行く。
15:03
何か刺さったみたいだけど、反応する気力もない。
16:45
気がついたら、介抱されていた。さっきまで怒っていたメイド長がすごく優しい。そしてご飯も美味しい。
17:38
お嬢様やパチュリー、小悪魔もお見舞いに来てくれて、とっても幸せな気分。今日もいろいろあったけど、明日も一日、頑張……Zzz

紅美鈴の能力[編集]

気を使う程度の能力
空気を読むとか気配りといった意味ではなく、武術的な意味において「気を使う」のであるが、飛び道具は使えない。また、日ごろの適当ぶり(業務的な意味で)によって周囲の人々に「気を遣わせる」能力も有している模様。力強い門番でも居眠りをしている時は「戦闘力たったの5…ゴミめ」みたいな状態に陥る可能性があるのである。
居眠りをする程度の能力
椅子に座っていても、立ったままでも居眠りができる。眠っていても、門番の仕事をこなすあたり、流石である[要出典]。それでも、メイド長みたいに完全で瀟洒ではないのである。紅魔館の図書館へ行き、本を盗む永久に借りていく魔理沙を通すという失態を頻繁に起こし、紅魔館の面々(主に本を盗られるパチュリーや、魔理沙が侵入する際に窓を割って入るため、その後始末をするメイド長)の反感を買って、“よく”お仕置きされる。つまり、XXXXXをされるのである。ちなみに、寝ようと思ってから寝るまでの早さは一説によると0.94秒であり、某少年に0.01秒及ばない。

紅美鈴の二次設定[編集]

カップリングでは咲夜さんとの絡みが多いように見受けられる。ただし、能力の項で述べたように大抵は咲夜さんが美鈴をお仕置きすることからか、咲夜さんがS気質で美鈴がM気質なことが多い。実際の紅魔館でもそうなのであろう。

次に絡みが多いのはフランである。この場合は、美鈴がフランの保護者的な立ち位置にいることが多い。それでも彼女はドキドキしながら面倒を見ているのだろう。フランが不機嫌になって暴れだしたら、美鈴は検閲により削除な姿になっていることだろう…。

公式設定があるわけではないが、巨乳で描かれることが多い。チャイナドレスが似合うというと、巨乳で美脚であるという妄想の産物イメージが定着してしまっているのだろうか。

逆に「人を喰う妖怪」という公式設定はもはや空気になりつつあり、単なるのんきな格闘少女として定着してきている。

紅美鈴の脚注[編集]

  1. ^ 紅魔館随一の博識であったパチュリーも知識ばかりで、実際に発音する事は出来なかった。
  2. ^ あの完璧で瀟洒な従者である咲夜が、人の名前を覚えられないなどある訳ないのである。実は一人だけ発音だってバッチリである。
  3. ^ もちろん咲夜も含むが、仕事について妥協してもらえないのはしょうがないのである。

紅美鈴の関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「紅美鈴」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「紅美鈴」の項目を執筆してくれています。