純文学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「純文学」の項目を執筆しています。
「文学は魔法も使えないの。不便ねえ」
純文学 について、東浩紀+桜坂洋著『キャラクターズ』

純文学(じゅんぶんがく)とは、言葉通りに取るなら純情な文学のことである。

概要[編集]

純文学という言葉自体が日本独自のものであり、海外にはこれに変わる文字はない。原因はフリーセックスの氾濫など性の乱れによることが大きい。

純文学を書くには、童貞もしくは処女であることが必須である。谷崎潤一郎川端康成は純文学の作品作った時に既にヤリまくってたような気がするが誰も気にしない島崎藤村に至っては姪っ子と近親相姦をヤッていたような気がするがそんなことはどうでもいい。

既に性交を済ませた作家によるエンターテイメントに富んだ小説を「体臭小説」と括って、純文学とは差別しようとした。これらから売れない童貞(処女)作家が「自分は純文学を書いているんだ。他の奴らとは違うんだ。あー臭い臭い。何かあいつらの小説臭くない?」という選民思想で純文学はなりたっている。そして彼らによる作品を処女作と呼んで崇める。

日本においては私小説=純文学とも言われたりもする。私小説というジャンル自体が日本独自のものである。この場合の私小説においては童貞、処女の立場から恋愛を描いた純情な文学が多く、『伊豆の踊子』や処女の体に拘った『潮騒』などはその典型である。私小説とは私的な小説という言葉からも分かる通りオナニーの色彩が強くイカ臭い。なぜかくも汚くイカ臭いものが文壇で高い評価を得るのか、それは日本の文壇における最大の謎となっている。

逆に性交を済ませた作家が書いた、ストーリーラインのはっきりした、エンターテイメントに富んだ小説は低級なものと見なされる傾向にある。そのため作家達、特に女性は自分達が中古でないことを作中で必死にアピールする。しかし、これは日本だけで通用する観点である。それは日本の純文学が世界的には通用していないことからも明らかであろう。西洋においてはセックスの経験の有無はそれほど問われないからである。アーネスト・ヘミングウェイは4回も結婚しており、不倫も混ぜると枚挙に暇がないが、彼がノーベル文学賞を受賞した老人と海を執筆したのは最晩年である。

川端康成三島由紀夫谷崎潤一郎などの小説は世界で通用したが、これは「童貞野郎をからかってやるか!」という日本人への偏見による所が大きい。オタクの奇行が海外で笑い者にされているのと同じである。日本人としては恥ずべきことであり、彼らの作品などよりも安部公房の作品の方が本当に日本を代表する文学なんだということを海外に知らせるべきである。

近年では純情であるという価値観は、文学よりもむしろ漫画やアニメにおいて追求されるようになってきている。文学に詳しい人間は相当悔しい思いをしているという。三島由紀夫や川端康成が生きていたならば、『きまぐれオレンジロード』や『ラブひな』『ネギま』『いちご100%』などを読み耽っていたであろう。自殺したのは不運としか言いようがない。

関連項目[編集]