素猫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

素猫(すねこ、学名 : sketch catus)とは、日本福井県を原産とするネコ目に属する愉快な小型の肉食獣である。イエネコと類似するが、繁殖力や身体的特徴が異なることから、別の種類とされる。主に美術室などで画板やクロッキー帳で時間を潰す生徒のために育てられたネコが家畜化されたもので、ヤマネコの一種である。一匹あたりの繁殖力は大きく、100匹単位で行進するほど巨大なハーレムを作るケースがあるが、一方で一定規模以上には繁殖せず、日本国内では一部の美術高校において積極的な保護と繁殖が試みられている。

なお、家畜化されたネコであることから、イエネコと含め単に「ネコ」と呼ばれる場合もあるが、一般的に素猫と大型のネコ科動物は別のものとして扱われる。

起源[編集]

リビアヤマネコ(学名 :Felis silvestris lybica)から派生したネコ(学名:Felis silvestris catus)が、美術分野での飼育によりさらに分岐したものと考えられている。 一般的なイエネコに比較して、飼育が始まった時期は若干新しく、福井県の彩井古墳群(現在の彩井学園工業大学附属彩井高等学校)の石棺のなかから、素猫の描かれた画板が埴輪と共に出土しており、炭素測定から少なくとも7世紀後半には飼育されていたものと考えられる。

その後、福井県内でアレコレがあり絶滅したものと考えられていたが、2009年に彩井学園工業大学附属彩井高等学校の敷地内で一人の女子生徒が時間割を確認する際に偶然発見した。

身体的な特徴[編集]

イエネコよりもさらに小さく、体長は30cm~10cm程度とばらつきがある。体重はほとんどの場合で片手に乗る程度の重さである。美術品を傷つけないように脚に爪はなく、平坦な場所での生活に適した体つきとなっている。 イエネコとは異なり樹上生活は行わない。

頭部が大きく、体は台形で小さいことがイエネコとの大きな違いである。

顔と体のバランスの不均衡は典型的な幼形成熟であり、母性本能を激しく刺激することから、女性、特に眼鏡をかける天然娘などに強く愛玩される。

ヒゲ
ヒゲは一部退化し、顔の左右に通常2本、計4本である。額のヒゲは退化し存在しない。
尾はゼンマイのような形であり、イエネコと異なり、あまり感情表現には使用されない。これは平坦な場所で生活するため、イエネコのように尾でバランスをとる必要がないためと思われる。ただし、表現にまったく使わないというわけではなく、気分が良いときなどに揺らすなどしている。
目はイエネコよりも大きく、視力はよい。一方で瞳孔の調整ができないため暗闇での視力は弱いものと考えられる。まれに、眉毛を持つものもいるが、数は少ない。
逆三角形の形をしており、上あごが発達している。そのため、食べ物を噛むには不便である。これは美術品をむやみに傷つけないために改良されたためと見られる。
運動能力
基本的に水平移動であり、上下の運動は得意ではない。
鳴き声
日本では「にゃー」または「にゃあー」と表現される。甘える際や機嫌がよいと「にゃぁん」と鳴くこともある。

素猫に関することわざ[編集]

「素描より素猫がいい」
福井地方で使われることわざ。勉強よりも楽しい事のほうがよいという意味。

素猫に関する作品[編集]

101匹素猫大行進

2009年2月29日公開 ウォルトディズニースタジオ(配給:ブエナビスタ)
萌えアニメを嫌う政治家ノダセイコに誘拐された101匹の素猫の家族が、「黒のポスカラ」などの仲間達とともに脱出を目指す感動の物語。上演後はミュージカル化され劇団ノダミキにより各地で上演され好評を得た。

えがいてあそぼ!

2006年10月12日 第一回放送
2008年2月12日  第二回放送
きさらぎおねえさんと共に、「スネコ」という名前の茶色い素猫が登場する。番組内容は、「GA 芸術科アートデザインクラス」を元とした絵の描き方の紹介である。第一回と第二回の期間がものすごく空いたのはお察し下さい

関連事項[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「素猫」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「素猫」の記事を執筆しています。


「ごめんなさい、この記事、『素猫』は実は書きかけなんです。」「あー、とりあえず木炭と食パンは用意しておいたから。」「他に画材が必要なら言ってくれ。」「とにかく感性の赴くままに筆を走らせやがれ!」「ノダちゃんのかわいさが際立つように加筆してね!」 (Portal:スタブ)