経済界

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

経済界(けいざいかい)とは、この現世に連なる異世界のひとつ。お金の力を借りて行くことが可能。神の見えざる手が支配していると考えられていたが、現在は奥田御手洗といった亡者たちに牛耳られている。また、経済界と関連の深い異世界として、財界金融界とも)、政界法曹界などがある。

この世との関連性について [編集]

日本のみならず、世界中の企業が経済界と関連を持っている。特に大企業であるほど多額のマネーを供物に捧げることで経済界への門を開いているようだ。また、経済界には法律という厳しい掟があり、それを犯したものには厳しいペナルティが課せられるが、MP(マネーパワー)を消費することによりある程度は避けることが可能。なお経済界の複雑怪奇な情勢を現世に伝えるものとして日経新聞が有名である。

現在の経済界と企業軍の大まかな情勢[編集]

各企業軍は経済界にて熾烈な争いを繰り広げている。その企業軍の編成は、下から農奴兵、傭兵、そして軍団直属の正規兵の3種類に大別される。まず、最も身分の低い農奴兵は農作業のほか兵站や宿営地建設、武器の手入れ、その他雑用を担当させられる。戦場においても、最も危険な場所を受け持つことが多く、最悪の場合は企業軍からそのまま戦場で見捨てられることもある。

傭兵も基本的な役割は農奴兵と大して変わらない。農繁期などに一時的に雇い入れられることが多い。ときどき特殊な技能を持つものもおり、その中から正規兵へと取り上げられる場合もある。 正規兵は軍団直属の兵であり、軍の核となる部分だ。入団してから半年~一年の訓練期間を経て正式な軍団の一員に迎え入れられる。多くの軍団は戦場の近くに宿営地を持っており、正規兵は格安でそこに住む権利を与えられている。

企業軍は征服した土地から得られるMPを使ってこの軍団兵たちを養ったり新しい装備を整えて次の戦いへと備える。 MPは不慮の事故から身を守る守護精霊の加護をえるためにも必要だし、他にも財界、政界からの強力な召喚獣を使う際にも使うので、MPはいくらあっても足りない、といった感じである。

最近は軍団構成にも変化が見られるようになった。以前は正規兵中心の編成だったが、だんだんと農奴兵や傭兵の比重が大きくなってきている。これにくわえて、この世の彼方の海から企業軍がやってくるようになり、その脅威は日々増大してきている。

ゲームシステム[編集]

まず、MPを消費して法陣を発動、土地を確保することから全ては始まる。この初期MPは金融界からの召喚獣に頼むとタダでしてくれるが、後々返さなければならないのでできれば自分で準備することが望ましい。軍の規模が大きければ術式の発動でMPを集めることができるが、後々の行動に制限がかかることが多い。場合によってはその術式を維持するためにMPを消耗する羽目になる。

関連項目[編集]

Uporg659371.jpg 株式会社経済界は資本金が不足しています。
増資をしていただける投資家の方を募集しています。
(Portal:スタブ)