絶対音感

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

絶対音感(ぜったいおんかん)とは、ウィキペディアによれば  ある音(純音および楽音)を単独に聴いたときに、その音の高さ(音高)を記憶に基づいて絶対的に認識する能力とされている。しかし、世間一般での認識はこれとは異なる精神疾患の一種である。

症状[編集]

  • 特定の音階の音以外は許容できなくなる。
  • わずかでも外れた音程を聴くと七転八倒する。
  • 自身の音痴に絶望してうつだしのう。
  • 一緒にカラオケに行ってくれる人が減る。

他にもたくさんあるかも知れない。それだけに、とにかく怖い病気である。 強迫神経症の一種とも、中二病の一種とも考えられる。 聴覚過敏を絶対音感と考えていることもある。

治療法[編集]

絶対音感は不治の病と考えられている。ご愁傷様です。

なお、音楽教室や教本による正しい音感の訓練は症状が軽減するとか悪化するとか。

絶対音感の行動パターン[編集]

音に異常な拘りを持つ。科学的には認識できない噪音・ノイズの音高が分かってしまう。どんな音でも「ドレミ」の音声に波形が変換されてしまう。机を叩いて「この音は?」と聞かれると精神が不安定になる。

音痴を患っている芸人・有名人[編集]

Nemurineko.jpg この節を作成した奴は中身を書く気が無いなんてことだ!
どなたかユーモアとお時間のある方精一杯頑張ってください。
m(_ _)m ごめんなさい(Portal:スタブ)

脚注[編集]


関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「絶対音感」の項目を執筆しています。
Hatsune-miku.jpg この「絶対音感」はまだ初音ミクの調教が足りないせいか、巧く唄えていないみたいですこのページをみっくみくにして下さる方を求めています。 (Portal:スタブ)