総武線各駅停車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
総武本線 > 総武線各駅停車
中央本線 > 総武線各駅停車
曖昧さ回避
中央・総武緩行線」とは異なります。

総武線各駅停車(そうぶせんかくえきていしゃ)とは、ジェフユナイテッド千葉駅見たか!はっはっは~駅の間を東西に結ぶ、JR東日本の路線愛称である。中央・総武観光船を構成する路線の一つでもある。

なお、本文は以前、総武本線の記事に書かれたものだが、頭の固い辞典に載ってないと言う理由で削除された経緯がある。しかし、中央・総武観光船は名古屋とか塩尻の各駅停車も含まれており、総武本線の呼称は快速・千葉以遠がメインということで、総武線各駅停車そのものを扱った記事がないので、敢えて「総武線各駅停車」として本稿を執筆した。ご理解願いたい。

概要[編集]

東京の都心部と千葉を東西に貫く路線で、「中央・総武線」や「中央・総武緩行線」と呼ばれることもある。ただしそう呼ぶのは地方の人間や鉄道ヲタクがほとんどであり、一般には(JRの職員も含めて)「総武線」と称されている。また、東の末期色黄色い電車とも言われる。「中央・総武線」の表記がされるのは千葉駅を除いては全て御茶ノ水以西であることから、「中央・総武線」の「中央」とは早朝・深夜を走るあのオレンジ電車の各駅停車の事であろうことが推測される。ちなみに秋葉原より東側と中野駅では単に「総武線(各駅停車)」としか書かれてなく、公私ともに「総武線」が定着しているものとされる。

御茶ノ水以西は並行する中央快速線より本数は少ないが、例の杉並三駅のせいでラッシュ時でも相当空いているばかりか、通勤特快はおろかあのあずさ2号すら追い抜くことも珍しくないので、通勤サラリーマンを中心に大人気である。しかし御茶ノ水以東は総武快速線の本数が少ないこともあって常に混雑している。乗るときには時間に注意すること。

路線[編集]

三鷹から杉並三駅を経由し、中野で東京地下鉄東西線と袂を分かった後は新宿、市ヶ谷、御茶ノ水を経て秋葉原に至る。そこから大きなお友達を大量に載せて両国、小岩、平井といった下町の駅に停まりつつ総武快速線の停まらない西船橋にたどりつく。西船からは朝夕限定で先の中野から分かれた東西線と再び合流する。そこから多くの電車と東西線直通電車が力を尽きる津田沼を通り、幕張や新検見川を経て終点、千葉に到達する。

千葉から先はどうあがいても進めないが、三鷹と御茶ノ水では中央快速線と相互直通運転を行っている。総武線の電車は三鷹から武蔵小金井または立川まで乗り入れており、夜間を中心に千葉発立川行や武蔵小金井発千葉行といったエキサイトな行き先が見られることもあるので要チェックだ。反対に中央快速線からは三鷹~御茶ノ水間でオレンジの電車が「各駅停車」と黄色く種別表示して乗り入れてくる。ただしプライドが高い中央快速線からはアキバが嫌いなので、オレンジの電車が御茶ノ水以東に乗り入れることが無く、また「邪魔だから」という理由で黄色い電車は早朝と深夜に限り御茶ノ水止まりとなる。また先にもあげたように中野と西船橋で東京地下鉄東西線とも相互直通運転を行っている。

使用車両[編集]

E231系(0番台・500番台)209系500番台

前面の縁取りが銀色か白色かでしか見分けがつかない。なお、E231系は山手線で使われているようなテレビが搭載されている訳ではなく、209系同様LEDである。一時期中央線より先に新社が導入されたので優越感に浸っていたが、今後は中古しか入ってこないことが分かった瞬間愕然としたという。

…と、思いきや最近になって山手線からスマホに追い出されたE231-500のお古がやってきた。お古と言っても液晶テレビ付きで座席の色も違うので、これに乗れたらラッキーである。

E233系(0番台)

中央快速線用車両。早朝と深夜の東京駅発着列車に使用される。中央・総武線(各駅停車)での運行区間は三鷹~御茶ノ水間。

  1. 御茶ノ水から先は中央快速線に入り東京駅に向かう。
  2. 三鷹から先は中央快速線に入り武蔵小金井方面に向かう。

駅の一覧[編集]

三鷹駅 (JB-01)
(さんぷんかんまってやるえき)ムスカW・H団のリーダーの支配下にある駅。始発駅だけど毎時8本中4本は東西線直通電車なので、この区間の総武線は実質毎時4本しか使えない。ジブリの聖地、 三鷹の森ジブリ美術館がある。但し歩くと15分近く掛かる
吉祥寺駅 (JB-02)
(きちじょうじえき)総武線の始発があるわけでもなく、中央線の特別快速が止まるわけでもないのに、住みたい街NO.1に選ばれている不思議な駅である。ただし井の頭線は始発で使える。駅ビルが真・女神転生の聖地。
西荻窪駅 (JB-03)
(にしおぎくぼえき)ここから23区に入る。武士道シックスティーンの西荻さんはここの出身かもしれない。
荻窪駅 (JB-04)
(おぎくぼえき)地味なのになぜか丸ノ内線の始発駅であるので便利である。
阿佐ヶ谷駅 (JB-05)
(あさがやすぱいだーずえき)知る人ぞ知る有名劇団の所在駅。というかそれくらいしかめぼしいものはない。
高円寺駅 (JB-06)
(こうえんじえき)♪どこま~でものDQNソングでお馴染のアノ専門学校の最寄駅。高円宮の功績をたたえて平日に限り中央線も停車させることにした。聖地ではない。が、「いまもなお、日本のインド、高円寺」by みうらじゅん。
中野駅 (JB-07)
(はしるーはしるーおれーたーちのえき)市民ランナーだらけなのは難点だが、三鷹方面しかない3番線であっても「■総武線」と表記するという、なかなかの駅である。東西線の始発駅で、三鷹から行動を共にしてきた東西線直通電車はここで分かれる。サブカルの聖地、中野ブロードウェイがある。
東中野駅 (JB-08)
(ひがしなかのえき)東中野と言っても、中央大学(所在地:八王子市東中野)は近くない。ちなみにこの駅にはカーブがあり、過去に列車衝突事故が幾度もなく行われていた。このおかげで休車になった黄色い201系が最後まで生き残ることは後の話。
大久保駅 (JB-09)
(でーぶおおくぼえき)キムチの町。新大久保駅とはそんなに離れていないのに別駅扱いなのは永遠の謎。韓流の聖地。まあ細かいことを言えば新大久保なんだが。
新宿駅 (JB-10)
(しんじゅくえき)ヨドバシカメラがある駅。山手線と対面乗り換えできるので便利である。酒場の聖地ゲイの聖地がある。
代々木駅 (JB-11)
(ろうにんせいのえき)代々木は多くの面を持っており、いわゆる浪人生のメッカと呼ばれる。はなわは初めてここに来たとき佐々木といって笑われた。日本共産党の聖地でもある。
千駄ヶ谷駅 (JB-12)
(せんだがや!えき)まだまだ首都圏ですぞ。ということでここも中央線は停まらない。酒折から来る金髪碧眼の山姥はここで降りて、赤茶色のボロボロの建物に向かう。
信濃町駅 (JB-13)
(そうかがっかいのえき)しなのといっても長野には行けない。の巣窟。ここの燕はあっちこっちへ飛び回りはするが、南の方に飛び去ったまま帰ってこないということは無く、ここに概ね帰ってくる。公明党の本拠地。そして創価学会の聖地。
四ツ谷駅 (JB-14)
日本酒の聖地らしい。
市ヶ谷駅 (JB-15)
(いちがや!えき)別に名古屋に入ったわけでは無いのだが、このような東京チックじゃない駅はしばしば見られるぞよ。なので強制的に中央線では止まれないようにした。ガールズ&パンツァーゴールデンタイムの聖地かな?ちょっとした石垣がある立派な建物が近くにある。
飯田橋駅 (JB-16)
(りゅうねんぱらだいすのえき)五年制大学でお馴染の東京理科大学がある。かつては、中央線の幻の起点こと飯田町駅が近くにあった。靖国神社の最寄としても知られる。
水道橋駅 (JB-17)
(すいどうばしはかせえき)浅草キッドの玉袋筋太郎じゃない方がよく使う駅。阪神オタクにとっては発車メロディを聞くだけで不快になる、なお他チームファンはどうとも思わない。大男の聖地駅でもある。東京ドームで試合がある日は来てはいけない(所謂営業妨害)。
御茶ノ水駅 (JB-18)
(おちゃのみずはかせえき)残念ながらお茶の水女子大はここにはない。御茶ノ水と言う名前のなのに鉄腕アトムの発車メロディじゃないのは手抜きだろうか? 楽器の聖地。
秋葉原駅 (JB-19)
(テラカオスえき)マニア(又はオタク)の聖地。ディープな外国人にとっての日本の象徴的地域。
浅草橋駅 (JB-20)
(あさくさえき)都営地下鉄浅草線と交差。浅草駅と間違えるゆとりもいるらしい。ビーズの聖地。
両国駅 (JB-21)
(おおずもうえき)かつて、房総方面の列車の出発点として大いに賑わったが、新聞輸送列車もこなくなり今は各停だけ…周辺にはちゃんこ鍋屋がいっぱい。次は錦糸町。大相撲の聖地、両国国技館がある。
錦糸町駅 (JB-22)
(キムシチョムえき)♪どこま~でも!のDQNソングでお馴染のアノ専門学校の所在駅part2。総武快速線とはここで合流。半蔵門線という謎の門に通ずる路線に乗り換えできる。外パブの聖地だとか。
亀戸駅 (JB-23)
(かめとえき)東武亀戸線はお乗り換えDeath。秋葉原以東では常磐線への唯一の抜け道。ホルモンの聖地。
平井駅 (JB-24)
(たいらいえき)飛来してきた駅ではない(何言ってやがる)。
新小岩駅 (JB-25)
(しんこいわいのうじょうえき)岩手県雫石町にある小岩井農場が、東日本大震災で甚大な被害を受けた為、総武線沿線に移転する予定。さらに、グモの新聖地検閲により削除
小岩駅 (JB-26)
(こいわえき)新小岩は葛飾区、小岩は江戸川区
市川駅 (JB-27)
(いちかわひろこえき)美人が多い駅。ここから千葉県に突入。
本八幡駅 (JB-28)
(ほんはちまんえき)都営地下鉄新宿線乗り換え。ちなみに橋本駅あたりからここまでしぶとく乗り入れてくる京王電鉄の列車もある。八幡の藪知らずというホンマモンの聖地がある。
下総中山駅 (JB-29)
(かそうちゅうざんえき)「上総」とつく駅は多いが「下総」とつく駅は少ない。
西船橋駅 (JB-30)
(さらにテラカオスえき)京葉線武蔵野線東西線東葉高額鉄道線はのりかえ。こんなに便利なんだから快速止まってよ~。という利用客の声が絶えないが、メトロや東葉から総武線快速に乗り逃げを防ぐために、快速が止まらないらしい。
船橋駅 (JB-31)
(ふなばしえき)西国分寺・国分寺の例に倣い、ライバル私鉄(京成線)に客を流出させるため自社路線へ乗り換えできる西船橋を踏み台にして当駅に総武快速線を停車させた。利用者大迷惑である。
東船橋駅 (JB-32)
(とうせんきょうえき)船橋市最東端。周りには特にない。詳しくはこちらをみて。
津田沼駅 (JB-33)
(つだぬまえき)ここで力尽きる電車がある。習志野市内唯一の駅。新京成線はお乗換えです。きんいろモザイクの聖地。
幕張本郷駅 (JB-34)
(コミケほんごうえき)ここより俺妹教の聖地・千葉市に突入。試合時には千葉ロッテマリーンズの球場行き臨時バスもある。コミケは過去の栄光。
幕張駅 (JB-35)
(まくばりえき)特に何もない…。
新検見川駅 (JB-36)
(にいけんけんかわえき)幕張駅とかより全然利用されてるのに存在が目立たない秘境駅。
稲毛駅 (JB-37)
(いなげえき)千葉なのに田園風景が広がりそうな名前の駅。
西千葉駅 (JB-38)
(にしティバえき)西というか北千葉駅。大学の最寄駅。
千葉駅 (JB-39)
(じぇふゆないてっどちばえき)市川からジェフの名称を奪い取った強欲な駅で、ストライキが大好きな国鉄千葉労働組合の野郎共の秘密の城。俺の妹がこんなに可愛いわけがない。の聖地。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「総武線各駅停車」は何故か「中央・総武緩行線」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「総武線各駅停車」の項目を執筆しています。