緑化

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「緑化」の項目を執筆しています。

緑化(りょくか)とは、環境破壊による森林の減少に対する対抗手段の一つである。主に中国で行われる。

概要[編集]

緑化に励む皆さん
広大な山地もご覧の通り
緑化完了

近現代における工業の発達により地球は急速な森林の減少という環境問題を抱えている。それに対抗する手段として代表格に挙げられるのが、この緑化である。緑化により、都市開発で減少した緑を増やすことができる。

とはいえ、植林のような方法は大変な手間と費用と時間が必要であり、容易に推進できる方法ではない。このため中国で緑化技術が開発され、画期的な方法として世界中の注目を浴びている。

手法[編集]

この手法は大変にシンプルである。「禿山や荒れた地面があるのなら、緑に染めてしまえばいいじゃないか!」という究極的なシンプルさであり、同時に、短期間で確実に解決できる方法である。シンプル・イズ・ベストと言うように、単純な方法は余計な細かいトラブルとは無縁という長所もここにある。

具体的な緑化の方法は、山の森林が生えていない部分を緑色のペンキで塗る、または露出した地面に散布機でやはり緑色の塗料を吹き付けるなどである。これによりそれまで岩肌だった場所が緑に変身し、緑化面積は一気に、しかも数日以内に(場合によっては数時間で)増大する。

誰もが考えつかなかった、まさにコロンブスの卵的な発想である。このことは世界中の環境学者から絶賛されており、環境改善の新手法として世界中での採用が検討されている。

また、地味ながらも注目したいのは、低い樹木などの目立たない場所や小さな葉にまで丁寧に緑化が施されている点であり、これは中国が技術力の高さに加えて仕事の品質の高さまで証明するものである。日本国内でもこれを中国の職人芸と評する声が高まり、今後は多数の中国人技術者をヘッドハンティングするのではないかと言われている。中国に高い関心を持つ党の決断にも期待したい。

特に2008年に行われた北京オリンピックや2010年に開催された上海万博では、緑化のおかげで多くの観光客が訪れ、この低コスト・短期間で高い効果をもたらす画期的な方法を世界中の様々なメディアが瞬く間に報道したため、検討から試用段階まで踏み込む国が他にも出てくるのではないかと思われる。

環境に与える影響について[編集]

ペンキが環境に与える影響は、景観の改善という形で人体への悪影響と引き換えに顕著に現れている。また、ペンキの除去が不可能というあたりが緑化の強固な意志をよく表している。作物が育たないという指摘もあるが、すでに中国にはまったく新しい技術があるためまったく問題ない

関連項目[編集]