練乳

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

練乳(れんにゅう)とは、よく訓練が施されたのことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「練乳」の項目を執筆しています。

概要[編集]

通常、練乳と言う場合は、訓練された牛乳を差す。牛乳の甘味成分を強化するために余分な成分を絞り出して最終的に甘味料になる。なお、似たようなものに生クリームが挙げられるが、これは練乳とは呼ばない。 過酷な訓練をパスした、言わば超エリートな牛乳である。

よく訓練されているため、搾っても普通の牛乳のように「ジュルジュル」「ピュー」「チューチュー」という軟弱な音は出ない。搾ると、まるで屈強な男性の声が如く、「イエッサー」という音が鳴る。

しかし、中には訓練を中途半端にしか施されていない腰抜けの練乳もいる。そうした練乳は、大量の砂糖が添加されているほど甘っちょろくて生温いという意味で、加糖練乳(かとうれんにゅう、下等練乳などという当て字を用いられて侮蔑されることもある)と呼ばれる。他方、本当の訓練を施された一流の練乳は、甘味が一切入ってないストイックな練乳ということで、無糖練乳と呼ばれ、峻別される。

人間の場合[編集]

よく訓練された乳房を差す場合がある。脂肪分がうまく行き渡り、さらによく揉むことにより、形、さわり心地をよくする。人間の女性の場合は×××を通して練乳する。まれに男でもこの方法が使われる場合がある。例えばビリー・ヘリントン氏のそれが良い例で、形、手触り、ともにトップクラスの練乳である。しかし、訓練された乳房だからと言って、放置しておくと劣化する。特に白人の練乳は劣化しやすいため、劣化しないよう定期的にハートマン軍曹が徹底的にしごいて鍛え上げてやる必要があるのだ。

男性が作る練乳[編集]

基本的には男性が女性に対して施すものであり、こちらはタンパク質を鍛え抜いた練乳である。塗れば肌がツルツルになり、飲めば筋肉になる。よく見ると一滴一滴がオタマジャクシの形をしている。これは訓練に訓練を重ねた練乳が凝固したものである。なお、×××による使用の際は究極の練乳として、から評価されて、生命体にまで昇華される。このように、練乳はどのタイプであれ、厳しい試練の末に生まれた、大変よく訓練されたものである。複数の男性が共同で作る場合もまれにあるが。誰も気にしない

しかし、世の中にはミルクが大嫌いという人間もいる。クラスに最低でも一人が牛乳嫌いがいたように、練乳を嫌う人間もいる。そうした人間は、練乳から昇華された生命体に、暴行を加えたり、徹底的な無視をしたりする。こうして、虐待やネグレクトが生まれるのである。彼らは毒親ではないのです。ただミルクが嫌いなだけなのです…。

主に練乳を訓練させる場所としてソープやラブホテルハッテン場などが挙げられる。その為か、こうした場所にはたいてい屈強な男達がたむろしていることが多い。無論、彼らも自分の乳を鍛えて練乳にしようとしている修験者達なのだ。

関連項目[編集]