美人 (接頭語)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、接頭語としての美人について説明しています。綺麗な容姿を持つ女性については「美人」をご覧ください。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「美人 (接頭語)」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

ここでいう美人(びじん)とは女性を表す名詞に付けられる接頭語である。または、女性の単語の上に付けられる枕詞とも言える。新聞(特にスポーツ紙)、テレビ等のマスコミでよく利用されているが、信憑性は全くない

なお、2009年頃からは、美しすぎるという形容詞という形でも用いられている。

使い方[編集]

ちょっとだけでも有名な女性に対し、その女性の職業を指すときには必ず付けられる。もちろん、本当に美人かどうかはまったく関係ないない。むしろ検閲により削除のほうが多い。

この接頭語は、対象となる女性が、世間に有名になり始めるときに付けられることが多い。これはその女性の実力が高ければ高いほど付けられる頻度が高い。ただ、さらに有名になると、マスコミ報道からこの接頭語は消えるのだが、報道の中からは「面倒だから付けてないけど、頭に『美人』ってついているんだからな!」という無言の圧力が一般人に向けて発信されている。

主な用例[編集]

「美人」の代わりに「美女~」や「美しすぎる~」という用例もある。

実態[編集]

結論から言うと、この接頭語はまるで当てにならない。

美人とは言っているが、その基準は統一された基準ではなく、マスコミ各社の判断にゆだねられている。さらにこの基準は情報公開の対象外になっており、どんなに各社に問い合わせても公開されない。つまり、マスコミ各社の都合のいいように付与されているのが現実である。

そのため、真なる美人を求めているごく普通の男性からみれば、まったくかけ離れた女性を「美人」と指しているため、その記事や番組をみても、嫌悪感しか生まれてこない。しかも、近年この接頭語が世の中に氾濫しているため、普通の男性達はこの単語を見るだけで辟易してしまう状態である。

しかしながら、この問題は株主総会でも議題になったことはない。電話で直接クレームを言っても、まず聞く耳を持ってくれない。ましてやマスコミに訴えることなど本末転倒である。さらにいうと、この問題について女性からほとんどクレームがない。むしろこれらの報道姿勢を支持している傾向が強い。もちろんBPOもこの問題に対しては何も文句を言っていない。

結局、一般の健全な男性は泣き寝入りしているのが現実である。最近では、このような現実の状況に絶望し、二次元の女性に走る男性が急増しているという事態も発生している。

使用されている理由[編集]

これほど男性から反感を買っている状況にもかかわらず、なぜこれほどまでに使用されているのか? それには大きなメリットがあるからである。

今後のその人との関係を良好なものにするため
「美人」と言われて嬉しくない女性などいない。ましてや、昔一度も言われたことがない人などは。そういう人に「美人」と付けることで相手の印象を良くし、今後の取材等で便宜を図ってもらえるようにすることがメリットとしてあげられる。実力のある人によく使われるのはこのメリットを得るためである。
女性からの支持を受けるため
検閲により削除な女性に「美人」と付けることは、その人よりも綺麗な人を「美人」と定義することに等しい。つまり、この接頭語を付けることで「テレビを見ている(記事を読んでいる)あなたはとってもとっても美人ですよ」という究極のお世辞を世間の女性達に向けて発信しているのに等しい。女性からの支持が高いのはこうした理由によるものである。
フェミニストからのクレームから逃れるため
正直に別の接頭語をつけて報道した場合はたとえそれが事実だとしても、「女性差別だ!」と大々的なキャンペーンを張られて糾弾されるのは目に見えている。イメージが大事な業界において、そんなやっかいごとをあえて持ち込む必要はない。


これらのメリットに比べれば、男性からの不満など比べ物にならないのである。

しかし、よく考えてみたまえ。現在でもマスコミの大多数は普通の男性である。彼らは真実を伝えたいと言う私情を押し殺し、涙をのんでこの接頭語を乱発しているのだ。彼らの辛い気持ちを察してあげるのも大事ではないだろうか。

関連項目[編集]